【無料】多くの音色が無料で公開されているPlogueのSFZサンプラーsforzandoの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

SFZを読み込めるサンプラーを調べているんですが、良いサンプラーを見つけました。

昨日ご紹介したTX16Wxはエディットがしっかり出来るタイプですが、sforzandoはエディットはあまり出来ませんが、公開されている音色が多いんです。

特におすすめはメロトロンの音が出る「PLOGUE SFORZATRON」です。

 

概要

sforzandoはフリーのSFZプレイヤーです。シンプルだが上級者向けの強力なプレーヤー sforzandoは、SFZ 2.0に準拠した無償のサンプルプレイヤーです。sforzandoには1つのインストゥルメントスロットがあるだけで、派手なUIやエフェクト、ミキサーはありません。すべての調整はSFZファイルレベルで行う必要があり、不正はできません!sforzandoは、音楽のダイナミクスが突然変化することを意味し、楽譜では「sfz」記号で表現されます。

プロプライエタリなフォーマットからの解放という意味でのフリー

SFZフォーマットは、裸の音源から楽器の動作を定義するためのオープンスタンダードとして広く受け入れられています。ロイヤリティフリーのフォーマットであるため、開発者は誰でも SFZ ファイルとプレイヤーを作成、使用、配布することができ、無料または商業的な目的のために使用できます。そのため、柔軟性と移植性を求めるなら、SFZは当然の選択と言えます。そのため、ARIAエンジンで使用されるデフォルトのインストゥルメント・ファイル・フォーマットとなっています。

ビジネスにも遊びにも使える

OEMデベロッパーとサンプルプロバイダーは、スフォルツァンド専用の商用および無料のサウンドバンクを提供しています。ぜひ、チェックしてみてください。そして、このスペースをよく見てください。開発者の方で、スフォルツァンド用の製品を作りたいとお考えですか?私たちにご連絡ください。

システム要件

Windows (64-bit) VST2、VST3、AAX、スタンドアローン
macOS (64-bit)  VST2、VST3、AU、AAX、スタンドアローン
 
 
  • PC:Windows 7® (x64)以降
  • macOS:10.11以降
  • CPU(PC)。インテル/AMD デュアルコア以上
  • CPU (macOS): インテルまたはApple Silicon/M1 (ネイティブ)
  • RAM:1GB以上
  • ディスク容量:10MB

ダウンロード

登録不要でダウンロード出来ます。

上記リンクより遷移しそれぞれのOSのファイルをダウンロードします。

右側の「Sound Banks for storzando」も一緒にダウンロードしましょう。

 

サウンドバンクのダウンロード

標準のサウンドバンクの他にも追加で来ます。(有料含む)

真ん中位にある「PLOGUE SFORZATRON」は是非ダウンロードしてみてください。

メロトロンが楽しめます。

日本の紫式部さんと言う方が音色を大量に無料で公開して下さってます。

 

サウンドバンクの追加

「Sound Banks for storzando」でダウンロードしたサウンドバンクはインストールすれば使えます。

「INSTRUMENT」をクリックして「Free Sounds」のカテゴリに入っています。

「PLOGUE SFORZATRON」のような追加バンクは解凍した中にある「Plogue.sforzatron.bank.xml」をGUIにドラッグアンドドロップします。

「PLOGUE SFORZATRON」に関しては「SNAPSHOT」が保存してあります。

ここから選ぶとプリセットのような感じで音色が変わります。

まとめ

 

 

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました