SpectrasonicsのOmnisphere 2.6 がリリース

DTM
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

概要

Chillout with Beats の yosi です。

SpectrasonicsのOmnisphere 2.6がリリースされました。

NAMM2019で既に公表されていましたが、
目玉はArpeggiatorのアップデートと600もの新しいサウンドが追加され、無料アップデート!

あとハードウェア統合が進んだとのことです。

一応NAMM2019の動画を貼っときます。

しかしNKSには対応してくれないのは残念です。
有料でこんな物もあるようです。

Spectrasonics Omnisphere 2 NKS Library

 

持ってない人はこちらがおすすめです。

税込み36,180円で出てます。
ソフトバンクユーザで5の付く日に買えばポイント16倍行くようですね。
16倍だと5700円位ポイント付くので、実質31000円位で買えちゃいます。

https://store.shopping.yahoo.co.jp/ikebe/440731-3.html

 

アップデート方法

Omnisphereを起動すると以下のような画面になりますので、「GET UPDATES」でサイトに飛びます。

アップデートサイトで、「Get Updates」をクリックすればOKです。勝手にダウンロードされます。サイズは私の場合1.2GBありました。

アップデート内容

Arpeggiator アップデート

新しいモードとして以下が追加されました。

  • パターンモード
  • ステップデバイダー
  • コードボイシング
  • コードインバーション

 

新しいサウンド

新しいサウンドは “Hardware Library”のとしては600のサウンドが追加されました。
その他1000ものサウンドが使いされている為、合計1600増えました。

全て合計すると14,000ものサウンドが

JP8000のサウンドもありました。

ハードウェアインテグレーション

ハードウェアインテグレーションに関する動画です。

以下のハードウェアが今回追加対応しました。
売ろうと思っていたJP-8000がリストに・・・もう少し遊べそうです。

 – Roland Juno-106
– Roland D-50/PG-1000
– Roland Super Jupiter
– Alesis Andromeda A6
– Behringer Deepmind
– Access Virus Indigo 1
– Access Virus Indigo 2
– Access Virus C
– Access Virus TI
– DSI/Sequential Pro 2
– DSI/Sequential Prophet 08
– DSI/Sequential Mopho
– Roland JP-8000
– Roland JP-8080
– Roland Gaia
– Roland JD-XA
– Roland JD-Xi
– Roland SH-201
– Nord Wave
– Nord Lead 3
– Nord Lead 4
– Nord Lead A1
– Nord Stage 3
– Moog Minitaur
– Moog Sirin
– Korg Minilogue XD
– Korg MicroKorg
– Korg MicroKorg XL
– Korg Radias
– Korg MS-20i
– Korg MS-2000
– Novation Mininova
– Yamaha Reface CS

 

まとめ

久しぶりの高揚感です。

正直多少最初にお金出しても、アップデートが無料というのは素晴らしいです。
(Ver1からVer2に上がる時は有料でしたが、その価値はありました)

Spectrasonicsの場合はマイナーアップデートが普通のデベロッパーのメジャーアップデート並みなんですよね。これが素晴らしい。

そしてもう20年近く、3つの製品だけ作っているというこだわりよう。
(最近やっと1つ製品が増えましたが、それも素晴らしいものです)

 

 

コメント