Xfer Records Serumが1.30b4にアップデート(解説付き)

ニュース
スポンサーリンク

Xfer Records Serumが1.30b4にアップデート(解説付き)

Chillout with Beats の管理人 yosi です。

新規機能に対してどういう機能なのか解説を付けます。
(どうしても判らない場合は、解説無しとします)

アップデートの仕方とアップデートするタイミングについては以下の記事を参考にして下さい。

Serum 1.30b4のアップデート内容

全部で4つです。

Add: (Logic) Wav render export now exports 24-bit when running in Logic.

Add: (Logic) support for drag-import from the Project folder in Logic’s browser (previously only the Files/media browser was supported)

Add: “Send to Noise Oscillator” in the WT Editor->Single menu 

Add: drag LFO to noise osc for a single-cycle waveform render to noise osc

新規機能1

追加。(Logic) Wav レンダーのエクスポートが Logic で実行されているときに 24 ビットでエクスポートされるようになりました。

DAWのLogicを使った時にWavレンダーが24bitで出力されるようになったようです。

Logicに限った話のようです。

Logicは持っておらず確認出来ない為、割愛します。

新規機能2

(Logic) Logic のブラウザでプロジェクトフォルダからのドラッグインポートをサポート (以前は Files/Media ブラウザのみサポート)

こちらもLogicを持っていいない為、割愛します。

新規機能3

追加:WT Editor->Singleメニューの “Send to Noise Oscillator “を追加。

「WT Editor」のSingleメニューに「Send to Noise Oscillator」が増えました。

これは面白いですね。

WaveTalbeの1波形をNoiseオシレーターに送る事が出来ます。

音程はMIDIノートで変えられないので、エンベロープで動かすような用途で使うことになります。

 

新規機能4

Add: シングルサイクル波形のために LFO をノイズ osc にドラッグしてノイズ osc にレンダリング

LFOをノイズオシレーターにドラッグするとオシレーターとして使えます。

これに関してはあまり利用用途が思いつきません。

 

コメント

Translate »