【無料】Clarkaudioでローファイなピアノ音源LO-FI KEYSの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

【無料】Clarkaudioでローファイなピアノ音源LO-FI KEYSを無料配布

予約公開設定ミスってました・・・

これ無料はうれしいです。

軽くて良い感じのLo-Fi感、そして無料。

本当は昨日紹介しようと思ったのですが、DLLがDAWで全く認識してくれなかったので困っていましたが、間違いがあったようで修正版がリリースされました。
(無事音が出ました)

Delayのみ掛けていて今月のおまけのDubstation 2を使っています。

 

ダウンロード方法

以下のリンクより遷移します。

メールアドレスと入れる箇所があるので、入力し「DOWNLOAD」をクリックします。

後はダウンロードリンクが表示されますので、該当するOSのリンクをクリックします。

ダウンロードしたファイルを開くとVST2とVST3版があります。

両方でも良いですし、片方だけインストールでも何ら問題ありません。

インストールはVSTフォルダにDLL又はVST3ファイルと「Lofikeys.instruments」フォルダをドラッグアンドドロップすればOKです。

LO-FI KEYSの使い方

正直使い方はパラメータが少ないのでどうで基本プリセットまんまを使う事になると思います。(Attackは変えると結構音の変化があります)

ただ注意点があるので書いときます。

Lo-Fiと謳うだけあり、チューニングが甘いです。

特に「KEYSーVintage Detune」以降のプリセットは殆どチューニングが違うので、そのまま使えません。

以下の動画では「C5」を弾いていますが、「KEYSーVintage Detune」では「A4」になってしまいます。ここは手動でなんとかするしかありません。

もし使うプリセットを決めた後ならFLStudioの場合、音階をオフセットする事が可能です。

スパナアイコンをクリックして、ずらしたい音の鍵盤を右クリックすればOKです。
(要はC5を押した時にチューナがC5になる様に鍵盤を右クリックすればOK)

 

【無料】Clarkaudioでローファイなピアノ音源LO-FI KEYSを無料配布まとめ

チューニングは残念ですが、軽くてLo-Fi感たっぷりな音源が無料と言うのは良いですね。

チューニングも直してくれたらいいのになー。

それはそうとSmooth Operatorが結構良いです。

Trackspacer的な使い方も出来るので優秀です。

もうちょっと検証して多分記事書きます。

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント