【無料】AirwindowsでMackie 1202のプリアンプをエミュレートしたMackityをリリース

ニュース
スポンサーリンク

【無料】AirwindowsでMackie 1202のプリアンプをエミュレートしたMackityをリリース

これ良いですね。

Mackie 1202のプリアンプ部をエミュレート?したそうです。

動画を見ると実際にMackie 1202を通した音と比べているのですが、かなりそっくりです。

RX950との相性も良いです。

 

 

 

概要

Airwindows Mackity: Mac/Windows/Linux AU/VST

見つけて買って、使ってみて、今までやったことのないような違いを学び、その狂気を捉えようと決意しました。

これは、オリジナルのMackie 1202の入力に何かを接続して、ユニットの背面にあるインサートポイントに半分ずつ接続したときに得られるものです。今回は、2バンドEQのモデリングなどではありません。今回は、2バンドEQのモデリングなどではなく、Mackie Slamの洗練されたエッセンスを表現しています。

しかし、Airwindowsのクリスの言葉を借りれば、私の選択とテクニックによって、Mackityはかなり完璧に近い雰囲気を得ることができました。本物の安いオペアンプのようなノイズは発生しませんが、純粋なアナログマシンのようなスポンジのようなスラム感と輝くような脳天気なオーバーロードを与えてくれます。これは、すべての小さなEQマッチングを固定するために過剰な処理をしていないからでもある。基本的なシンプルな回路を模倣した基本的なシンプルなアルゴリズムであり、細部にまで気を配ることでは得られない強烈さがある。大きくて、生々しくて、暖かい音で、特徴的な方法でオーディオを取り込む……本当に古いMackieの小型ミキサーで、実際には良いことはできないが、電子音楽を轟く榴散弾の壁に変えてしまうようなものだ。

もしあなたがクラシックの録音者であったり、優れた機器のファンであったりするなら、これはあなたにとって何の意味もないでしょう。それはそれで構いません。秘密にしておくべき武器もあります。しかし、もしあなたがDnBヘッドやその他の様々なアンダーグラウンドの録音者であるならば、私はこれ以上言う必要はないでしょう。

 

スポンサーリンク
ニュース
Chillout with Beats

コメント