【9ドル 10/2まで】Cherry AudioのRoland SE201を再現したStardust 201が最安セール中(65%OFF)

セール
スポンサーリンク

セール情報

最安値です。

各社Roland RE-201を再現したプラグインはリリースされていますが、Stardust 201はLoーFiテープディレイのイメージに合う出来です。

忠実に再現ではなく、多くの人が思うRoland RE-201の音を再現しているという感じで、あーこの感じという音が出ます。

最初に読み込んだ状態の音です。
(そのあとModeを変更してテープヘッドを変更しています)

フィードバック回数が増える毎に高音部分が削れていく感じがまさにテープエコーって感じですね。

シンセに掛けてみました。

柔らかい音が非常に良いです。

一部実機と異なる仕様なんですが、これが使い易いです。
(特にMode Selector)

私もなんですが、実機を使った事無い人はStardust 201の方が直感的に操作出来るのでおすすめです。

9月はPluginBoutiqueさんで何か買うとMNTRA Instruments HuracanかKaranyi Sounds Spaceの内1つ貰えます。
(2回購入すれば2つ貰える)

9月にADSRさんでお買い物をするとdiscoDSPのFMシンセOPL(49ドル相当)が貰えます。

概要

過去のエコー

Stardust 201 Tape Echoは、70年代から80年代にかけてのRoland “Space Echo “テープエコーをホットロッドで再現したものです。それ以前のテープエコーと比較すると、信頼性と音質の面で大きな飛躍を遂げています。頑丈なテープ・トランスポート機構、スプリング・リバーブやコーラスを搭載したモデルもあり、その多彩な音色はまさに画期的なものでした。

スターダストは、オーディオテープの限られた忠実度と安定性を正確に再現し、低音域と高音域の自然なロールオフによる超暖かな音色と、わずかな速度差によるリピートの有機的なコーラス感を提供します。インテンシティ・ノブを上げると回路がオーバーロードし、テープ・エコーならではの別世界のようなエコーとフィードバックが発生します。

Cherry AudioのStardust 201 Tape Echoは、オリジナルのRE-201とRE-301 Space Echoの機能を搭載し、さらに独自の機能を追加して、素晴らしいサウンド、超柔軟性、故障知らず、消磁不要の理想のテープエコーエフェクトを作り出しました。

特徴

ヴィンテージ・テープ・エコーを忠実に再現、7つのバーチャル・テープ・ヘッド・モードを搭載
4倍に拡張されたエコー・タイム・レンジ
LFOエコー・タイム・モジュレーション・セクション
DAWマスター・テンポにシンク
専用モーターキルスイッチ
豪華なBBDコーラス・サーキット
入力オーバードライブのモデル化
独立したステレオの「テープ・ヘッド・ループ」による超ワイドなイメージング
スプリング・スタイル・リバーブ
モノ/ステレオ・モードが選択可能
ベースとトレブルのEQコントロール
ユーザーが選択可能なカラー・テーマ

システム要件

macOS

  • macOS 10.9以上(64ビットのみ)
  • クアッドコアIntelまたはM1 Apple Siliconプロセッサ
  • 8 GB RAMを推奨
  • AAX、AU、VST、VST3、スタンドアローンの各フォーマット

Windows

  • Windows 7 またはそれ以上(64 ビットのみ)
  • クアッドコア プロセッサー
  • 8 GB RAMを推奨
  • AAX、VST、VST3、スタンドアローン・フォーマット
スポンサーリンク
セール
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました