Wavesの変態ディストーションBerzerkのマニュアル日本語訳

プラグイン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Wavesの変態ディストーションBerzerkのマニュアル日本語訳

Chillout with Beats 管理人の yosi です。

皆様の黒金如何でしたでしょう。

全然買わなかった人、買いまくった人、それぞれだと思います。

私は当然買いまくった人ですが、色々知識を得てから購入すると満足度も高いですね。

以前はセールのパーセンテージや文言に踊らされて買いまくって全然使わないプラグインが結構多くありました。

そんな風になって欲しくないのでこのサイトではどういう人向けなのかを極力書くようにしています。(あと期限とシステム要件も)

焦って買って、思ってたのと違う!となって欲しくないんですね。
(かなり昔ですが、500ドルのオーケストラ音源買って全く使わなかった事もあり)

という訳で(どんな訳?)黒金でWavesが無料配布したBerzerkのマニュアル日本語化(Google翻訳)です。

Berzerk概要

Waves Berzerkは、楽器を強化するだけでなく、歪みを使用したい人のための柔軟なツールです。
ディストーションエフェクトのあらゆる側面を詳細に制御できる強力なプラグインです。 歪みと
フィードバック、ダイナミクス、EQ、および一定量の狂気、トラックにまったく新しい人格を与えるのに役立ちます。

構成

Berzerk Distortionには、モノラルとステレオの2つのコンポーネントがあります。

コンポーネントは、チャネルの数を除いて同一です。 モノラルコンポーネントには、入力セクションにステレオモードセレクター、フィードバックセクションにチャンネルセレクターがないことに注意してください。
両方のコンポーネントは、アップサンプリング時でもCPUをほとんど使用しません。

 

インターフェースとコントロール

インターフェース

(1) Input :インプットは、DAWからの入力レベルを設定します。

(2) Drive section:歪みの性質と量を決定します。

(3) High Definition Switch:低レベル信号の出力を改善します

(4) Processing section :フィードバック、ダイナミクス、およびEQ処理を提供します。

(5) Output section :ホストへのリターンのレベルとミックスを設定します。 また、出力信号の温度を制御できます。

処理セクションはインタラクティブに機能します。 たとえば、中央処理セクションの出力はドライブセクションにフィードバックされ、ドライブセクションの出力は再びプロセッサに送信されます。 1つのセクションを設定した後、他のセクションを調整する必要がある場合があることに注意してください。

 

コントロール

(1)Input Section

INPUT CONTROL :DAWからの入力レベルを制御します。隣接するLEDは入力ピークレベルを示します。一般的に、緑のピークは適切な入力レベルを示します。時々赤いピークは不必要な歪みにはなりませんが、LEDが赤く点灯している場合は、入力設定を下げるか、DAWからの出力を下げます。

ST (STEREO) INPUT MODE:ステレオ信号の処理方法を設定します。

・ステレオモードでは、ステレオ画像全体が処理されるため、画像の中央は側面と同じ方法で処理されます。

・Mモードでは、ステレオ画像の中央が処理されます。 側面は処理されません。

・Sモードでは、ステレオ画像の側面が歪んでいます。 中間は処理されません。

MID OR SIDE MODE INPUT LEVEL:InputセクションがMiddleまたはSideに設定されている場合、このノブはプラグイン入力とは無関係に、MまたはS信号の入力レベルを制御します。 「入力M」または「入力S」に続く文字は、MまたはSのゲインが制御されているかどうかを示します。 ステレオ入力が選択されている場合、このコントロールはグレー表示されます。

(2)Drive Section

ドライブセクションは、選択した波形を入力信号に適用するゲインシェーパーとして機能します。

CHARACTER:このドロップダウンメニューは、歪み波形の全体的な形状を確立します。 キャラクター設定を変更すると、全体的な効果が大幅に変わります。 したがって、特定のサウンドを使用する場合は、一般的にキャラクターを選択してから残りの部分を調整するのが最善です
コントロール。ドライブ選択した文字タイプに基づいて、生成される歪みの量を制御します。

DENSITY

現在ロードされているキャラクターに適用されるランダム性の量を制御します。 Shaperディスプレイに見られるように、波形に複雑さ、混乱、および「エッジ」を追加します。 Densityノブは、最初はグレー表示されています。Go!が1回だけアクティブになります。 クリックされました。 DriveノブとDensityノブの間にある小さなLinkボタンをクリックして、2つのコントロールを一緒に移動します。

SHAPER DISPLAY

歪みの作成に使用されている波形を表示します。 基本的な波形形状は、Characterメニューでの選択を反映しています。
ドライブが増加すると、波形の振幅が増加します。 密度を上げると、波形がギザギザになります。 シェイパーディスプレイのアクティビティも[ダイナミクス]セクションに表示されます。

GO!

電流波形のランダムに生成された一意のバリエーションを作成します。 それはそれと同じ基本的な形を保ちます
に由来する。 これは、プラグインの創造的なプロセスの重要な部分です。 Go!は必要ありません。 歪みを作成しますが、あなたは
独自の歪みを作成するために必要です。

(3)HQ ON/OFF

(オン)出力信号のx8アップサンプリングを有効にします。 低解像度ファイルでは、信号の低周波数部分と高周波数部分が崩壊する傾向があり、圧縮はエッジの効いたものとして認識されます。 アップサンプリングは、信号のこれらの部分により多くのスペースを提供し、より快適な音になります。 HQがオフのときは、より耳障りな音を得ることができます。

(4) Central Processing Section

中央処理セクションは、歪み後の信号に影響を与える3つのプロセッサで構成されています。 フィードバック、ダイナミクス、EQモジュールが含まれます。

Feedback

フィードバックモジュールはオシレーターです。 入力セクションの振幅を追跡する正弦波を生成します。 フィードバックモジュールが提供されます
ドライブに送られ、ドライブはオシレーターにフィードバックされます。 モジュールはオーディオチェーンの一部ではありません。ダイナミクスセクションの入力のダイナミクスが低い場合、生成される信号の変調はほとんどまたはまったくありません。 よりダイナミック
範囲により変調が増加します。 全体的なフィードバックキャラクターレベルは、歪みのタイプと密度の設定によって決まります

STEREO SOURCE

フィードバックセクションで処理されるステレオ信号のチャンネルを設定します。これは、左右の場合に便利です
チャンネルはかなり異なるため、左右のチャンネルのピッチがずれることがあります。これは必ずしも問題ではありません。必要なだけの場合があります。ただし、ピッチトラッキングに1つのチャネルのみを使用することもできます。

・ステレオモードでは、ステレオ信号の左側と右側の両方が処理されます。

・Rモードでは、信号の右側のみが処理に使用されます。

・Lモードでは、信号の左側のみが処理に使用されます。

このコントロールは、[入力]セクションの[ステレオ入力モード]スイッチが[ステレオ]に設定されている場合にのみ使用できます。

LEVEL

ドライブセクションへのフィードバックプロセッサーの出力レベルを制御します。

BLEND

ドライブセクションの出力とフィードバックセクションのミックスを設定します。

LOW/HIGH

ピッチが移動する範囲を設定します。 値は、楽譜(ピッチ)または頻度で表示できます。 ノブにカーソルを合わせると、その値が表示されます

FREQ/PITCH SWITCH

低および高コントロールの周波数またはピッチを測定するかどうかを選択します。 ピッチを選択すると、小さなプラス(+)ボタンとマイナス(–)ボタンが表示されます。 これらを使用して、1オクターブ単位で上下に移動します。
数字は現在のオクターブを示します

LINK

[低]コントロールと[高]コントロールの間にある小さなボタンは、それらをリンクして一緒に移動するようにします。
既存のオフセットは維持されます。

SPEED

ピッチが低値と高値の間を循環するのにかかる時間を指定します。

低/高値はピッチモーションの最大範囲を定義しますが、ピッチは指定された範囲全体で移動しない場合があります。
これはおそらく、エンベロープのレベルが低すぎるか、その振幅が小さすぎるためです。 より良い解像度を提供するために、エンベロープは変調の前に正規化されます。 ダイナミックレンジがまだ変調に不十分な場合、ピッチは選択された範囲をカバーしません。 特定の場合、ピッチは静的のままです。

TYPE

入力信号または生成されたサイン信号の変調対象を設定します。

SIDE CHAIN SOURCE

内部または外部のサイドチェーンソースを選択します

SIDE CHAIN FILTERS

HPおよびLPサイドチェーンフィルター

SIDE CHAIN LISTEN

クリックしてサイドチェーンをソロにします。 Sidechain Listenが有効になると、パネルが白く点滅します。

Dynamics

ダイナミクスセクションでは、歪み処理のためにドライブセクションに供給される信号の動的特性を制御できます。 出力に送信されるオーディオ信号のダイナミクスには影響しません。

BLEND

ドライブ信号とダイナミクスセクションをミックスします。 Blend値が増加すると、Shaper Displayの波形はますます複雑になることに注意してください。

THRESHOLD

ライダーおよびダイナミクスモードのしきい値制御。

DYNAMICS MODES

動的処理のモードと効果を決定する2つのスイッチがあります。

RIDER/DYN:信号のどの動的部分を歪みとして認識するかを決定します。

•ダイナミック:主として、低レベルのサウンドはディストーション処理のためにドライブセクションに戻されます。
•ライダー:主に、歪み処理のために高レベルのサウンドがドライブセクションに返されます。

UP/DOWN:レベルがしきい値を超えたときに信号を上げるか下げるかを設定します。

DYNAMICS CONTROLSコンビネーション

Up/Down Rider/Dyn Effect
Up Dynamic しきい値を超える音は歪んでしまいます。これにより、ポンピータイプのディストーションサウンドが得られます。
Up Rider しきい値を下回るソフト信号は歪みます。大きな音は歪みません。
Down Dynamic しきい値を超える音は下向きに圧縮されるため、歪みが少なくなります。
Down Rider しきい値を超える音は圧縮されます。低レベルの音は圧縮されません。
EQ

3バンドEQは、歪んだ音を色付けします。出力セクションの直前にあり、ドライブセクションにはフィードバックされません。

Low band
Q: 0.5 to 100; Gain: -12 dB to +12 dB; Freq: 60 Hz to 550 Hz
Mid band
Q: 0.5 to 100; Gain: -12 dB to +12 dB; Freq: 800 Hz to 2500 Hz
High bank
Q: 0.5 to 100; Gain: -12 dB to +12 dB; Freq: 3000 Hz to 11,000 Hz

(5) Output Section

TEMPERATURE

プラグインの出力の全体的な色と感じを調整します。一般に、設定を高くすると、音がより広く、暗く、滑らかになります。通常、設定を低くすると、存在感と明瞭度が向上します。温度はEQセクションのコントロールと同じ効果があります。音を取り巻く「空気」により大きな影響を与える傾向があります。

MIX

総歪み処理と入力信号のバランスを制御します。

OUTPUT

プラグインの出力レベルを設定します。出力リミッターは、出力ゲインコントロールの前に-0.9 dBに設定されます。ノブの隣のLEDは、リミッターの動作を示します。赤は過剰な制限を示し、出力サウンドに色が付く場合があります。リミッターがDAWに送信された信号をクリップできた後に出力ゲインを上げる。

 

 

コメント