FLStudioの使い方 絶対知っておきたい自動保存の設定

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioの使い方 絶対知っておきたい自動保存の設定

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

管理人 yosi です。

暑いですねーほんと。

これだけ暑いとPCが悲鳴を上げることもあるので、バックアップの設定は絶対しておきましょう。

既に皆様設定していると思いますが、もし設定していないという方は絶対しといてくださいね。

この記事は以下の内容でお送りします。

・AutoSaveの設定方法
・クラッシュした時の回復方法

 

AutoSaveの設定方法

まずは自動で保存を定期的にしてくれるAutoSave機能の設定方法の解説です。

メニューの「Oprion」から「File setting」を開きます。

「File」タブの「Backup」の「Autosave」を選択します。

クラッシュで大事な曲を少しでも失われてく無い!という方は以下を選びましょう。

Frequently(Every 5min & before risky operations)

5分毎に保存され、危険がある操作をする前に自動的に保存されます。

デメリットは自動保存時に動作が重くなる点です。
(とは言え、特別な理由が無い限りは上記設定がおすすめです)

重たくなるのが嫌な方はバランスを考え以下の2つ(5分毎、10分毎)もありです。

自分のスタイルに合わせて設定しましょう。

バックアップの数は「Maximum」で設定出来ます。

最大はリミット無しにも出来ますが、あまり多くすると容量を使うので、100~200もあれば十分かと思います。

 

クラッシュした時の回復方法

では実際にクラッシュした際の回復方法を解説します。

BackupはFLStudioのBackupフォルダの中に蓄積していきます。

アクセスの仕方はブラウザの一番上にある「Backup」を開くと蓄積されたバックアップファイルが表示されます。

「Untiitled」は未保存のソングファイルです。

保存していなくてもしっかり残ります。

開きたいファイルをドラッグアンドドロップすれば開けます。

FLStudioの使い方 絶対知っておきたい自動保存の設定まとめ

この機能に何度救われ、もっと早く設定していればと何度思ったことでしょう。

バックアップは本当に大事です。

失われたメロディは殆どの場合は戻ってきません。
(記憶力が良い方はなんとかなるのかも?)

設定していない方は必ず設定しましょう。

コメント

Translate »