CherryAudioのVoltage Modular2.0がリリース

ニュース
スポンサーリンク

CherryAudioのVoltage Modular2.0がリリース

Chillout with Beats の管理人 yosi です。

待望のVersion2.0がリリースされました。

既存ユーザは無料アップデートです。

Voltage Modular 2 | Updates & Overview

 

アップデート内容

限界のない宇宙

Voltage Modular 2.0 は、パッチの制限を覆し、より少ないケーブルで複雑なパッチを構築できる画期的な新機能を搭載しています。

これまでのVoltage Modularでは、各ジャックは6つのジャックを組み合わせて使用していました。バージョン2.0では、すべてのジャックに無制限にケーブルを差し込むことができ、無限のモジュレーションが可能になりました。

新しいバス機能は、複雑なパッチを構築するための独創的な新しい方法を提供し、面倒なケーブルを排除します。インプットとアウトプットの両方のジャックをバスにアサインすることができます。バス上のすべての出力信号はミックスされ、その結果はすべての入力ジャックの入力ソースとして利用可能です。これはARP 2500やEMS VCS3などのインストゥルメントで提供されているオルタナティブ・パッチング・オプションを模倣しています。

さらに、Voltage Modular 2.0では、IOパネル上の信号を正規化したモジュールを作成することができます。新しいDCO-60やSynthVoiceなどのモジュールは、CVやゲート、その他すべての信号をIOパネルから直接読み取ることができ、新しいモジュールを追加するたびにケーブルをパッチする必要がありません。

新しいバリエーション機能は、モジュラーシンセシスを前例のない新しい方向へと導きます。パッチには無制限の数のバリエーションを含めることができ、各バリエーションにはパッチに含まれるすべてのノブ、スイッチ、モジュールの設定の位置が保存されています。バリエーションは個別に再生することもできますし、トリガーやCVを使って無限の方法でバリエーションを移動させることもできます。音符ごとに全く異なる音色を反復するシーケンスや、キーを押すたびに明るい音色と柔らかい音色を交互に繰り返すサウンドを想像してみてください。

IOパネルには録音セクションが内蔵されており、IOパネルの左右のメイン出力から32ビットのフローティングポイントオーディオファイルを生成します。ライブ・パフォーマンス全体を簡単に録音したり、ゲート・シグナルを使って自動的に録音を開始したり停止したりすることができます。

あなたと一緒に動作するソフトウェア

Voltage Modular 2.0では、ワークフローに無限の改善が施されています。ワークフローのスピードアップにつながるものもあれば、新しいサウンドを生み出したり、新しい方法で作業するためのインスピレーションを与えてくれるものもあります。

1 つのジャックに接続されているすべてのケーブルを同時に移動させるには、Shift キーを押しながらドラッグします。Ctrl-Tabは、すべてのケーブルを一度に非表示にして表示します。特定のモジュールをお探しですか?Ctrl-Fを押すと、すぐにモジュール検索ボックスに移動します。これらのシンプルでワイルドに効果的な機能がなければ、どうやって生きてきたのか不思議に思うでしょう。

モジュールライブラリを整理するのに役立つ新しいカテゴリを多数追加しましたが、これはほんの始まりに過ぎません。カスタムモジュールカテゴリは、コレクション内のどのモジュールに対しても作成できますし、モジュールには無制限の検索用語を追加することができるので、探しているモジュールを簡単に見つけることができます。

新しいランダム化機能を使って、モジュールのスライダー、ボタン、スイッチ、その他のコントロールをランダムな位置に設定して、シーケンサーやサウンド・ジェネレーターのために驚くほど刺激的な結果を作りましょう。互換性のあるモジュールで利用可能な新しいバイパス機能は、パッチからモジュールを一時的に削除し、複雑なサウンドに対する個々のモジュールの効果を素早く簡単に聞くことができます。

すべてのモジュールを左に自動配置する機能は、モジュールのレイアウトを整頓して隙間を埋めるのに最適な方法で、キャビネットごとに切り替えることができます。新しいキャビネットを自動的に設定してオートアライメント機能を使用するように設定することもできます。

Voltage Modular 2.0では、ワークフローがさらに改善されています。

Voltage Modular 2.0は、スリリングな新しい外観を持っています。Cherry Audioのモジュールの多くが作り直され、より使いやすく、よりパワフルで、よりコンパクトになりました。例えば、OscillatorモジュールにリニアFMモジュレーション、Filterモジュールにレゾナンスモジュレーション、Oscilloscopeにデュアルチャンネル、Stereo Delayモジュールにテンポシンクを追加しました。レガシーCherry Audioモジュールは、今後数ヶ月の間にアップデートされる予定です。

Coreパッケージには、新しいPoly Vintage Oscillator、Poly Ladder Filter、Poly Super Oscillator、Poly Super Envelope Generator、Spectrum Analyzer、MIDI File Player、Micro Multモジュールが追加されました。これらの新しいモジュールは、Voltage Modular Core パッケージをお持ちの方は無料です。新しいプリセットもたくさんあり、Nucleus と Ignite パッケージ用の新しいプリセットもあります。

 

コメント