【無料】ApogeeのテープのリミッティングをエミュレートしたSoft Limitの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

特に期間限定とは書いていないので、このまま無料なんだと思います。

技術としては古いようですが、非常に軽く使い勝手が良いです。

Core i7-4770K 3.5GHzでCPU負荷が1%いかないです。

クリーン系ではなく、簡単に歪むタイプです。

 

概要

1991年以来、デジタルオーディオにアナログの温もりと個性をもたらす

ソフト・リミット・テープ・エミュレーション – Apogeeコンバーターの秘密の成分

Soft Limitは1991年に発売されたAD-500以来、Apogeeのコンバーターには欠かせない機能です。このシンプルで効果的なアナログテープエミュレーションが、今回初めて無償のオーディオプラグインとして利用可能になりました。

AD-500の開発中、私たちは、新しいデジタルオーディオ技術が優れたパフォーマンスと低歪みを提供する一方で、アナログテープの技術的欠陥が、エンジニアが手放したくない心地よいサウンドを生み出すことに気づきました。そこで、A-D変換ステージの前にアナログ回路を配置し、トランジェントを優雅に丸め、ハーモニックな温かみを加えるソフトリミットを開発しました。

Soft Limitは、AD-8000からSymphony I/O、最新のDuet 3まで、それ以来ApogeeのほとんどのA-Dコンバーターに搭載されている機能です。

Soft Limitプラグインツアー

ソフトリミット閾値の調整可能

オリジナルのSoft Limit回路はThresholdが固定されており、使用方法が限定されていました。Soft LimitプラグインはThresholdを-18dBfsまで調整できるため、Soft Limitの全領域を調整することができます。
 

オートメイクアップ

オートメイクアップ機能をオンにすると、ソフトリミットしきい値を下げるとレベルが追加され、ゲインを完璧に管理して、狙った音の実現に集中することができます。

Drive

ソフトリミットのクランチ側にアクセスするには、Driveノブでソフトリミット前に±18dBのレベルトリムが可能です。

Output

出力ノブは、プラグイン出力をDAWの次のステージに最適化するための±18dBのレベルトリムを提供します。

オーバーサンプリング

最大16倍までのオーバーサンプリングレートを実現し、エイリアシングのような強烈なエフェクトに遭遇することはありません。最高のオーバーサンプリングレートでも、Soft LimitはCPUパワーを非常に効率的に使用し、超低レイテンシーを実現します。

入力、出力、ソフトリミットメーター

Soft Limitの正確な入力、ソフトリミット、出力メーターは、Soft Limitがあなたのサウンドをどのように形成しているかを、繊細なものから超高速なものまで正確に表示します。

ダウンロード

ダウンロードには名前とメールアドレスの登録が必要です。

上記リンクより遷移し、下の方まで移動すると「Get Soft Limit for Free」がありますので、名前、メールアドレスを入力し、国を選択して「Get Installer」をクリックします。

これで登録したメールアドレス宛にインストーラーのURLが届きます。

件名は以下です。

Apogee Soft Limit Plugin Installer

本文にリンクがありますので、ご自分のOSのリンクをクリックします。

インストール

インストールはインストラーなのとVST3に対応しているのでそのままデフォルトでも大丈夫です。

VST2やAAXを入れたくないという方はVST3だけチェックボックスにチェックを入れて進みましょう。

 

 

まとめ

結構簡単に歪み始めるのでクリアな方向では無く、DRIVEで歪ませる用途で使うといいかと思います。

積極的にサチュレーション的に使っても良いですし、オーバーサンプリング入れてもめちゃくちゃ軽いのでスペック低いPCお使いの方はマスターに使っても良いと思います。

とりあえず貰っておくべきプラグインです。

 

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました