Reaktor BLOCKSで自分用のエフェクトを作る1

NtiveInstsuments
スポンサーリンク

Reaktor BLOCKSで自分用のエフェクトを作る1

Chillout with Beats の管理人 yosi です。

多分NativeInstrumetsのアプグレ半額セールでReaktorを持つ人が増えそうなので書いときます。

無料で使えるReaktor BLOCKS BASEの記事は書いたのですが、有償製品版のReaktor BLOCKSに関する記事は書いていませんでした。

無料でも使えるReaktor BLOCKS BASEの記事はこちら

この記事を読むと以下の事を理解出来ます。

・Reaktor BLOCKSを使ったエフェクトの作り方

 

という訳でReaktor BLOCKSを使ってエフェクトを作っていきます。

完成形は以下の通りです。

Reaktor BLOCKSでエフェクトを作る

Reaktor BLOCKSではなんとMonarkのFilterやRoundsのReverbやDriverといったエフェクトをモジュラーの様に使う事が出来るのです。

今回はシンプルですが、MonarkのFilterとDriverを接続します。

まずはミキサーに「Reaktor 6」を読み込みます。

以下の画面では真ん中の「Patch」をクリックします。

「Library」->「Blocks Primes」->「Monark」->「FLT-Monark Filter.ims」を2回ダブルクリックします。

以下の様に2つフィルターを読み込みます。

2つ読み込むのはMonark Filterはモノラル仕様なので、2つ読み込んでいます。

次に「Driver」->「EFX-Driver Distortion.ims」をダブルクリックします。

あとは以下の様に接続します。

実際に音を出してみて下さい。

もうこれだけでチープな市販のプラグインを凌駕します。

もしFLStudioをお使いの場合はSurfaceを使うとコントロールが楽です。

Surfaceの使い方は以下の記事を参考にしてみて下さい。

あとは出来上がったエフェクトはFLStudioのブラウザに表示させると利便性が上がります。

Reaktor BLOCKSで自分用のエフェクトを作る1まとめ

ほんと凄いですね。

Reaktorだと色々大変ですが、Blocksならだれでも作れますし、モジュレーションなども簡単です。

次の回ではLFOを追加してモジュレーションの仕方をご紹介します。

コメント