FLStudioでUJAM Beatmakerシリーズをマルチアウトする方法

プラグイン
スポンサーリンク

FLStudioでUJAM Beatmakerシリーズをマルチアウトする方法

NEMESIS買ってあれってなったので書いときます。

やっぱりドラムはマルチアウト出来た方が何かと便利です。

差し替えも出来ますし、Kickをサイドチェインの入力に使ったり、エフェクト掛けたりと用途は様々です。

マルチアウトに対応しているVSTであれば簡単にマルチアウト出来ますが、FLStudioの場合少しだけ特殊なので、気付き辛いです。

では早速解説していきます。

FLStudioでUJAM Beatmakerシリーズをマルチアウトする

まずUJAM Beatmakerシリーズを何でも良いので起動します。

適当にMixerを割り当てます。
(ここではMixer 5に割り当てました)

そしてマルチアウトしたいパートを選択します。

ここではKickをマルチアウトしますので、「BD 1」を選択します。

そして中央下の「indevidual」をクリックします。

次に左上の歯車アイコンをクリックし、「Processing」の「2.Out 02 L/Out 02 R」を適当な数字にします。(ここでは「1」にしています)

これで「BD 1」はMixer 6から出力されるようになります。

動画も用意しました。

この数字は相対的なもので現状Mixer 5に割当られているので、+1されてMixer 6にKickが出力されます。

もう少し詳しく解説します。

重要なのはBeatmakerシリーズはパラアウトする場所が内部で以下の様に決定しています。

上記番号はFLStudioのパラアウトと一致します。

例えば「SD 1」をMixer 6から出す場合は以下の様にします。
(「SD 1」は3番目なので、「4 Out 04 L/ Out 04 R」を変更します)

FLStudioでUJAM Beatmakerシリーズをマルチアウトする方法まとめ

ちょっと面倒に思えるかもしれませんが、多分他のDAWだとパラアウト分のミキサーが用意されてしまうような気がします。

使わない(使えない)ミキサーまで表示されるってかなり邪魔ですよね。

FLStudioはその辺はかなり合理的に出来ているので、好みが判れる所かと思います。

コメント