Glitchmachines社のPolygonレビュー

プラグイン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Glitchmachines社のPolygonレビュー

Chillout with Beats の yosi です。

Glitchmachines社Polygonを購入したので、レビューします。

Polygonの概要

Polygonがどんなものかは以下の動画を見てみて下さい。

ゲーム作っている人とか、SF的な効果音が欲しいと思っている人にはうってつけです。

価格

定価7700円位が92%OFFで550円位です。(為替で日々変わるので参考価格として下さい)

いまならバンドル版(4製品セットで約1,600円)がお得です。

スペック

主な機能は以下の通りです。

要約すると4つのグラニュラーモード付のサンプラーを搭載したサウンドデザインシンセです。

3FXはMetalizer、Stutter、RingModとなかなか良い意味で変なのがそろってます。

4 Monophonic Sampler Modules
Granular Mode
4 Mod Envelopes & 8 LFOs
3 FX Processors
Sub Oscillator
Mod Matrix & RND ISO Suite
120+ Presets & 1+ GB of Samples

システム要件

システム要件は以下の通りです。

最近のPCやMacなら問題なく動作すると思います。

Mac:

  • OS X 10.7 or higher (32 & 64-Bit / PPC not supported)
  • Approximately 1.5 GB of hard drive space
  • Minimum 2 GB RAM
  • Minimum recommended CPU: Core 2 Duo, 2GHz
  • CPU with SSE2 support
  • Broadband Internet connection required for product download
  • VST/AU host such as Ableton Live, Logic Pro, etc.

Windows:

  • Windows Vista or higher (32 & 64-Bit)
  • Approximately 1.5 GB of hard drive space
  • Minimum 2 GB RAM
  • Minimum recommended CPU: Core 2 Duo, 2GHz
  • CPU with SSE2 support
  • Broadband Internet connection required for product download
  • VST host such as Ableton Live, etc.

 

インストール方法

インストールは普通のアプリと変わりません。Windowsなら「WIN」のなかの「Polygon_setup.exe」ですし、Macなら「Polygon_Installer.dmg」からインストール出来ます。

サンプルの格納先を自分で決める事が出来ます。

PolygonをDAWから起動するとサンプルフォルダを指定する画面が出ますので、指定します。

ここで注意が必要で、「POLYGON_SAMPLES」ではなく、解凍した際のルートフォルダ「GM_POLYGON」を指定する必要があります。

スポンサーリンク

音源デモ

まずノートC6の一音だけでループしてプリセットを適当に変更してみました。
雰囲気を出す為にFruity ConvolverでデフォルトのIRだけ使っています。

音量が大き目なので、音量を下げて聴いて下さい。途中急に大きくなったりします。

Polygonの良い所は使うwavファイルは同じでプリセットを変更出来ます。

以下の、「GLOBAL」の「M」の「LOAD SAMPLES WITH PRESETS」のチェックを外すとwavファイルを固定してプリセットを変更出来ます。

 

そして素晴らしい事にGlitchmachines社の本家サイトでSci-Fi系のエフェクトサウンドを無料ダウンロード出来ます。これらを使うとかなりバリエーションが増えます。

TERATOMAを使うと元々人の声が入っているので、ちょっとホラーの様なエフェクトが簡単に作れます。(夜中に鳴らしたくない感じの音が簡単に出来ました。)

音量が大き目なので、音量を下げて聴いて下さい。途中急に大きくなったりします。

 

SPOREから4つサンプルをロードして、サンプルは固定してプリセットだけ変更しました。
ノートC4の一音だけループしています。サンプルは4つとC4ノート一音だけです。

音量が大き目なので、音量を下げて聴いて下さい。途中急に大きくなったりします。

 

まとめ

簡単にFXサウンドが作れます。ロードするサンプルを変えるだけでも結構変わってくるのと、再生する音程を変えるだけでもガラッと雰囲気が変わります。(人の声が入っていると結構怖いです)

そしてGlitchmachines Polygonは現状VERSION 1.3です。作りっぱなしではなく、メンテナンスされている所も素晴らしいです。(Ver 1.0は2013年発売

使い所が悩む所ですが、Maschineに読み込んでチョップして使えないか試してみようと思います。

いまならバンドル版がお得です。

 

 

コメント