【無料】Lo-Fi系にも使えるリバーブYoinの紹介

ニュース
スポンサーリンク

【無料】Lo-Fi系にも使えるリバーブYoinの紹介

時間が無いので軽い記事ですが、個人的には超おすすめです。

新しいデベロッパーOwlolanternさんのリバーブYoinの紹介です。

音はこんな感じの歪み成分ありだけど、何ともいえない荒廃感がたまりません。

ピアノに掛けてみました。

 

ダウンロード方法

以下のリンクより遷移し、「Download:」からダウンロード出来ます。

 

概要

今日はOwl O’Lanternsの最初のリリースであるYoinを紹介します。このフリーのプラグインは、歪んだエフェクトのかかったリバーブで、クリーンなギターサウンドを悲しい少年の音楽に変えたり、ボーカルに少しの嫉妬心を与えたりするのに最適です。WindowsとMacに対応しています(ユニバーサル・バイナリです)。

その他

残念なポイントが2つあります。

・CPU負荷が結構高い
・プリセットが無い

 

CPU負荷が結構高い

レイテンシーは88Sampleで2msと小さいのですが、CPU負荷が馬鹿に出来ません。

Core i7-4770K 3.5GHzの環境で30%程使います。

スペックの良いマシンを使うか、フリーズ(Wav化)して使う必要ありかと思います。

FLStudioでのフリーズについては以下の記事で書いてますので知らないという方は是非読んでみて下さい。

 

プリセットが無い

パラメーター少ないのでそんなには困りませんが、やっぱりプリセットは欲しい所です。

基本DAWにプリセット保存機能は付いていると思いますが、FLStudioの場合、左上の▼から「Save Preset as」で保存出来ます。

保存したプリセットは右上の「Presets」から選択出来ます。

【無料】Lo-Fi系にも使えるリバーブYoinの紹介まとめ

Owlolanternさんの所では他にもFazuというベース向けディストーションプラグインも無料配布していますので、是非そちらもチェックしてみて下さい。

今後どんなプラグインをリリースしてくれるのか楽しみです。

コメント