【無料】SoundPaintで使える追加音源ライブラリFREE ANGELSの紹介!

ニュース
スポンサーリンク

SoundPaintの追加無料音源がリリースです。

SoundPaint良いですね!

鳴らしてちょっと作ってみました。

ピアノの様なメインの音がSoundPaintのFREE ANGELSのプリセットです。

Bassは今セール中のEZbassです。

途中のダッキングはDuckです。

 

有料の追加音源が欲しくなります。
(BFセールしたら即買いです)

と思ったのですが、セールしないと書いてありました。

BF落ち着いたら買っていこうと思います。

もし「SoundPaint」を使った事無い方は是非試してみて下さい。

インストール等については以下の記事を参考にしてみて下さい。

 

ではどんな音源なのかご紹介していきます。

FREE ANGELSの概要

 

100人のサウンドデザイナーが作った1つの楽器。
Free Angelsは、才能あるコミュニティとの共同作業で作られた新世代のアートソフトウェア・インストゥルメントです。Free Angelsは、部分的には100人以上のサウンドデザイナーによって作られ、部分的にはSoundpaintが社内で作成しました。この楽器は、自由で天使のような性質を持っているという表現がぴったりです。白く、柔らかく、天国のような体。実験的で体験的。

Free Angelsには、天使のようなアンビエンス、天空のライザー、大量の幽玄な撥弦楽器セット、ふわふわした生き物、天国のようなヒット曲、セラフィック・ヴォイス、そしてソフトで聖人のようなパーカッションの束からなる1500以上の天国のようなサウンドデザインが含まれています。厳格で分析的な作曲家のために設計されたものではなく、未知の世界を探求し、プロジェクトに応募した100人以上の人々の天国のようなサウンドコンセプトからインスピレーションを受けたい人のためのものです。

Free Angelsは、従来のサンプルライブラリではありません。それは小さなアート・ソフトウェアであり、物事がどうあるべきかという通常の、そして正統的な慣習から解放されています。それは美しく、ワイルドで、自由です。サンプルライブラリのレディ・ガガのようなものです。

特徴

エセリアル・インストゥルメント
1.533 リアルタイム・サンプル™ / 7.18GB
Soundpaint™ Engine(無料)
VST、AU、スタンドアロン

 

もともとはKontakt音源として無料配布されている音源です。

Kontak版もありますが、それとは訳が違います。

と言うのもKotaktはエディットが殆どできませんが、SoundPaintだとエディットし放題です。(Kontaktでも出来ますが、結構な手間を要します。)

しかもエフェクトも使い易いので、自分好みの音色を作る事が出来ます。

無料ですが、ログインと購入手続きが必要です。
(ここではアカウントがある前提で進みます)

上記リンクから遷移し、「ADD TO CART」をクリックします。

$0.00である事を確認して「CHECK OUT」をクリックします。

ログイン画面が表示されますので、「EMAIL ADDRESS」と「PASSWORD」を入力して「LOG IN」をクリックします。

後は住所などを入力して決済手続きをすれば完了です。
(ちょっと画像を取り忘れてしまいました・・・)

FREE ANGELSのダウンロード

ダウンロードはプラグインからダウンローダーを起動が楽かと思います。
(Webからでも結局ダウンローダーが起動します)

「SoundPaint」を起動すると以下の様な画面が表示されますので緑のアイコンをクリックします。

ダウンローダーが起動しますので、「DOWNLOAD」をクリック

これでダウンロードが開始します。

ダウンロードが終わったら「SoundPaint」から「FREE ANGELS」のプリセットが選べるようになります。

「FREE ANGELS」は「Custom Design」の中に入っています。

プリセットも豊富です。

普通の音源の他にループが入っているプリセットもあります。

 

「PART」を選べば持っている音源を組み合わせる事が出来ます。

まとめ

ほんとかなり良いです。

「SoundPaint」が素晴らしいのは音源を拡張すると他の音源と組み合わせて使える点です。

プリセットが増えるだけでなく、「PART」が増える事により、シンセで言う所のオシレーターを入れ替える事が出来るのです。

推測ですが、8dioさんでリリースされている無料Kontakt音源は「SoundPaint」に移植されるんじゃないかと思います。

今後もしっかり注目していきます。

スポンサーリンク
ニュース
Chillout with Beats

コメント

Translate »