【無料】AdamszaboのVirusに搭載されているフェイザーをエミュレートしたPhazorの紹介

プラグイン
スポンサーリンク

【無料】AdamszaboのVirusに搭載されているフェイザーをエミュレートしたPhazorの紹介

既に紹介したと思っていましたが、まだでした。

無料のモジュレーション系だとこれは持っておくと良いです。

Virus vs. Phazor

ダウンロード方法

以下のリンクから遷移します。

少しスクロールすると「PHAZOR DOWNLOAD」がありますのでクリックします。

登録不要でダウンロード可能です。

概要

PhazorはVirusシンセサイザーのフェイザー効果をエミュレートする無料のエフェクトプラグインです。オリジナルに近いサウンドにするために多くの時間が費やされ、すべてのコントロールはVirusのフェイザーのように動作するように慎重に調整されています。LFOでコントロールされる1~6段のオールパスフィルターを選択可能で、スプレッドとフィードバックのコントロールを備えています。プラグインは高度に最適化されており、CPU使用量は最小限に抑えられているので、プロジェクトで複数のインスタンスを使用することができます。
Phazorは、WindowsとMac用の32ビットと64ビットのVSTエフェクトとして提供されています。

Phazorを無理やりBPM同期させる方法

Phazorは残念ながらBPMに同期しません。

ちょっと強引な方法を使うとBPM同期出来て使う幅が広がります。

FLStudioであれば「Fruity peak controller」を使うと簡単です。

こんな感じです。

「Fruity peak controller」と「Phazor」の紐づけ

まず「Fruity peak controller」と「Phazor」をミキサーに読み込みます。

まず「Phazor」の「RATE」を一番左「0」にします。

これをやらないとフリーズする可能性があります。

次に「Phazor」の「FREG」つまみを少し動かします。

左上の▼から「Brows parameters」をクリックします。

ブラウザ上に「Phazor」の「Freq」が選択されている状態で表示されます。

「Freq」の上で右クリックから「Link to controller…」をクリックします。

「Internal controller」の「(none)」をクリックして「Peak ctrl – LFO」をクリックします。

「Accept」をクリックします。

これで「Fruity peak controller」と「Phazor」が紐づきました。

「Fruity peak controller」の設定

初期の状態だとLFOは動いていません。

ですから動かすには「VOL」のつまみを右に動かします。

あとは「SPEED」を右クリックから「SET」で選択すればBPMに同期します。

「4」は1Beat(1拍)なので「16」で1小節です。

実際のつまみの動きを見ながら調整すると良いです。

動画を撮りました。

【無料】AdamszaboのVirusに搭載されているフェイザーをエミュレートしたPhazorの紹介まとめ

Adamszaboさんでは有料プラグインでViper(89.00 €)JP6K(25.00 €)があります。

これが結構前から気になっているので、今回のセールで結構安くなるならいくか悩み中です。

セール情報が出たら取り上げるので、是非チェックしてみて下さい。

コメント