【無料】FLStudioのFPCにMIDIパターンを増やす方法

FL Studio
スポンサーリンク

【無料】FLStudioのFPCにMIDIパターンを増やす方法

昨日はSSDでMIDIパターンを増やした訳ですが、FLStudio推しのブログですので、FPCも書いときます。

 

早い話、無料で公開されているゼンハイザーのDrumMic’aからMIDIパターンだけ抜き出すというお話です。

・DrumMic’aからMIDIファイルを取得する方法
・FPCのドラムMapをDrumMic’aに合わせる方法
 

FPCの場合リアルなドラムと言うより、Lo-Fi寄りで使った方が良い感じになりそうです。

以下の動画ではRX950とAudio ThingsのType BRoyal Compressorを使っています。
(この二つLo-Fiにするのにかなり相性が良いです)

DrumMic’aからMIDIファイルを取得する方法

まずはDrumMic’aをダウンロードします。

アカウント作ればダウンロード出来るので簡単かと思います。

ダウンロードしたら解凍します。

MIDIファイルは以下の中にあります。

DrumMicaV1_0\DrumMic’a! V1_0\Instruments\Midi Files

 

あとIRのファイルは以下です。

DrumMicaV1_0\DrumMic’a! V1_0\Data\Resources\ir_samples

 

FPCのドラムMapをMIDIパターンに合わせる方法

少し使った感じクローズドとオープンハイハット、ライドの3つのマップが異なっていました。

この3つを修正するのですが、以下ではクローズドとオープンハイハットを実際に変更していきます。

以下の図を見てみて下さい。

クローズドハイハットは「C5」、オープンハイハットが「D#5」にノートが配置されています。

FPCの右下と右上の赤枠がそれぞれクローズドとオープンハイハットです。

まず右下のクローズドのパッドクリックします。

「Midi Note」の部分を「C5」に設定します。

次にオープンハイハットを同じ様にパッドをクリックしてから「D#5」に変更します。

動画も用意しました。

 

Kitを変えるとまたマップが元に戻ってしまいますので、以下の設定を変更します。

▼から「Layouts」から「Use current layout when changing presets」にチェックを入れます。

これでKitを変更してもレイアウトが変わりません。

【無料】FLStudioのFPCにMIDIパターンを増やす方法まとめ

使えるパターンが1000種類増えるのは大きいですね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました