【無料】UVI DIgital SynsationsをNKSに対応させる方法

DTM
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【無料】UVI DIgital SynsationsをNKSに対応させる方法

Chillout with Beats の yosi です。

いきなりですが、私、マウスでプリセット変更するのが大嫌いなんですよね。

NKSによるMaschineやKompleteKontrolでのプリセット変更はもう最高に嬉しい訳ですよ。

そんな訳でひたすらNKS未対応のシンセなんかをNKSに対応させる方法を調べました。

有料、無料で配布しているサイト幾つか見つけのと、あと自分で作る方法も判ってきたものの結構難易度高めです。

とりあえずこの記事ではUVI DIgital SynsationsでNKS対応をさせる方法をご紹介します。

UVI DIgital SynsationsのNKS対応方法

NKS librariesへ行き「UVI DIgital Synsations – PJP.zip」をクリックします。

以下の画面で、ダウンロードアイコンをクリックします。

 

ダウンロードしたら解凍し「Installation.txt」に従ってインストールします。

dist_database

「dist_database」フォルダの中身全てをコピーします。

以下のフォルダに入れます。

Windows: C:\Users\Public\Documents\NI Resources\dist_database
MAC: /Users/Shared/NI Resources/dist_database

image

「image」フォルダの中身を以下のフォルダに入れます。

Windows: C:\Users\Public\Documents\NI Resources\image
MAC: /Users/Shared/NI Resources/image

Preset Files

「Preset Files」フォルダの中身を以下のフォルダに入れます。

場所を変えている場合は変えた場所を指定します。

WIN: C:\Users\[USER]\Documents\Native Instruments\User Content
MAC: Users/[USER]/Documents/Native Instruments/User Content

Maschineから使う場合

Maschineを起動し、「File」->「Preferences」->「Library」を開きます。

「User」をクリックし、「Rescan」をクリックします。

Maschineのブラウザから「Instruments」をクリックし、「ユーザ」アイコンをクリックします。

「All Instruments」に「Digital Synsations」が表示されていれば完了です。

カテゴリーもしっかり分かれていて最高です。

KompleteKontrolから使う場合

KompleteKontrolを起動し、「edit」->「Preferences」->「Library」を開きます。

「User」をクリックし、「Rescan」をクリックします。

ブラウザから「Instruments」をクリックし、「ユーザ」アイコンをクリックします。

「All Instruments」に「Digital Synsations」が表示されていれば完了です。

まとめ

UVI DIgital Synsations は丁度無料で配っていますので、NKSに対応出来たら最高ですね。

 

 

コメント