IK MultimediaのAmpliTube 5をインサートエフェクトとして使う方法

プラグイン
スポンサーリンク

多分多くの人がIKさんおグループバイでAmpliTube 5をゲットした事でしょう。

AmpliTube 5にはギターだけに使うには惜しいエフェクトが幾つもあります。

そこでAmpliTube 5をインサートエフェクトとして使う方法をご紹介します。

キャビネット等を使わなければCPU負荷も低いので使い勝手が良いです。
(このコーラスLo-Fiにピッタリな感じですね)

AmpliTube 5をインサートエフェクトとして使う方法

まずAmpliTube 5をミキサーに追加します。

この状態だとモノラル入力で且つアンプとキャビネットが有効になっています。

ですからまず、ステレオにします。

左したの一番したをクリックします。

これでステレオ入力になります。

次にアンプとキャビネットを全部無効にします。

無効にするには電源のアイコンがありますのでここをクリックします。

キャビネットも同様に無効にします。

あともしかすると左右のバランスが異なるかもしれないので合わせましょう。

動画も用意しました。

 

これで下準備が終わりです。

次に追加したいエフェクトを選びます。

そして最後のスピーカの手前にドラッグアンドドロップします。

もしモノラルにそれぞれ違う設定をしたい場合は以下の様に配置します。

動画用意しました。

 

まとめ

AmpliTube 5重たいから使わないかなと思っていたのですが、十分使えます。

しかもモジュレーション系がLo-Fiと相性が良さそうなので、個人的には頻繁に使いそうな予感です。

少しマニュアルと格闘してみます。

 

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント

Translate »