今月のComputerMusicMagazine(400円)を買って新しくなったZebra CMを貰おう(入手方法も解説)

ニュース
スポンサーリンク

・Noise EngineeringでRuina、Sinc Vereor、Virt Vereorがマルチフォーマットに対応しました。( VST, AU, AAX, and Rack Extensions )

これは試していないので情報のみです。

Blackoctopusで11/1までハロウィンセール開催中。

サンプルパックが最大50%OFFです。

T-RackS TASCAM® Tape Collectionがリリースされました。

是非これもグループバイに入れて欲しい所ですが・・・流石に無茶か。

さて本題です。

いや~Zebra CMはかなり良いです。

400円で手に入るレベルでは無いです。

使い易く音も良くプリセット数が多いので申し分なしです。

CPU負荷は体感的にはSerumと同等と言った感じです。
(まあまあ負荷あります)

ComputerMusicMazazineを購入した事無い方に簡単に説明すると、400円でデジタル雑誌を買うと購入特典として無料でプラグインが付いてきます。

その無料プラグインが今月はU-HEさんのZebra CMなんです。
(多分今後の号にも付属すると思います)

以前もZebra CMって付属していたのですが、今回一新されました。

プリセットを鳴らしてみました。

ほんと良いですね。

Filterの種類も豊富です。

 

タイトルの400円はiPhoneでComputerMusicMagazineのサブスク加入した場合の金額です。
(要1カ月以内の解約)

契約して即解約でも1ヵ月有効です。

普通に購入した場合は730円です。
(320円で手間を取るかどうかです)

まだComputerMusicMagazineのサブスクに加入した事無い方は無料トライアルがあります。(1カ月以内に解約すれば無料)

キャンセル方法含めサブスク加入方法は以下の記事で書いています。

 

Zebra CMの入手方法

アカウントの作成

まずはFilesiloという所でアカウントを作成します。

お持ちの方は飛ばして下さい。

FilesiloはComputerMusicMagazine等のデジタルコンテンツを配信するサイトです。

遷移したら右上の「REGISTER」をクリックします。

登録は以下の内容を入力してチェックボックスにチェックを入れて「Register」をクリック

 

登録後はログインして購入した号をクリックします。

今回のお目当てNo.301をクリックします。

以下の画像は別の号ですが、このような問題が出されます。

「Wat is the first word in the first headline on p7」なので、7ページ目のヘッドラインの最初の言葉はなにか?という意味です。

クイズに回答するとロックが解除されダウンロード出来るようになります。

今回のお目当てはこちらです。

特に難しいことなくダウンロード、インストール可能です。

まとめ

最高です。

これは持って置きたいプラグインです。

これはしっかり使い方を理解したくなりますね。

記事を書くかはちょっと考えます。

スポンサーリンク
ニュース
Chillout with Beats

コメント

Translate »