【2019年版】海外のサイトで人気がある無料のソフトシンセ(VSTi)【Keyzone Classic】

プラグイン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

Chillout with Beats の yosi です。

2019年ももうすぐ4分の1が終わろうとしています。

そこで、2019年で海外のサイトKVRで人気のある無料のソフトシンセをご紹介します。
(1月と2月の統計で出てきたSynthを紹介します)

13個のソフトシンセを詳しい解説+音源付きで紹介しようと思うので、13回に分けて紹介します笑

 

では紹介していきます。

Bitsonic の Keyzone Classic

とりあえず、動画を見て下さい。

フリーとは思えない音でびっくりしました。

 

ダウンロード方法

Bitsonic Audioにアクセスします。

「DOWNLOAD NOW」をクリックします。

 

「バッグに追加」をクリック

「ダウンロード」をクリック

ファイルをダウンロードして解凍するとHTMLファイルが出てくるので、開きます。

該当するものをクリックしたダウンロードします。

あとはダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストールします。

デモ音源

ピアノは全く弾けないので、MIDIファイルで鳴らしました。
全てベロシティーは一定です。あとFruty ConbolverでHallの掛けています。

第1回だからちょっと頑張って搭載されている音源5つ分用意しました。

Piano from Keyzone 1

Steinway Grand Piano

Yamaha Grand Piano

Basic Electric Piano

Rhodes Piano

 

まとめ

最近無料のピアノ音源の質が随分と上がってきました。

個人的にはエレピの音が好きで、今回FLStudio付属のFLKeyでも少し試したのですが、意外とFLKeyの音が良く聞こえました。

というのも、ベロシティベタ打ちのMIDIファイルで試したので、複数の音が重なる部分が、Keyzone だと音が重ってぶつかる音域がありました。

何にしても複数持っておいて、その時々で使い分けるようにした方が良さそうです。

コメント