【無料】Rhythmic Robot AudioのLo-Fi好きにおすすめしたいKontakt音源の紹介

DTM
スポンサーリンク

要KontakFull版です。

Rhythmic Robot Audioさんの無料のKontakt音源のご紹介です。

Rhythmic Robot AudioさんはLo-Fi系のKontakt音源を多数リリースしていますが、一部無料の音源もあります。

無料と思って侮っていましたが、これがかなり良いのでLo-Fi好きの方でKotaktFull版お持ちの方は是非試して欲しいです。

要アカウント作成ですが、それほど面倒ではありませんし、その労力の価値は十分にあるかと思います。(音をちゃんと載せてますので、確認してください)

無料のKontakt音源は全部で6(1つはお試し版)つあります。

今回特におすすめなのがNanoMod 7とCommodore 64 Sessions Deluxeです。

NanoMod 7は音作り判らんという人に触ってみて欲しい音源で、簡単に色々な音が出て楽しくなると思います。

NanoMod 7 – FREE

NanoMod 7かなり良いです。

そしてNanoMod 7はKVR Developer Challenge 2014に出ていたんですね。

KVR Developer Challenge 2021も開催中ですので、知らない方、まだ投票していない方は是非以下の記事を読んでみて下さい。

 

エンベロープが特に良くて、微調整は出来ませんが、ノブを回すだけでMellotronの様な音になったり、Pluckの音になったりします。

これ初心者はもちろん時短になるから簡易エディット版としてシンセに付けたら超良い機能だと思うんですけど。
(有料であれば欲しいなと見てみましたがなんか無さそうです、う~ん)

しかも「GLITCH」を押すとパラメーターをランダマイズしてくれるので、これだけで色々なバリエーションが得られます。

破綻しない音がちゃんと出るのも非常に評価が高いです。

概要

NanoMod 8-Bitは、NanoModインターフェイスのパワーを、ビンテージ8ビット・デジタル・シンセサイザーのシャイニーでエイリアスの効いたグリッターネスに注ぎ込みます。焼け付くようなシンセ・リードからクランチーなパッドまで、8-bitは80年代のクラシックなポリシンセの重厚さと筋肉をその中心に持っています。

Wave 1は、2つのノコギリ波とPWMパルスを組み合わせて厚くデチューンしたもので、動きと力強さを表現しています。非常にラフでアグレッシブなウェーブです。

Wave 2は、BreathとAirのコンポーネントと多くの高周波ノイズを含む、典型的な初期ディジシンセの波形です。この波形を使うと、”空気感のあるパッド “のようなサウンドが得られます。また、Wave 1と組み合わせることで、生々しいノコギリ波のサウンドに艶を加えることができます。

音デモ

Lo-Fiの感じがたまらない音がします。

ザラっとした音やギラギラした音も自由に調整できます。

このエディットのし易さはほんと普通のシンセに簡易エディット用として搭載して欲しいGUIです。

 

ダウンロード

Commodore 64 Sessions Deluxe – FREE

BPBさんとのコラボで作られたKontakt音源だそうです。

無料でこのクオリティは中々無いかと思いますのでチップチューン好きの方は是非。

 

概要

コモドール64です。1980年代半ばに発売されたもう一つのコンピュータは、内蔵されたSIDチップのおかげで、オーディオの分野でも高い評価を得ていました。SIDは、当時の家庭用コンピューターの可能性の限界を押し広げたことで、カルト的な人気と評価を得ている。プロオーディオではAtari STの内蔵MIDIが市場を席巻していたが、C64は民生・教育分野でBBC BやSpectrumなどと対決し、音楽的には彼らを圧倒したのである。SIDチップを搭載したことで、同時代のシンセサイザーよりもはるかに複雑で多彩な機能を備えており、チップミュージック愛好家の間では、現在でも歴代の名機の中でトップに君臨している。

BPBのロゴThe Commodore 64 Synthesizer Sessions Deluxeは、Rhythmic RobotとBedroom Producers’ Blogとのユニークなコラボレーションです。BPBの運営者であるTomislav氏は、熱心なSIDチップの愛好家であり、毎年開催されるKVRのフリーウェアコンテストに刺激を受けて、クランチーなコモドールパッチの宝庫をサンプリングするためにあらゆる手段を講じました。このライブラリには30個のパッチが含まれており、コモドール64ホームコンピュータの3つの異なるバージョンからサンプリングされています。Mongoはコーディングをして、KontaktのUIを前面に押し出しました。その結果、オールドスクールなローファイ・グリットの小さなライブラリが完成しました。

このライブラリは、通常の製品とは異なり、コラボレーションしています。他のすべてのインストゥルメントは、ここラボで私たちがサンプリングしていますが、フリーウェアのコンペティションで力を合わせるのは楽しいことなので、今回は例外としました。

 

音デモ

この音源はデモもあるので載せときます。
(James Stringerさん)

プリセットが30ありエディットも出来るの音のバリエーションが多いです。

 

 

ダウンロード

 

 

PatchVault taster – FREE

PatchVaultシリーズのお試し版です。

音のバリエーションが少ないですが、ちゃんと使えます。

無料のKontakt音源は基本的にGUI操作が殆ど出来ない音源が多いですが、これはPatchVault tasterはしっかりエディット可能です。

 

概要

PatchVaultは、昔のシンセサイザーのパッチを集めたコレクションで、どんどん増えていきます。昔のハードウェアからオリジナルの本物のサウンドを取り出し、シンプルでパワフルなインターフェースで包み込んだPatchVaultは、そのサウンドを簡単に手に入れることができます。

インターフェイスは、ハンズオンですぐに調整できるように設計されています。また、MIDIベロシティをアンプとフィルターのカットオフにマッピングすることができるので、オリジナルのハードウェアではほとんど見られなかったプレイアブルな表現が可能です。また、コーラスとチューブ・サチュレーションでサウンドを強調し、さらに、熱狂的なアナログ・ウェーブを抑制するリミッターも備えています。オリジナルの工場出荷時のパッチをそのまま使用したい場合は、現代的な追加要素はすべて簡単にオフにすることができます。

これは、PatchVaultのパッチがあなたのミックスでどのように機能するかを体験していただくための無料の試供品です。これは、ローランドの超クールなシンセサイザーJupiter 6の最初のファクトリーサウンドです。このサウンドが気に入ったら、Jupiter 6の全サウンドセットをチェックしてみてください。

音デモ

お試し版なので音色が1つだけなので、得られるバリエーションは少ないです。

 

 

ダウンロード

 

PanaRhythm – FREE

PanaRhythmは1つのドラムキット(キック、スネア、ハイハット)と1オクターブ分のスネアが収録されています。

概要

PanaRhythmは、カーブートセールで手に入れた奇妙な小さなプリセットリズムボックスをサンプリングした結果です。たった3つのサウンドと使い古されたパターンしか搭載されていなかったので、あまり期待していなかったのですが、結果的には非常に強力で個性的なスネアサウンドが得られました。(スネアを1オクターブに渡って鳴らすことでピッチのバリエーションを持たせ、サウンドをランダムにラウンドロビンさせることでアナログ的な不確かさを音色に取り入れています。小さなスネアマシンが無料で手に入ります。

 

音デモ

使い所があるか判りませんが、気持ち良い音がします。

 

 

ダウンロード

 

Doctor 33 – FREE

Boss DB-33を再現した音源(メトロノーム)です。

あまり使い道は無いかなと思ったのですが、Youtubeで面白い動画を見つけました。

概要

Doctor 33は、BOSSのファンキーな人たちが作った、ちょっと不思議な作品です。Doctor 55やDoctor 110といった大型のビートボックスとは異なり、Doctor 33はドラムマシンではなく、メトロノームです。4つの組み合わせ可能なオンボード・リズムを搭載し、ホストDAWにテンポ・シンクします(これらにはクールな3連符も含まれています)。そして、メトロノーム・サウンドに強く共鳴する硬質なサウンドのフィルターをもたらす「トーン」コントロールを追加しました。リズムが演奏されている間にこのコントロールをスイープすると、奇妙で魅力的な効果が得られ、特に適切なドラムビートに重ねると効果的です。

パーカッシブなサウンドはレベル調整やパンニングが可能で、必要に応じてオンボードのリズムと一緒に演奏することもできます。Doctor 33は、あなたのビートの背景にアナログ的な奇妙さを加えるための、すてきな小さなボックスです。

 

音デモ

 

ダウンロード

 

Jacky – FREE

キック、スネア2種、ハイハットの4音4レイヤーです。

ストーリー的には面白いですが、音としては使う所が個人的には見つかりません。

 

概要

Jackyは、スタジオでのちょっとした災難から生まれました。面白そうなLuxor Jackyという小さなトランジスタオルガンを買って、その音や搭載されているリズムをサンプリングしようと思っていたのです。しかし、悲劇的なことに、リズムセクションをやり終えたところで、ジャッキーは煙を吐き出し、悲しげな音を出してしまったのです。復活の見込みはなかった。残ったのは録音したリズムだけだったので、それをフリーにしました。

Jackyは、組み合わせ可能な5つのトランジスタ・リズムで構成されています。ウォームで少し硬質な音色で、ドライブとコンプレッション・コントロールで少しパンチを効かせています。また、個々のドラムヒットもマッピングされていますので、使用することができます。これらのサウンドは、トラック全体を支配するものではありませんが、他のサウンドとの相性が良く、ビンテージな雰囲気を醸し出しています。そして何よりも、もちろん無料です。

 

音デモ

 

ダウンロード

スポンサーリンク
DTM
Chillout with Beats

コメント