Xfer Recordsのカッコいいコード進行が簡単に作れるCthulhuの使い方②(パラメータ解説編)

プラグイン
スポンサーリンク

Xfer Recordsのカッコいいコード進行が簡単に作れるCthulhuの使い方②(パラメータ解説編)

前回の記事はこちらから

「Cthulhu」ってパッと見判り辛いと思うんですよね。

理解を深める為に、各パラメータを何回かに亘って解説していきます。
(後日この記事にまとめます)

今回は「Arpeggiator」です。

普通のアルペジエイターと同じ部分はサラッとながしていきます。

Cthulhuのパラメータ解説(Arpeggiator)

アルペジエーターはテンポに同期したエフェクトです。 これは、あなたのホストトランスポートを停止してはいけないことを意味していますので、アルペジエーターを聞くためには、あなたのホストが演奏している必要があります。

Note tab

ノートグラフ(上の写真)では、アルペジエーターのステップで何が起こるかを選択することができます。 任意のステップをクリックして(左から右へ)上下にドラッグすると、ステップ上に異なるシンボルが表示されます。 グラフの上半分は様々なアルペジエーターのパターンで、典型的なアルペジエーターのように、音符の出力がステップごとに連続して変化するようになっています。

UP:普通のアルペジエイターのUpと同じです。

 

DOWN:普通のアルペジエイターのDownと同じです。

 

UP/DOWN:普通のアルペジエイターのUP/DOWNと同じです。

 

DOWN/UP:普通のアルペジエイターのDOWN/UPと同じです。

 

up and down:すべての音を上に上げてから下に下げ、両極端(最高音と最低音)の音を2回鳴らします。

以下は「Burn to midi」の結果です。

最高音と最低音で2回なります。(MIDIノートがかなり短いですが)

 

down and up:  すべての音を下に下げてから上に上げ、両極端な音(最高音と最低音)を2回鳴らします。

以下は「Burn to midi」の結果です。

「up and down」と始まりが最高音からと言う以外は同じです。

 

fingered bottom:すべての2音目はコードの低音になります。

以下は「Burn to midi」の結果です。

奇数が全て最低音になります。

 

fingered top:すべての2音目はコードの高音です。

以下は「Burn to midi」の結果です。

奇数が全て最高音になります。

 

コードの何番目の音を再生するかです。

なお、5和音で「6」を指定した場合はまた1番目のノートをオクターブ上で再生します。

例えば以下の5和音を入力します。

「Cthulhu」のARPは以下のように設定します。

以下は「Burn to midi」の結果です。

6番目は1番目の1オクターブ上でで再生されています。

 

Xfer Recordsのカッコいいコード進行が簡単に作れるCthulhuの使い方②(パラメータ解説編)まとめ

次回は「Arpeggiator」の「Step」を解説していきます。

 

コメント