【無料可】Analog ObsessionでFet Bundleリリース

ニュース
スポンサーリンク

【無料可】Analog ObsessionでFet Bundleリリース

過去リリースしたプラグインのアップデート版です。

Big Sur(Intel/M1) もサポートされました。

1176をモデリングしたFETISHはGUIもかなり変わっています。

洗練されて良い感じだと私は思います。

サイドチェインも付いているし、オーバーサンプリングもOn,Off出来ます。

問題は今回プラグインの名前が変わっていて、どんどんプラグインが増えてします事でしょうか。

 

 

概要

— FETISH —

– INPUT。0~60dBの拡張入力ゲイン。内部で補正された入力ノブで回路を駆動し、コンプレッションを得ることができます。オリジナル・ギアでは、入力は補正なしで信号をブーストする。FETISHでは、入力をブーストしながら音量を下げる必要はない。

– 出力:-30〜+30dBのメイクアップゲインで圧縮信号を補正

– ATACK:20~800マイクロ秒 逆転ノブで混乱なく調整可能。

– リリース:50ms~1.1sec(ノブを逆にして調整)。

– RATIO: 4:1、8:1、12:1、20:1を選択可能。それぞれが独自のカーブを持ち、圧縮を開始する範囲も異なります。最も低い比率では、入力を上げたときにすぐに圧縮されるはずです。比率を高くすると、より高い入力ゲインで圧縮が始まります。

– HPF: 20~500HzのHPFで、サイドチェイン回路から低周波を逃がします。コンプレッサーがローエンドに触れないようにします。

– MID F.(周波数500Hz~10kHz) / MID G.(ゲイン-6dB~+6dB)。この2つのツマミで中域の周波数を設定し、圧縮の強弱を設定します。MIDゲインを上げると(ブロードバンド)、選択された周波数でより多くの圧縮が得られます。中域のゲインを下げると、中域の圧縮が弱くなります。

– HF: HFノブは、高域をより圧縮するのに役立ちます。FLATポジションが高域を自然に保つのに対し、HFポジションは高域をより圧縮します。

– MIX: 圧縮された信号とドライな信号をブレンドすることができます。

– SLAM: この機能を使うと、超高速でアグレッシブなリミッターオプションが得られます。この機能はあらゆるレシオに使用できます。

– EXT: 外部からの信号を圧縮して入力することができます。

– IN プラグインバイパス

— FetDrive —

クラシックFETコンプレッサーのサチュレーション

特徴

– DRIVE:入力レベルを上昇させ(ゲイン補正あり)、信号を飽和させます。入力範囲を広げることで、より多くのドライブを得ることができます。

– TONE: トーンは、ドライブセクションの前にソースを形成します。つまり、プリトーン・コントロールです。どの周波数帯を飽和させるかは、このコントロールで決めることができます。

– MIX:ドライシグナルとウェットシグナルをブレンドします。

– OUTPUT。MIXノブの後の最終的な出力段階です。

– PLUGIN LABEL:通常のバイパスです。プラグインがバイパスされると白になります。

– ANALOG OBSESSION LOGO:オーバーサンプリングを行います。オーバーサンプリングが行われると赤に変わります。また、通知を表示します。

— FetSnap —

クラシックFETコンプレッサーのトランジェントエンハンサー

特徴

– SNAP アタックタイムを向上させ、信号のリリースを減少させます。

– TONE: トーンは、ドライブセクションの前にソースを形成します。つまり、プリトーン・コントロールです。どの周波数帯を飽和させるかは、このコントロールで決めることができます。

– MIX:ドライシグナルとウェットシグナルをブレンドします。

– OUTPUT。MIXノブの後の最終的な出力段階です。

– PLUGIN LABEL:通常のバイパスです。プラグインがバイパスされると白になります。

– ANALOG OBSESSION LOGO:オーバーサンプリングを行います。オーバーサンプリングが行われると赤に変わります。また、通知を表示します。

コメント

Translate »