Analog ObsessionでサチュレーションエフェクトのFetDriveがリリース

プラグイン
スポンサーリンク

Analog ObsessionでサチュレーションエフェクトのFetDriveがリリース

管理人yosi です。

先日リリースされたFetSnapの歪みを気に入ったユーザが居たそうで、サチュレーターバージョンを作ったそうです。

良い感じです。

ドネーションウェアなので気に入った方は是非サポートしましょう。

ドラムに掛けてみました。

ベースに掛けてみました。

概要

最後に、FetSnapをリリースしました。しかし、一部のユーザーは本当にその「飽和」の文字を愛し、FetSnapのサチュレータ版を望んでいました。

ご存知の通り、FetSnapは有名なFET Compressorの過渡現象を改善するための改造版です。

そこで、私は回路を改造しました。オリジナルユニットの「COMPRESSOR OFF」バージョンにしてみました。

オリジナルユニットでは、サイドチェインを閉じてラインアンプ/ドライバーとして使うことができます。

これで、FetDriveをサチュレーターとして、さらにトーンやブレンド機能を追加して使うことができるようになりました。

これがFetDriveです。

– Drive : 入力レベルを上昇させ(ゲイン補正あり)、信号をサチュレートしてくれます。入力レンジを広げることで、よりドライブ感が増します。

– Tone : トーンは、ドライブセクションの前にソースをシェイプします。つまり、Pre-Tone Controlです。これにより、どの周波数帯をサチュレートするかを決定することができます。

Mix : ドライ信号とウェット信号をブレンドします。

Output : MIXノブの後の最終出力段です。

Fet Symbol : レギュラーバイパスです。

お使いになってみてください。

お楽しみください。

 

 

コメント