NativeInstsumentsのMassive Xマニュアル日本語化Routing編

NtiveInstsuments
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

NativeInstsumentsのMassive Xマニュアル日本語化Routing編

Chillout with Beats の yosi です。

Routing編を日本語化と一部動画にしてお伝えしていきます。

他の日本語化マニュアルはこちらを参照してください。

ROUTING

「Routing」はこの部分ですね。色々自由にルーティング出来て本当に使い易い。

1. ROUTING

MASSIVE Xは、オープンアーキテクチャのセミモジュラーシンセサイザーです。 つまり、モジュールを自由に配置して接続して、さまざまな合成手法を容易に実行できるため、制約なしにサウンドを設計して探索することができます。

ウェーブテーブル合成、位相変調(PM、FMまたは周波数変調とも呼ばれる)、減算合成、物理モデリング、さまざまなタイプの波形整形、または歪みなどの手法を使用して組み合わせることができます。

モジュールは[ルーティング]ページで配置および接続されています。 ここでは、MASSIVEXのすべてのサウンドジェネレータとプロセッサを組み合わせてサウンドを作成できます。

2. OVERVIEW OF THE ROUTING PAGE

次の概要は、ルーティングページの2つの主なエリア、ポリフォニックエリアとモノフォニックエリアを示しています。 ポリフォニックエリアは、演奏するボイスごとに独立して処理されるシグナルパスを定義するために使用されます。 モノラルエリアには、すべてのポリフォニックボイスの合計にグローバルに適用される3つのステレオエフェクトが含まれています。

MASSIVE XはプリセットInit – Massive Xで開きます。これは下のスクリーンショットに示されているようにあらかじめ設定されたルーティングを提供します(Wavetableオシレータによる減算合成に基づいて)。 これにより、接続しなくてもすぐにサウンドの作成を開始できます。 あるいは、プリセットInit – Massive Xをロードすることもできます。
空白のルーティングから始めて、最初から独自の接続を確立するには空白にします。
 

 

(1)ポリフォニックエリア:ポリフォニックボイスの信号経路を定義するために使用できるモジュールが含まれています。 信号経路を完成させるために、1つまたは複数のモジュール出力をモノラルエリア(2)の入力に接続する必要があります。 以下のモジュールがポリフォニックエリアにあります。

ジェネレータとプロセッサ:オシレータ、ノイズソース、フィルタ、インサートエフェクト
ポリフォニックエリアで利用可能です。 黒いモジュールはジェネレータを表し、灰色のモジュールはプロセッサを表します。 モジュールに表示されているアイコンは、対応するアイコンにもあります。
モジュールパネル 詳細については、ジェネレータとプロセッサを参照してください。

PM Aux bus:オシレータの位相変調入力をルーティングでアクセス可能にします。
このようにして、ウェーブテーブルオシレータに位相変調を適用するために信号経路内の任意の信号源を使用し、このアプリケーションでノイズ、フィードバック、およびエフェクトを試すことができます。 多くのための情報については、PM Aux Busを参照してください。

FB(Feedback)ループ:ルーティング内でグローバルフィードバックループをアクセス可能にします。 このように
混沌とした非線形の振る舞いを追加するためにモジュールの周りにポリフォニックフィードバックループを作成することができます。
この機能は、特にモデリングと組み合わせたときに、物理モデリングサウンドにも役立ちます。
くし形フィルター 詳細については、フィードバックループを参照してください。

Mod(モジュレーション)ソース:ドラッグ&ドロップで任意のモジュレーターをモジュレーションソースに割り当てることができます。 これにより、モジュレータを信号経路のジェネレータとして使用できます。
たとえば、OSCモードのスイッチャーLFOを追加のオシレータとして、またはExciter EnvelopeをCombフィルタのエキサイタとして使用できます。 詳細については、モジュレーションソースを参照してください。

 

(2)Monophonic Area:出力信号をホストに送信する前に、ポリフォニック音声を合計し、3つのステレオエフェクトX、Y、およびZを適用します。 モノラルエリアには、ステレオエフェクトごとに1つ、ホストに直接送信される1つの入力の4つの入力があります。

(3)ルーティングオプション:3つの異なるルーティングオプションが信号経路の効果の順番を定義します。X> Y> Zは3つの効果をつなぎ、X + Y> ZはXとY効果の合計をZ効果に送ります。 X + Y + Zは3つの効果すべてを合計します。

(4)ルーティング:エディタでルーティングページを開きます。

3.GENERATORS AND PROCESSORS

ルーティングページのポリフォニックエリアにあるジェネレーターとプロセッサーは、サウンドの構築に使用できる基本コンポーネントです。 それらは、オシレーター、ノイズソース、フィルター、そしてインサートエフェクトで構成されています。

(1)オシレータ:Wavetableオシレータ1と2は、それぞれ単一の出力を持つジェネレータです。 それらは、ポリフォニックエリアのプロセッサやバスに接続することも、モノフォニックエリアの入力に直接接続することもできます。


(2)ノイズ源:ノイズ源1と2は、それぞれ単一の出力を持つジェネレータです。
それらは、オリンピックエリアのプロセッサやバスに接続することも、モノフォニックエリアの入力に直接接続することもできます。


(3)フィルター:フィルターは単一の入力と単一の出力を特徴とするプロセッサーです。 ポリフォニックエリアのジェネレータ、プロセッサ、バスに接続することも、モノフォニックエリアの入力に直接接続することもできます。 フィルタータイプAsimov、Blue Monark、Groian、Scannerは、ルーティングに特別なFMバスを備えています。

ここで信号パスの任意のソースを接続して、フィルタ周波数にオーディオレート変調を適用することもできます。これは、フィルタFM(周波数変調)とも呼ばれます。 フィルターFMは豊かな倍音と歪み効果を生み出します。

(4):3つのインサートエフェクトA、B、Cは、それぞれ単一の入力と単一の出力を持つプロセッサです。 これらはポリフォニックエリアのジェネレータ、プロセッサ、バスに接続することも、モノフォニックエリアの入力に直接接続することもできます。 インサートエフェクトにOSCまたはPM OSCを選択すると、それらをジェネレータとして使用することもできます。

4. PM AUX BUS

PM Auxバスを使用すると、ウェーブテーブルオシレータに位相変調を適用するために信号経路内の任意の信号源を使用することができます。 たとえば、ノイズ、フィードバック、エフェクトを試すことができます。
PM AuxバスのRoutingページのPolyphonic Areaには専用モジュールがあり、Wavetableオシレータのパネルには追加のコントロールがあります。

(1)AUXアサイン:ルーティングページのポリフォニックエリアのPM Auxバスの入力で受信した信号を、対応するウェーブテーブルオシレータにアサインします。

(2)Aux modulation amount:PM AuxバスからWavetableオシレータに適用される位相変調の量を調整します。

(3)PM Auxバス:このバスは、Wavetableオシレータの位相変調機能に信号を送る単一の入力を備えています。 それはポリフォニックエリアのジェネレータとプロセッサに接続することができます

5. FEEDBACK LOOP

RoutingページのPolyphonic AreaにあるFeedbackループは、モジュールの出力からその入力への接続を容易にします。 フィードバックループには、任意の数のモジュールを連鎖させることができます。 このようにして、カオス的でノンリニアな振る舞いをサウンドに加えることができます。 フィードバックループは、特にCombフィルターと組み合わせると、物理モデリングサウンドにも役立ちます。 Feedbackループはポリフォニックなので、演奏するボイスごとに独立して処理されます。
このようにして、和音を弾いたり、フィードバックと重なった音を重ねたりすることができます。
フィードバックループは、2つのFBモジュールを使用して、ルーティングページのポリフォニックエリアに自由に接続できます。

(1)FB(フィードバック)ループ出力:このバスは、フィードバックループ入力から信号を受信する単一出力を備えています。 ポリフォニックエリアのジェネレーター、プロセッサー、バスに接続できます。

(2)FB(フィードバック)ループ入力:このバスは、フィードバックループ出力に信号を送る単一の入力を備えています。 ポリフォニックエリアのジェネレーターとプロセッサーに接続できます。
上記の例では、アシモフフィルタの出力はFB入力(2)に接続され、FB出力(1)はアシモフフィルタの入力に接続されています。 これはフィルターの周りにフィードバックループを作り、それが歪んで聞こえるようにし、そして予期しないが面白い方法でふるまいます。

5.1. Feedback Level Control

フィードバック量を制御するには、アンプモジュールパネルのFBレベルコントロールを使用します。

(1)FB(フィードバック)レベル:フィードバックループの音量を調節します。 このようにして、フィードバックによって生じる混沌とした振る舞いや歪みを制御できます。

(2)ハイパスフィルター:フィードバックループの低域成分をカットするハイパスフィルターを有効にします。 アクティブにすると、過度の低音でフィードバックループが過負荷になるのを防ぐことができます。

6. MODULATION SOURCES

ルーティングページのポリフォニックエリアにあるモジュレーションソースを使用すると、シグナルパスのジェネレータとしてMASSIVE Xのモジュレータを使用することができます。 例えば、あなたはスイッチャーを使うことができます。
追加オシレータとしてのOSCモードのLFO、または櫛形フィルタのエキサイタとしてのExciter Envelope。

ポリフォニックエリアのモジュレーションソースにモジュレータを割り当てるには:

1.モジュレーターの矢印アイコン(1)をクリックして選択し、次にポリフォニックエリアのモジュレーションソーススロット(2)をクリックして割り当てます。

 

モジュレータによって生成された信号は、モジュレーションソースの出力から送信され、信号経路内のどこでも使用できます。

7. USING THE ROUTING PAGE

Routingページでは、シンセサイザーを構成する個々のビルディングブロック、またはモジュールを配置して接続します。 モジュールの入力と出力の間の接続はワイヤを使用して確立されます。 出力は任意の数の入力に接続でき、またその逆も可能です。 このようにして、シグナルを複数の宛先に分配したり、複数の出力を同じ入力に混在させることができます。

7.1. Routing Workflows

モジュール間を接続するには:
1.出力をクリックして、接続可能なすべての入力を表示します。
2.出力を接続したい入力をクリックします。

あるいは、クリックして出力から入力にドラッグしてそれらを接続することもできます。

入力への排他的接続を確立するには、入力への既存の接続をすべて削除します。

1.出力をクリックして、接続可能なすべての入力を表示します。
2.出力を排他的に接続したい入力を右クリックします。

ワイヤを削除するには:
•削除したいワイヤをダブルクリックします。

モジュールからすべての接続を削除するには
•すべての接続を削除したいモジュールをダブルクリックします。

[Routing]ページで直接モジュールを無効にしたり、バイパスしたりすることもできます。 これにより、ジェネレータやプロセッサがサウンドに及ぼす影響をすばやく聞くことができます。

接続を維持しながらモジュールをバイパスするには
•バイパスしたいモジュールを右クリック

 

コメント