【無料】Linda Audioの無料とは思えない超多機能コンプSonicrusherの紹介(Winのみ)

無料プラグイン
スポンサーリンク

Music Software Bundles from Pluginboutique.com

Linda Audioの超多機能コンプSonicrusherの紹介

ちょっと今年の無料コンプは当たりが多いです。

有料で販売されるようなクオリティが無料ですからほんと驚きです。

Linda Audioさんは新しいデベロッパーさんかと思ったのですが、2020年にRock AmpをAudifiedさんのブランドでLinda RockStackをリリースしています。

「Linda」と名前が付いているLinda IronVerbもLinda Audioさんがメインで開発したプラグインかと思います。

クオリティがあまりに高かったのでバックグラウンドがあると思いましたが、納得です。

 

音デモ

かなり音作りが出来ます。

これでグルーヴの調整とか出来ちゃいます。

しかもオートゲイン付きという有料でもあまり付いていない機能が付いています。

あとインプットとアウトプットそれぞれでGain調整が出来て、クリッパーまで付いてます。

ほんと無料というのが信じられないレベルです。

 

こっちの動画の方が効果は判り易いかもしれません。

ゲインマッチしています。

 

概要

リンダオーディオがSonicrusherをリリースしました。Sonicrusherは本物のハードウェアをモデルにしていませんが、穏やかで透明なコンプレッションからドラムを激しく叩くような極端なコンプレッションまで、あらゆるコンプレッションが可能です。高速でハードなトランジェントシェイプを行うモダンレベル検出モード(フィードフォワード)と、より穏やかなヴィンテージ検出モード(フィードバック)で動作させることができます。ハイパス(ローパスも可)サイドチェインフィルターを搭載しており、ニーとRMSを調整することができます。また、”Split “モードでは、わずかに異なるパラメータで高域を別々に圧縮することができます(ボーカルやいくつかのシンセサイザーに便利です)。もう一つの特別な機能は “Crush “です。オーバードライブ付きのバンドパスまたはハイパスフィルターで、コンプレッションされた信号に生命力を与えることができ、実際のコンプレッションで制御することも可能です。また、スレッショルドを調整できるクリッパーや、ドライ/ウェットミックスもあります。また、自動ゲイン補正も可能です。

現時点では、Windows用のVST2およびVST3プラグインのみが提供されています。以下はダウンロードのリンクです。

 

 

ダウンロード

ダウンロードは登録不要で出来ます。

上記リンクより遷移し、少しスクロールさせるとダウンロードリンクがあります。

基本的にはVST3版をダウンロードすれば大丈夫です。

VST3に対応していないホストを利用している場合に限りVST2の64bit版をダウンロードしましょう。

リンクをクリックするとDropboxに移動しますので、「ダウンロード」をクリックします。

クリックするとダイアログが表示されますが、ダウンロードが始まります。
(もし始まらない場合はもう一度ダウンロードをクリックしてみて下さい)

 

インストール

ダウンロードしたファイル「Sonicrusher.vst3」を以下のVST3フォルダのパスに入れればインストール完了です。

C:\Program Files\Common Files\VST3

 

まとめ

間違いなく2022年下半期にリリースされたプラグインで上位5には入る出来です。

この素晴らしいプラグインが無料というのが驚きです。

色々機能がある為、まだ全容を把握しきれていないので、じっくり使っていきたいと思います。

残念なのはGUIサイズの変更が出来ない事とサイドチェインインプットが無い事位です。

無料でここまでクオリティが高いと有料のLinda IronVerbが気になります。

CM版があるのでチェックしてみようと思います。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました