スターウォーズのR2-D2の様な音が出るReaktor、Max4live、Standaloneで使えるDR01Dの紹介

DTM
スポンサーリンク

使い所を聞かれると困るのですが、たまには遊び心も大切にと言う事で、SoundMorphさんで公開されているR2D2の様な音の出るシンセ「DR01D」の紹介です。

R2D2はこんな感じですね。

「DR01D」を鳴らしてみました。

雰囲気は楽しめるんじゃんないでしょうか。

 

VSTではないので、DAWから使うには「Reaktor」、「Max4live」を使う必要があります。

「Reaktor」、「Max4live」をお持ちで無い方はスタンドアローン版で鳴らす事は可能です。

 

DR01Dの概要とダウンロード

概要

これは、DSPplug esquire3の新しいアップグレードで、新しい利点とゼロレイテンシーの体験を提供します。

システム要件

DRO1Dは、Reaktor 5、Reaktor 6、Max4live、およびStandaloneで動作します。
Mac OS X 10.14以降を搭載したインテル® Mac、またはWindows 7以降を搭載したPC、マルチコア・プロセッサー、2 GB RAM、1024×768ディスプレイ。

ダウンロード

ダウンロードにはSoundMorphさんのアカウントを作成する必要があります。

アカウントの作成

以下のリンクより遷移します。

右上の人型アイコンをクリックします。

「Register」をクリックし、メールと名前、パスワードを入力して「SiGN UP」をクリックします。

ユーザ名パスワードでログインします。

ダウンロード

ログイン後、一番下までスクロールすると「DR01D」が登録されているかと思います。
(もし登録されていない場合は、こちらのDR01Dからから購入手続きをしてみて下さい)

ダウンロードは「202 MB…」の所をクリックすると出来ます。
(Reaktor、Max4live、Standalone全て同じZipに入っています)

解凍すると以下の様にそれぞれのフォーマットがフォルダに分かれて入っています。

Reaktor版を試しましたが、Reaktorにドラッグアンドドロップすれば起動しました。

まとめ

まあ曲で使う事は早々ないでしょうが、ネタ的に使うのには良いんじゃないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク
DTM
Chillout with Beats

コメント

Translate »