【無料】VSTが簡単にインストール可能なVSTManagerの使い方

ニュース
スポンサーリンク

【無料】VSTが簡単にインストール可能なVSTManagerの使い方

Chillout with Beats の管理人 yosi です。

始めに申しておきますが、特定のVSTのみ対応していて、汎用的ではありません!

ただ導入するメリットもしっかりあります。

この記事を読むと以下の事を理解出来ます。

・VSTManagerとは何をするもの?
・VSTManagerの導入方法
・VSTManagerの使い方

VSTManagerとは何をするもの?

VSTManagerは簡単にVSTをインストール、アップデート出来る仕組みです。
(Windowsのみ)

ただし、デベロッパーさんが対応している必要があります。

要はiPhoneのアプリの様に簡単にインストール、アップデート出来るのです。

現状使えるのは以下の3つのサイトのみです。

3つ共結構な量のありますのでインストールやアップデートが面倒と言う方は是非導入してみて下さいな。

FullBucketさんと言えば最近話題のFury-800をリリースしたデベロッパーさんです。

 

以前、FBVCを試したFLStudioごと落ちたので、このデベロッパーさん避けてたんですよね。

ただFury-800を試したらいい感じの音だったので、紹介記事を書く予定です。

概要

VST Managerは、「VSTストア」と呼ばれる専用のウェブサイトからVSTプラグインをダウンロードしてインストールする作業を自動化するプログラムです。VST は Steinberg Media Technologies GmbH の商標です。

例えば、http://getdunne.net/Krakli/ の VST Store を参照してください。このサイトでは、多数の無料の VST プラグインの情報を提供しています。各プラグインのページには、スクリーンショット画像、追加情報、ダウンロードリンクが掲載されています。VSTをインストールするには、VSTのダウンロードリンクをクリックし、ダウンロードした.zipアーカイブを解凍し、VSTを保管している場所にファイルを移動します。

VST Managerを使って、”Store “ボックスにストアのURLを入力し、”Select “ボタンをクリックします。次のスクリーンショットのように、そのストアで利用可能なVSTがリストに表示されます。

VSTManagerの導入方法

まずはVSTManagerをダウンロードします。

上記リンク先に遷移し、真ん中位までスクロールし「this link」からダウンロード出来ます。

ダウンロード出来たらデスクトップ等に移動して実行します。

最初警告画面が表示されます。

警告画面について
自己責任でお願いします。
一応ウィルス検知ソフトでのチェックを行いました。

警告自体は発行元が不明な場合に表示されますが、有料のデジタル署名を取得する必要があり無料のソフトウェア(EXE形式)ではほぼ間違いなく出てきます。

「詳細情報」をクリックします。

「実行」の文字がが表示されますので、クリックします。

これで起動出来ます。

VSTManagerの使い方

最初に設定をする必要があります。

VSTフォルダを指定する

VSTのフォルダを指定しましょう。

「Install Location」にコピペして「Select」をクリックするか「…」から直接フォルダを選択して「Select」をクリックします。

 

Storeを設定する

次にダウンロードやアップデートを行う対象のサイトを登録します。

と言っても3つしかないので、コピペの繰り返しで簡単に終わります。

以下の3つのURLを「Store」に張り付けて「Select」をクリックします。

https://www.fullbucket.de/music
http://getdunne.net/Krakli
GyL Synths VSTs

 

一度登録すると後はリストに残ります。

インストールする場合は、チェックボックスにチェックを入れて「Install」をクリックするだけです。

インストールしたプラグインは「Local」側に表示されて、アンインストールも楽々です。

アンインストールする場合はチェックボックスにチェックを入れて「Uninstall」をクリックするだけです。

 

コメント