Reaktorの使い方 Roland RE201 Space Echoを使う方法

NtiveInstsuments
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Reaktorの使い方 Roland RE201 Space Echoを使う方法

Chillout with Beats の yosi です。

本記事の内容は有料のReaktorのユーザー向けです。

Reaktorの使い方を深堀していきます。

シンセが作れたから何?となりそうなので、逆引きで何が出来るのかを書いてきます。

1回目はReaktorUserLibraryのDelayセクションで最もダウンロードされたなんちゃって「Roland RE201 Space Echo」を使う方法です。

本当に何も判らないユーザだと残念ながら使えません。内部をちょっとだけ繋げてあげる必要があります。

「Roland RE201 Space Echo」の入手方法

単純にReaktorUserLibraryからダウンロードするだけです。

リンクを用意しましたので、使って下さい。(要ログイン)

「Roland RE201 Space Echo」をダウンロードして任意のフォルダに解凍してください。

結線後、別名で保存することになるので、場所はどこでも構いません。

DAWのミキサーでReaktorを起動します。

「Build」をクリックします。

解凍すると「Roland RE201.ism」というファイルが出てきますので、このファイルを下図の白い部分にドラッグアンドドロップします。(ダブルクリックで開かないで下さい)

 

パッ見使えそうですが、音が出ません。

理由は単純で「Roland RE201.ism」はinstrumentであってensembleではない為です。

少し解説するとinstrumentはInとOutがつながっていない状態(このままでは音が出ない)です。

その為、最初に空のensembleを作って、「Roland RE201.ism」を中に入れました。

「Edit」をクリックするとモジュールが表示されますので、結線します。

INとOUTを接続するだけです。

接続した瞬間からノイズが聴こえてくるかと思います。

ただそのままだとディレイが掛かりませんので、以下のスイッチをECHO側にします。

これでディレイ音も聴こえると思います。

 

Roland RE201 Space EchoのModeセレクターの解説

Modeセレクターが判り辛いと思いますので、書いておきます。

Arturia社のマニュアルに記載がありましたので、こちらを引用させて頂きます。

要は0(真下)はReverbのみ、1~4はDelayのみでヘッドの違い(Reverbなし)5~11はRelayとReverbでヘッドの違いです。

引用元: Delay-Tape-201_Manual

Roland RE201 Space EchoのReverbの調整

実際は出来ませんが、バーチャルなので出来ます。(通常非表示)

出し方は簡単です。

画面左のPanelSetsをクリックして、Spring Tankを有効にします。

以下のようにパラメータが出てきますので、ドラッグアンドドロップで場所を変更出来ます。

ただ、親和性は低いので通常は隠していた方が、テンション上がります。

 

MaschineやKompleteKontrolから認識するようにする方法

折角なのでMaschineやKompleteKontrolから認識するようにします。

この方法についてはNativeInstrumentsのオフィシャルページに記載されているので、参考にしてみて下さい。

これについては結構奥が深いので別途詳しく書きます。

Reaktorの使い方 Roland RE201 Space Echoを使う方法まとめ

かなり簡単です。

でも無料でこのエフェクトが使えるのはうれしい限りです。

そしてMaschineやKompleteKontrolからも簡単に呼び出せます。

 

コメント