Initial Audio Sektorの登録方法(アクティベーション方法)

プラグイン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Initial Audio Sektorの登録方法

Chillout with Beats の yosi です。

レビューを書いておすすめしたので、登録方法もしっかり記事に書いておこうと思います。

レビューはこちらです。しっかりレビューしてます。

ウェーブテーブルシンセInitial AudioのSektor徹底レビュー
セール中のウェーブテーブルシンセSektorのレビューです。各機能を動画を交えて解説しています。ウェーブテーブルが好きな方は要チェックです。

この方法はPluginBoutiqueで購入した場合のみです。

(多分そこまで違わないとは思いますが・・・)

事前準備

・Initial AudioのSektorを購入しインストール済み
・PluginBoutiqueで購入した際に発行されたシリアルを用意しておく
 
シリアルを登録します。
 
https://initialaudio.com/register/ にアクセスします。
 
「Enter Your Product code…」にPluginBoutiqueで発行されたシリアルを入力し、「SUBMIT PRODUCT CODE」をクリックします。
 
 
 
 
次に「First Name」、「Last Name」、「Email」を入力し、「COMPLETE REGISTRATION」をクリックします。
 
 
 
登録が完了しました。
 
 
もし、デモ版を試していない場合は「DOWNLOADS」からダウンロードしてインストールします。
 
私が試した時は以下の表示がされましたが、「MY DOWNLOADS」をクリックすると「PRODUCT」に表示され、ダウンロード出来ました。複数表示されているのはサーバの違いでWindowsとMacの違い以外は同じです。
 
容量が3.9GBあるので要注意です。
 
 
 
 
 

シリアルを発行する

「MY SERIAL KEY」から「SEKTOR」をクリックします。

「GENERATE NEW SERIAL」をクリックします。

 
以下の表示がされますので、一旦このままでDAWからSektorを起動します。
 
 

Initial AudioのSektorを登録する

DAWからSektorを起動します。

以下の画面が表示されると思いますので、Activation Codeをコピーします。(右クリックが使えないのでCtrl+Cでコピーします。)

先ほどの画面で「Machine Name」に自分が識別する為の名前を入力します。
(MyPC等なんでも問題ないですが、日本語は避けた方が良いと思います)

「Activation Code」に先ほどコピーしたCodeを入力し、「Generate Serial」をクリックします。

かなりそっけないですが、以下の箇所にシリアルが表示されます。
シリアルをコピーします。
 
 
Sektorの画面で「Enter Serial」にコピーしたシリアルを貼り付けて、「Activate」をクリックします。
 
 
以上で完了です。
 
 
 
あと間違って私の場合アカウントを先に作ったのですが、パスワードで躓く所があったので、書いておきます。
 

Initial Audioのアカウント作成

Initial Audioのアカウントを作成する手順です。

以下のリンクからInitial Audioのアカウント作成ページに行きます。

 
「Register」をクリックし、「Email address」と「Password」を入力し、「Register」をクリックします。

以下の表示が出る場合は、パスワードの長さ、複雑性が足りていません。
このサイトでは12文字以上英数字と記号を使い大文字、小文字も入れる必要があるようです。

作るのが面倒という方はパスワード生成サイトを使うと楽です。

変更箇所は強度を「強力」にし、文字数を「12文字」にすればOKです。

Registerが完了するとそのままログイン状態になります。

まとめ

結構面倒な手順を踏む感じですね。

でもやってしまえば後は当面必要ありませんから、ささっとやってしまいましょう。

あと今回の手順だとパスワードを設定する箇所が無かったのですが、Initial Audioのパスワードの要求が結構多いので、登録する場合は上で紹介しているパスワードジェネレータを使うと楽です。

今後、少しずつですが、Initial Audio Sektorの使い方記事を書いていきます。自作LFOを読み込めるようなので、VCVRACKで作成したLFOをSektorに読み込むなんてこともやってみようかと思います。

 

コメント