【無料】マルチフォーマットに対応したサンプラーTX16Wxの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

ちょっとSFZが読み込める無料サンプラーを探していてTX16Wxが良かったのでご紹介です。

TX16Wx自体は大分前から見掛けていたのですが、随分避難に更新されていて驚きました。

PROと記載がる部分は有料(€39又は€99)で使える機能です。

無料版でも基本機能はしっかり使えるのでサウンドフォントとかSFZ使うならもうTX16Wx1択なんじゃないかと思います。

もう一つZamplerが候補としてあったのですが、TX16Wxのブラウザ機能が優秀でZamplerでは全く太刀打ち出来ません。
Zamplerは無料の音色が多いのでRomplerとしては優秀 )

 

概要

TX16Wx Software Samplerは、最高のハードウェアサンプラーにインスパイアされて作られた、クリエイティブなミュージシャンのためのプラグインで、現代のソフトウェアのすべての簡単さと新しいエキサイティングな機能を備えています。

特徴

豊富なサウンドシェイピング機能

 

  • 2つのレゾナント6/12/24dBマルチモードフィルタ
  • AHDR/AHDSRエンベロープ
  • 高音質再生エンジン、高音質プレイバック/ミックスダウン・モード
  • すべてのサウンド・パラメーターを完全自動化
  • マルチモード・ポリフォニック・グライドを搭載した世界唯一のサンプラー

 

 

ファイルブラウザとアクティブプレビュー

 

  • プレビュー再生とサウンドエレメントの非破壊読み込みによるサンプルライブラリの素早いブラウジング
  • ブックマークと検索パスの設定により、音源を素早く検索・参照可能
  • WAV、AIFF、Ogg、FLAC、Yamahaウェーブの読み込み
  • サウンドフォント、SFZ、Akai、EXS形式の読み込み

独自のサンプルを録音

 

  • DAW入力や内部バスからのサウンドをサンプリング[1]。
  • スレッショルド、トランスポート、MIDI CCトリガー
  • ピッチとループの自動検出とキーボード・マッピング
  • 内部または外部楽器を再サンプリングするためのMIDIジェネレーター[1]。

複雑なトリガー切り替え

 

  • 革新的なサンプル・マトリックスにより、モジュレーターや外部ソースに基づいてサンプルを二次元的にトリガーすることができます。
  • MIDIキーベース、ラウンドロビン、ランダム、モジュレーターベースのグループトリガー
  • リージョンクロスフェード

アルペジエーター内蔵

 

  • 複数のパターンを切り替え可能
  • アップ/ダウン/アップダウン・ランダム/ポリフォニック・モード
  • プリセットマネージャー
  • MIDIインポート

 

無制限のモデュレーション

 

  • 1音色につき2つのLFO、2つのエンベロープ、3つのステップシーケンサーを搭載
  • モジュレーション・マトリクスにより、あらゆるモジュレーターやMIDI/オートメーション・ソースをあらゆるサウンド・エレメントに接続可能
  • ベースコントローラーと追加コントローラーによる2レベルモジュレーション
  • LFOとステップシーケンサのテンポと音色を同期させることが可能
  • ベロシティカーブとマッピングカーブを選択でき、形状を変更可能

強力なマッピングエディター

 

  • サンプルの自動キーボードレイアウト
  • 無制限のサンプルグループとリージョン
  • グループやリージョンをミュート/ソロして、散らかりを解消
  • グループの結合、分割、結合を素早く実行
  • プログラムとグループ間のドラッグ&ドロップによるコピー&ペースト
  • リージョンのクロスフェードとアライメント

ウェーブエディターとビートスライサー

 

  • 非誘導型リアルタイム・クロスフェード
  • ループ・オーバーレイと自動検出
  • 内蔵のDSPと編集操作
  • 自動キーボード・レイアウトによるインタラクティブなループ・スライサー

 

センド&インサートエフェクト

 

  • すべてのサウンドシェイピングブロックにインサート
  • FXパラメーターの自動化とモジュレーション
  • フルオートメーションによる柔軟な信号ルーティング

 

強力な最新機能

 

  • DFD再生エンジン
  • タイムストレッチとピッチシフトモード(Proのみ)
  • 完全なアンドゥのサポート
  • サイズ変更可能なインターフェイス
  • 64ビット対応
  • WindowsとMacに対応
  • Audio Unit、VST 2 & 3 および AAX フォーマット

ダウンロード

登録不要でダウンロードできます。

上記リンクより遷移し、下の2つがMacとPCです。

インストール

VST3に対応しているので、判らないという方はデフォルトインストールすれば使えます。

要らないファイルをインストールしたくない方は「Custom Setup」の所でインストールしないファイルを選択することが出来ます。

ProToosを使わない方はAAXは入れる必要は無いです。

赤枠部分をクリックして「 Entire feature will be unavailable」をクリックすればインストールされません。

まとめ

いつの間にやら結構アップデートされていて驚きました。

無料なのにブラウザがしっかり使える(ブックマークも出来る)のでほんと素晴らしいです。

あと日本語も普通に表示出来るのもポイント高いです。

今回SFZが読めるプレイヤーをご紹介したのはSFZのライブラリを少し紹介していこうと思いました、近々書いてきます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました