AudioThingのFog Convolverに追加IRを入れる方法

プラグイン
スポンサーリンク

AudioThingのFog Convolverは購入してダウンロードした際に追加IRも入っているんですが、自分で追加しないと入りません。

これかなりおすすめなので、 AudioThingのFog Convolverをお持ちの方は是非確認して見て下さい。

追加IRはVintageMics(69)とOld Times(42)で種類も豊富です。

実は中にWavが入っているので他のIR読めるプラグインで使う事も可能だったりします。

あとFog ConvolverはIRプレイヤーとしても優秀です。

もし手持ちのIRをお持ちの方は追加方法も解説していますので、是非試してみて下さい。

AudioThingのFog Convolverに追加ライブラリを入れる方法

まずダウンロードしたインストーラー「AudioThing-FogConvolver.zip」を解凍します。

そしてこの中に入っている「Additional IR Banks」を適当なフォルダに入れます。

もしIRをまとめているフォルダ等があればそこが良いかと思います。

そして「Fog Convolver」を開き「Bank」の「+」から「Add existing Bank」をクリックします。

フォルダの選択ダイアログが出ますので、「Additional IR Banks」の中にある「Old Times」と「Vintage Mics」のフォルダをそれぞれ指定します。

すると以下の様に追加されます。

AudioThingのFog Convolverに手持ちのIRを追加する方法

「Fog Convolver」を開き「Bank」の「+」から「Import WAV/AIFF Folder」をクリックします。

フォルダの選択ダイアログが出ますので、IRを格納しているフォルダを選択するだけです。

個人的に是非試して頂きたいのが、LITTLE DEVIL STUDIOSが公開している無料でダウンロード可能なLexicon 224XLやSony DPS-V77のIRです。

True Stereoでキャプチャされているので、True Stereoが使えます。

以下の記事でリンクなどありますので、是非どうぞ。

スピーカーや電話のIR等がFokke van Saaneさんのページでダウンロード可能です。

こちらもおすすめです。

 

まとめ

「Fog Convolver」かなり良いですね。

結構軽いのとプリセット切り替えがサクサク出来るので、FL Studio付属の「Fruity Convolver」の代替えとしてピッタリです。

「Fruity Convolver」も非常に良いのですが、IRの切り替えがあまり賢いとは言えません。

あと「Fruity Convolver」同様レイテンシー無しです。

 

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました