PolyverseのGateKeeperの使い方②(トリガー編2)

プラグイン
スポンサーリンク

PolyverseのGateKeeperの使い方②(トリガー編2)

前回の記事はこちら

今回はMIDIを使ったトリガーを詳しく解説します。

非常に面白くユニークな機能です。

こんな感じでMIDIノート毎にGateを割り当ててトリガーする事が出来ます。

 

事前準備

前回設定した内容と同じです。

やり方はまずGateKeeperの「Play」を無効(消灯)にします。

次にGateKeeperの左上の歯車アイコンから「input port」を「0」に設定します。

「MIDI out」を追加します。

こちらは設定変更不要です。

8つある各EnvにMIDIノートを割り当てる

使い方としては2パターンあるかと思います。

1つは色々なパターンを割り当てて、MIDIノートで切り替える。

もう一つは上のデモの様に段々と重なる様にMIDIノートを配置する。

両方とも設定は同じなのでまとめて解説していきます。

まず各GateをMIDIノートに割当ます。

やり方は、キーボードアイコンをクリックします。

すると色が赤色に変わります。

この状態でMIDI outのピアノロールや鍵盤などから指定したいMIDIノートを発音します。

そして再度キーボードアイコンをクリックしてピンク色に戻します。

MIDIノートは複数割り当てる事も出来ますので、他のGateも一緒に1つのMIDIノートでトリガーする事が出来ます。

リセットしたい場合は、キーボードアイコンをクリックして、何もせず、再度クリックすればOKです。(すべてのMIDIノートでGateがトリガーされる状態に戻る)

一応動画を用意しました。

initからやります。

このままだとOneShotモードなので、必要に応じてLoopモードに切り替えます。

OneshotとLoopモードの違いは、Gateの再生が最後まで行った後、止まるか、繰り返すかの違いです。

PolyverseのGateKeeperの使い方②(トリガー編2)まとめ

色々出来ますね~

やはりシンセ系の音色との相性が良いですね。

次回は各パラメータの解説です。

コメント