FLStudioの使い方 PatcherのプリセットでDynamic EQを簡単に作る

FL Studio
スポンサーリンク

FLStudioの使い方 PatcherのプリセットでDynamic EQを簡単に作る

Chillout with Beats の管理人 yosi です。

以前作ったのですが、もっと簡単に高性能なDynamic EQを作れることが分かったので、ご紹介します。

以前の記事はこちらです。

この記事を読むと以下の事が判ります。

・簡単にFLStudioのPatcherを使ってDynamic EQが作れます。

早速作っていきます。

PatcherでDynamic EQを作る

Patcherの設定

Patcherを読み込む

まずミキサー1からミキサー2にサイドチェインを設定します。

ミキサー1を選択した状態で、ミキサー2の▲を右クリックして「Sidechin to this track」をクリックします。

Patcherをミキサー2に読み込みます。

Patcherでプリセットを読み込む

Patcherを開き右上のプリセットから「X Youlean」->「Dynamic EQ 3 Band」を読み込みます。

「Map」をクリックします。

Sidechinのインプットを作る

「From FL Studio」のアイコン上で右クリックから「Option」->「Audio」->「Insert 1」をクリックします。

Sidechinのインプットが出来上がります。

次に「Param EQ」のインプットに接続されている線を外します。

そして先ほど作ったサイドチェインを接続します。

ここは判り辛いので動画を用意しました。

以上で完成です。

効果を判り易くする為に、「MAIN EQ」を表示されてから「Surface」をクリックします。

これも動画を用意しました。

 

PatcherでDynamic EQの動作確認

ミキサー1がボーカル等のトリガーとなります。

ミキサー2はミキサー1の入力をトリガーに特定の周波数にEQが動的に掛かります。

以下の様な感じです。

EQの周波数、Qはもちろん、アタック、感度等設定出来ます。

FLStudioの使い方 PatcherのプリセットでDynamic EQを簡単に作るまとめ

かなり簡単なのに効果が素晴らしいですね。

そしてGUI的にもシンプルで使い易いです。

動画ではボーカルでしたが、ドラムとベースで被りを回避するのにぴったりです。

コメント

Translate »