【無料】Synthblitzのステレオイメージャー及びMS処理が出来るSPAZIALの紹介(Winのみ)

プラグイン
スポンサーリンク

全然知らないデベロッパーさんだったのですが、なんか懐かしいGUIが好きなので紹介です。

あと今チャンネルストリップ?のVA RAXSが1/17まで$46>$15のセール中です。

始めに書いときますが、ステレオイメージャならiZotopeさんのOzone Imager V2が良いです。(特にMonoでの損失が少ないです)

なのでLo-Fi気味の音が好きな方以外はスルーして下さい。

ビブラートも搭載されていて独特のLo-Fi感が得られます。

概要とダウンロード

概要

「Spazial」は、広いステレオ効果を作成するために設計された強力なオーディオVSTで、入力されたステレオ信号をM / S信号にエンコードして分割し、またM / S信号をステレオ信号にデコードすることができます

「Spazial」は、入力された信号をさまざまな方法で処理します。
インターナル”、”センドミッド”、”センドサイド”、”スパジアル”、”デコーダーモード “の5つのモードで使用することができます。
「スパジアル “は、パネル上の5つのポテンショメーターでエンコードされた信号を処理したり、”enc mid “とenc-sideの機能でエンコードされた純粋な信号を直接出力に送ったりすることが可能です。”

また、パネルには便利なハイパスフィルターや特殊なビブラートコントロールも搭載されています。
Spazialは無償のドネーションウェアで、Windows用のVSTフォーマットで提供されています。

ステレオイメージャの他、M/S処理をする為のエンコード、デコードとしても動作します。

ですからこの「Spazial」でM/S処理をしたいエフェクトを挟めば簡単にMS処理が出来るという訳です。

 

ダウンロード

ダウンロードはオフィシャルから登録不要で出来ます。

上記リンクより遷移し、VST2、VST3のリンクをクリックするとダウンロードが始まります。

インストールはVST3の場合、解凍して出てくるファイル「SPAZIAL (64).vst3」を以下のフォルダに入れればOKです。

C:\Program Files\Common Files\VST3

VST2の場合は解凍して出てくるファイル「SPAZIAL (64).dll」をVST2のフォルダ※に入れます。

※FL Studio Plugin Managerで設定しているフォルダ

 

まとめ

あとこの他にM/処理可能なEQ EQ 01 M/Sも同じページからダウンロード可能です。

懐かしい感じがとても良いです。

 

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました