【無料】ESWのLofiやTrapに使い易いKotakt不要のギター音源Vinyl Guitarの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

 

EchoSoundWorksさん(以降ESWさん)で無料でKontakt不要のLo-Fiギター音源がリリースされました。

少しだけ最初の手順が手間取る可能性があるので、記事化しました。

・EchoSoundWorks Vinyl Guitarの概要とダウンロード
・EchoSoundWorks Vinyl Guitarのライブラリのインストール方法

 

EchoSoundWorks Vinyl Guitarの概要とダウンロード

概要

Vinyl Guitarは、キャラクター・ギター・プラグインです。実際のレコードプレーヤーでギターをサンプリングし、そのサンプルから演奏可能な楽器を作りました。

レコードプレーヤーからサンプリングするという拘りようです。

 

ダウンロード

ダウンロードは以下のリンクより遷移し「FREE DOWNLOAD」をクリックして購入手続きをします。(処理だけでお金は掛かりません)

必要なのは名前とメールアドレスのみです。

 

EchoSoundWorks Vinyl Guitarのライブラリのインストール方法

インストールはVST3なので特に何も指定せずサクサク進むと思います。

DAWでスキャン後起動すると選択肢が2つ表示されますが、②の手順は再インストール時等の場合なので、今回は①のみ解説します。

①Install Samples

①Install Samples

通常はこちらの手順です。

「①Install Samples」をクリックするとダイアログが表示されます。

インすトーラーと一緒に入っていた「VinylGuitar_1_0_0_Samples.hr1」をダイアログで開きます。

すると以下のメッセージが表示されます。

何処にライブラリをインストールするのか聞かれているので、指定します。

もしCドライブに空きがあるならVST3と同じ場所にフォルダを作って入れると良いかと思います。

VST3の場所は以下の通りです。

Win

C¥ProgramFiles¥CommonFiles¥VST3

Mac

Users/your username/Library/Audio/Plug-ins/VST3

フォルダを選択すると以下のような確認画面が表示されます。

そのまま「OK」をクリックします。

問題無ければ以下の様なメッセージが表示されますので、プラグインを再度読み直します。

FLStudioの場合は歯車アイコンから「Setting」の「Reload plugin」をクリックすると再読み込みされます。

無事に起動されるとこんな感じです。

まとめ

普通のギター音源はKontaktのデフォルトでもありますが、Lo-Fiとなるとなかなか無いのでありがたいですね。

そしてKontakt不要で使えて、各種パラメータも変更出来るって素晴らしいです。

今後色々な音源がリリースされるかと思いますので楽しみです。

 

コメント