【無料】Decent Samplerで使えるエレピ音源WörliTzerの紹介

無料音源
スポンサーリンク

Decent Samplerで使えるエレピ音源WörliTzerの紹介

今日はDecent Samplerで使えるエレピ音源をご紹介します。

かなりおすすめです。

Decent Samplerの音源なので無料でほぼだれでも使えます。

Windows (32-bit/64-bit)のVST、VST3、AAX、スタンドアロンと殆どのフォーマットに対応しています。

Mac (Intel & M1)は VST, VST3, AU, AUv3, AAX, StandaloneとM1にも既に対応済みです。

Decent Samplerについては以下の記事を読んでみて下さい。

プリセットを鳴らしてみました。

ドラムとかベースを足してみました。

エレピってほんと色々使えて良いですね。

 

概要

ストーリー
私は何年も前に Wurlitzer エレクトリックピアノの音に恋をしてしまい、適正な価格で購入する機会を得 たとき、私は躊躇しませんでした。

それは夢のような出来事でした。

それは本当にひどい状態でしたが、素敵な暖かい音を持っていました。何年もかけて、見た目も音も美しくなるようにレストアし、チューニングしてきました。
しかし、ある時、お金が必要になり、売るという愚かな決断をしました。しかし、私は賢明にもそれを試奏しました。すべての鍵盤を複数のベロシティレイヤーで、そして生の鍵盤の音も。だから私は自分の大切な Wurlitzer の音を保つことができたのです。

Pianobook を発見して以来、私はこの素晴らしいコミュニティとサンプルを共有するべきだと感じていました。

だからここにある、私はこれを WörliTzer と呼んでいる。

ラインレベル、生キー、リリーストリガーを別々にコントロールすることができます。
また、ローパスフィルター、ディレイ、リバーブもある。

さらに、ウォブルとグラニュラーの2つのレイヤーも作りました。

このライブラリの使い方を知ってもらうために、いくつかのプリセットを作りました。

まず、明らかなのはWörliTzerです。これは、私自身の Wurlitzer のサウンドに最も近いものです。

それから WobbliTzer は Wobble レイヤーに基づいたものです。

そしてGranuliTzerはグラニュラーレイヤーがベースになっている。

ToyliTzer はすべてのレイヤーを下げ、生のキー音だけを上げています。木琴のような音色で、トイピアノを連想させる。

全てのレイヤー、エフェクト、フィルター、アタックとリリースをいじると、例えばDreamliTzerのプリセットのように、本当にユニークなサウンドを作り上げることができます。

フィルターはModホイールに割り当てられ、すべてのノブとコントロールにはあらかじめCCナンバーが設定されているので、MIDIコントローラーを割り当てることができます。
僕はKomplete Kontrolのキーボードをベースにコントロールを割り当てたから、そのノブにはCC14〜CC22が割り当てられているんだ。

ということで、私のWörliTzer、ぜひ楽しんでくださいね。

ダウンロード

ダウンロードするにはログインが必要です。

上記リンクより遷移し、「Log in to download」をクリックします。

ログイン画面になりますので、ユーザ名とパスワードを入力してログインします。
(前にアカウント作ったはずなんですが、ログインしないと無くなるのかもしれません)

 

インストール

音色の追加方法

ダウンロードしたら解凍して出てきた「WörliTzer.dslibrary」を「Decent Sampler」で設定しているフォルダに入れてスキャンすれば認識してくれます。

フォルダの確認方法

フォルダの場所の確認は「Decent Sampler」の右上「FILE…」をクリックして表示される「Preferences…」をクリックします。

「Sample Library Locaton:」にパスが表示されています。

ダウンロードしたファイルを解凍すると出てくる「WörliTzer.dslibrary」を調べたパスに入れます。

 

音源のスキャン方法

スキャンは「Decent Sampler」の右上「FILE…」をクリックして表示される「Rescan Libraries」をクリックします。

スキャンをしたら画面上部の「BROWSE」をクリックします。

これで追加した音源が表示されているかと思います。

「LOAD」をクリックします。

インストールするか聞かれるので、「Yes」をクリックします。

 

まとめ

私としてはかなり好みの音なので無料というのに驚きです。

着々と音色も増えているし、今後一大勢力になる事間違いなしですね。

 

スポンサーリンク
無料音源
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました