【無料】Mod SoundのディストーションプラグインMoreの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

Mod SoundのディストーションプラグインMoreはKVR Developer Challenge 2021のエントリー作品です。

 

・Mod SoundのMoreの概要とダウンロード方法
・Mod SoundのMoreの使い方

Mod SoundのMoreの概要とダウンロード方法

 

概要

More – ツマミが多すぎる歪み系プラグインです。

Moreは、ギターの世界で使われていたウェーブ・デジタル・フィルター・モデリングによる歪み回路を、一般的な用途に合わせて変更したものです。様々な真空管アンプのゲイン・ステージ、トランジスタ・ファズ・ペダル、ダイオード・ディストーション回路などが含まれています。

大きなノブを回すだけで、より多くの効果が得られます。

機能:

  • 5つのディストーション回路モードを搭載
  • 自動的にゲイン補正されるディストーション・ノブ
  • 歪み処理の前後で調整可能なローパス、ハイパスフィルタリング。
  • 適度な音量を保つためのDry/Wetコントロールとレベルコントロール。
  • 電撃的なオーディオビジュアライザー。

フォーマット:

Windows VST3 // macOS AU+VST3

iPlug 2を使ってさらに多くのものが作られています – それをチェックしてください

最新バージョンは1.0.1です。

ダウンロード方法

KVRさのサイトでもダウンロード出来ますが、オフィシャルの方が良いかと思います。

ダウンロードはこちらから

ダウンロードは登録等不要です。

上記リンクより遷移し該当するOSを選んでダウンロードするだけです。

インストーラが入っていてVST3なのでデフォルトインストールで問題ありません。

Mod SoundのMoreの使い方

特に使い方も何もないので、Tips的な解説です。

MoreはWet100%で使うと低音がかなり削られます。

例えば808系のベースに使うと低音が殆ど無くなります。

 

 

解決策としてはWetとDryを調整しつつ、Low cutを入れるとある程度回避出来ます。

これでも結構削られているので、Analog ObsessionさんのLOVEND等の低音増強系プラグインで低音を少し足すと良いかと思います。

こうする事で低音と歪みのコントロールが出来て音作りがし易いかと思います。

 

まとめ

無料配布で貰ったTrapDriveも良いと思ったのですが、MoreとLOVENDの組み合わせかなり良いかもしれません。

Moreで歪ませる周波数の調整やLOVENDで低音量の調節が出来るので、かなり幅広く使えるんじゃないかと思います。

しかしTrapDriveはアウトプットがマイナスに出来ないんですよね・・・
(これだけでかなり使い辛いプラグインになってしまっています)

 

コメント

Translate »