【無料可】Analog Obsessionのドラムに使うと良い感じにしてくれるSweetDrumsの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

今日はドラムに使うと良い感じにしてくれるSweetDrumsの紹介です。

何にでも使える訳では無いのですが、ハマると良い感じです。

パラメータも1つだけなので、試して駄目なら次と言う感じで使うと良いかと思います。

この記事は以下の内容でお送りします。

・Analog ObsessionのSweetDrumsの概要とダウンロード
・Analog ObsessionのSweetDrumsの周波数特性

 

Analog ObsessionのSweetDrumsの概要とダウンロード

あなたのドラムに命を吹き込むための最高のソリューション たくさんのインテリジェントなプロセッサーが、たった一つのノブで連動します。

ワンノブですが、色々な処理が中で動いているようです。

こんな感じです。

なおGainMatchをして極力

以下のリンクより遷移します。

下図の赤枠部分からダウンロード出来ます。

Chromeの場合は右クリックから「名前を付けてリンク先を保存…」をクリックしないとダウンロード出来ません。

Analog ObsessionのSweetDrumsの周波数特性

ワンノブなので使い方も何も無いので、周波数特性を見てみました。

「Process」が「0」の時の周波数特性。

ハイが結構がっつり削られます。

「Process」が「30%」の時の周波数特性。

全体的にGainが大きくなり、850kH辺りが3.5dB位ディップしています。

「Process」が「70%」の時の周波数特性。

680kH辺りが6dB位ディップしています。

「Process」が「100%」の時の周波数特性。

630kH辺り8dB位ディップしてます。

このEQの特性を見るツールだとサチュレーションの様な倍音が発生している場合、Gainの上昇としてとらえてくれませんので注意が必要です。

「Process」が「0」の時でも少し倍音が発生しています。

440Hzのサイン波をSweetDrumsに入れた結果です。

このまま「Process」を上げていく様子を動画にしてみました。

サイン波が鳴りますので音量にご注意願います。

結構倍音が変化しています。

 

まとめ

ワンノブですが、しっかり内部で色々処理されている感じが流石Analog Obsessionさんです。

無料でも使えると言うのが本当に素晴らしいです。

一応$5だけですが、少しでもサポートになればと私もPatronに参加しています。

Patronで無料リリースというビジネスモデルが成り立てば後を追うデベロッパーさんも増えていくと思います。

実際に以前に比べPatronで無料リリースするデベロッパーさんの数は増えています。

今後もそういうデベロッパーさんを応援していきたいと思います。

スポンサーリンク
プラグイン
Chillout with Beats

コメント