【無料】レガシープラグインPlex 2の紹介

プラグイン
スポンサーリンク

レガシープラグインPlex 2の紹介

Chillout with Beats 管理人の yosi です。

PPG WAVEの開発者Wolfgang Palmさんが作ったPlex 2が無料で配布されていたのでご紹介です。

私は触った事すらありませんが、WaldorfのPPG Waveのデモを聴いてキラキラとした綺麗な音が鳴っていたのが印象的でした。

そんな凄い人が開発したPlexですが、はっきり言ってしまうと、今更Plex 2を使うメリットは殆どありません。

元々Plexは有料($249)でSteinberg(Cubaseの開発元)がリリースしたVSTでした。

そして発売当時(2002年)買えずに欲しいな~と思いつつも価格($249)を見て諦めた人が結構いたと思います。(私も学生でしたから全く買う余裕はありませんでした)

そんな当時を懐かしむ程度には遊べます。

音の傾向としてはハードウェアのPCM系音源に近い感じがします。
(薄くて少しこもった感じ)

とは言え最近のソフトシンセでは出せない音でもあります。

少し遊んでみました。

サイドチェインを掛けてます。バスドラはFLStudio付属でベースはSylenth1です。

 

PLEX 2 Demo

Plex 2の概要

Plexは「再構築シンセサイザー」です。元のサウンドは、新しいオーディオ分析手法を使用して、低スペクトル、高スペクトル、フィルター特性、および振幅エンベロープの4つのコンポーネントに分割されます。各コンポーネントを置き換えて、他の要素と組み合わせることができます。その結果、スリリングな「自然な」サウンドが得られます。

Plex 2主な機能

・「PPGレジェンド」Wolfgang Palmによる新しい合成アプローチ。
・33の音源のコンポーネント間のリアルタイムの交換。
・97の特別な事前分析済み音源が含まれています。
・3つのADSR、3つの同期可能なLFO、グローバルピッチLFO。
・ステレオディレイとフランジャーエフェクトを備えたモジュレーションセクション。
・最大64ボイス、300のプリセットが含まれています。
・MIDIコントローラーを介してアクセス可能なすべてのパラメーター。

 

Plex 2の使い方

基本コンセプト

PLEX 2は、Wolfgang Palmによって開発された新しい分析/合成技術を使用しています。このコンセプトは、想像できるすべての種類の音を4つのコンポーネントに分割する手段を提供し、それらを一緒に適用すると元の音を再現します。コンポーネントは、それぞれがサウンドの特定の特定のプロパティを含むように選択されます。これらは次のとおりです。

•時間の経過とともに元のサウンドの音色が徐々に変化します。時変デジタルフィルターが近似に使用されます。 PLEX 2プログラムでは、黄色のアイコンがこのフィルターコンポーネントを表します。
•残りの信号の低周波スペクトル。 PLEX 2では、赤いアイコンがこのベースコンポーネントを表します。
•残りの信号の上部周波数スペクトル。 PLEX 2では、緑色のアイコンがこの上位コンポーネントを表します。
•ADSRエンベロープセクションのベースビューとトップビューで設定し、プリセットグループセクションのプリセットパラメーターセレクターフィールドを使用して他のプリセットに適用できる、ベースシグナルとトップシグナルのレベル展開、つまりゲインエンベロープ。すべてが同じスペクトル範囲をカバーしていますが、ピアノの音、バイオリン、またはトランペットのトップコンポーネントは、それぞれ異なる構造を持っています。各コンポーネントには特定の音響領域のみが含まれます。ベースコンポーネントには、元のサウンドの低音のみが含まれます。音色や音量変更情報は含まれません。 Topコンポーネントも同様ですが、代わりに高周波が含まれています。時変フィルターコンポーネントには、音色の経時変化のみが含まれますが、サイクル長やノイズ強度など、信号の残りの部分に関するその他の情報は含まれません。このように重要な特性を厳密に分離することにより、たとえば、すべての基本コンポーネントを相互に自由に交換し、それぞれ自然なサウンドキャラクターまたはサウンドシーケンスを維持することが可能になります。分析プロセスは非常に複雑です。このため、PLEX 2には90以上の事前定義されたファクトリーサウンドリソースが付属しています。

フィルターコンポーネント

黄色のアイコンは、フィルターコンポーネントを表しています。これは、最初に分析された楽器/サウンドの時間経過に伴う緩やかな音色の変化を表します。 PLEX 2は、近似に時変デジタルフィルターを使用します。フィルターコンポーネントは、サイクル長やノイズ強度など、信号の残りの部分の特性を「認識」しません。 Filterコンポーネントは、他の基本的なコンポーネントの色調を変更することにより、全体的なサウンドに貢献します。 Filterコンポーネントは、アナログシンセサイザーで一般的に使用される通常のローパスフィルターを使用しません。ここでは、フィルターの特性は、サウンドパレットの黄色の部分コンポーネントアイコンの位置によって制御されます。つまり、関連付けられているサウンドリソースは、フィルターの特性を制御します。

ベースコンポーネント

赤いアイコンは、ベース部分コンポーネントを表します。基本コンポーネントには、信号の残りの部分の低周波数、つまり元の音の低音が含まれますが、音の色や音量の変化情報は含まれません。

トップコンポーネント

緑色のアイコンは、信号の上部スペクトルを含む上部部分コンポーネントを表します。 TopおよびBaseコンポーネントがプリセットの全体的なサウンドに寄与する度合いは、LFOおよびADSRエンベロープのTopおよびBaseセクションで制御されます。

サウンドパレット

PLEX 2ウィンドウの左側の部分は、サウンドパレットと呼ばれます。その楕円形は別々のフィールドに分割されています。

サウンドパレットエディティング

新しいプリセットサウンドを作成するには、利用可能なすべてのサウンドリソースのうち最大33個をサウンドパレットのフィールドに読み込むか、デフォルトのプリセットを使用します。

使用可能な任意のサウンドリソースを、サウンドパレットの任意のフィールドに自由に割り当てることができます。サウンドリソースをロードすると、以前にフィールドに存在していたリソースが自動的に置き換えられます。次の手順に従います。

•サウンドパレットのフィールドを右クリック(PC)または[Ctrl]キーを押しながらクリック(Mac)し、表示されるローカルメニューから目的のサウンドリソースを選択します。

•ホイールマウスを使用する場合は、カーソルを目的のフィールドに移動し、ホイールを使用してサウンドを選択します。

プリセットグループセクション

他のすべてのPLEX 2編集セクションと同様に、プリセットグループセクションはサウンドパレットの右側にあります。

これは、単一のプリセットサウンドを一時的に保存およびロードする場所です。 PLEX 2を初めてロードすると、デフォルトのバンクがディスクから自動的にロードされます。 8つのプログラム(Instruments)が含まれています。各プログラムは、それぞれ16のプリセットからなる4つのPLEX 2プリセットグループを保持できます。デフォルトバンクのいくつかのグループには、事前定義されたプリセットが含まれますが、他のグループは、独自のサウンドを作成して保存することができます。 PLEX 2のサウンドリソースとプリセットグループは、ドイツの有名なサウンドデザイナーであるHubertusMaaß、CS、およびWolfgang Palmによって設計されています。各プリセットには、1つのサウンドのパラメーターの完全なセットが含まれています。

•[プリセットグループ]セクションを開くには、PLEX 2ウィンドウの右上にある[プリセット]ボタンをクリックします。 PLEX 2にはA、B、C、Dという4つのグループがあります。各グループには16のプリセットスロットがあり、4つのグループすべてに64のサウンドが含まれます。

現在選択されているプリセットに別のプリセットのプリセットパラメータを適用する方法

グループ内の各プリセットスロットの右側には、プリセットパラメーターセレクターと呼ばれる小さなフィールドがあります。その機能はシンプルですが、強力です。これを使用して、現在選択されているプリセットサウンドのすべてのパラメーター設定を、クリックしたプリセットパラメーターセレクターフィールドのサウンドのパラメーター設定と迅速に交換できます。

これにより、4番目のコンポーネント(ベースおよびトップ信号レベルの開発)とすべてのグローバルPLEX 2設定を別のプリセットサウンドに非常にすばやく割り当てることができます。 PLEX 2グループA、B、C、またはDのプリセットサウンドのパラメーター設定を使用することもできます。

レガシープラグインPlex 2の紹介まとめ

当時はとても魅力的でしたが今となってはちょっと物足りなく感じてしまいますね。

今では大分アナログと近い音が出せるようになったり、デジタルでも表現豊かな音を出すことが出来るようになった為、技術の進歩は素晴らしいですね。

 

コメント