【12/5まで$109】Image LineのフラッグシッププラグインがバンドルされたImage Line Bundleが格安(50%OFF)

終了セール
スポンサーリンク

Windows版のみです。

そしてこのバンドルはVST版とFL Native版両方入っています!
(ImageLineのサポートさんに聞きました!)

これは最安かと思います。

GrossBeatは安くても$40切った事ないと思います。

今FL Studioの全部入りがセールしていますが、あれはVST版は付属しません。

ですから他のDAW等で使う事も考えるとこのバンドルは超お買い得です。
(今単体でセールしていますが、全部買うと$170です。)

このバンドルはHarmorGross BeatVocodexが入っており、どれも本当に素晴らしいのです。

1つ悪い点を挙げるとHarmorは超素晴らしいのですが、使い方が普通のシンセと異なる為、基本を理解するのにも時間を要します。

それぞれ使い方記事を書いていますのでこちらも是非読んでみて下さい。

 

Harmorの使い方記事

GrossBeatの使い方記事

結構記事書いていますのでタグに対してのリンクです。

Vocodexの使い方記事

概要

Harmor

重要:このソフトウェアはWindowsにのみ対応しており、Macコンピュータでは動作しません。

強力な加算・減算方式のシンセサイザー、イメージ・シンセサイザー、オーディオ・リシンセサイザーであるHarmorをご紹介します。

加算/減算…

Harmorは、弟分のHarmlessと同様に、パワフルな加算合成エンジンを搭載しています。そのモジュールは、減算方式のシンセサイザー愛好家には馴染み深いものでしょう。オシレーター、フィルター、フェイザーなど、これらはHarmorにも搭載されていますが、加算方式のシンセシスで実行されるため、より自由度が高くなっています。フィルターの種類を選ぶだけでなく、描くこともできます。

さらに、40以上のパラメーターに適用されるSytrusで有名なマルチポイント・エンベロープ・エディターも、2つの独立したパートに搭載されています。同じエンベロープ/マッピングを使って、任意のパラメータをランダムにしたり、キーやベロシティにリンクさせたり、ユニゾンの各ボイスを独立して微調整することもできます。プロセッシング・ユニットは、セミ・モジュラー方式で組み替えることができます。2つのフィルター・ユニットのうち1つをブラー・ユニットの後に処理する必要があっても、問題ありません。

Gross Beat

重要:このソフトウェアはWindowsにのみ対応しており、Macコンピュータでは動作しません。

インスタントでパワフル…

Gross Beatは、リアルタイムまたはレンダリングによるゲーティング、グリッチ、リピート、スクラッチ、スタッターのパフォーマンスに最適です。Gross Beatはオーディオを2小節のローリングバッファに保存し、36個のユーザー定義のタイム&ボリュームエンベロープでコントロールすることで、無限のクリエイティブコントロールを実現します。
ライブまたは自動演奏
Gross Beatのタイム&ボリューム・プリセットは、キーボード、パッド・コントローラー、オートメーション・ソースとリンクして、プリセットをその場で変更することができます。プリセットスロットは、プリセットごとにモーメンタリー(キーホールド)、ベースに戻る(スロット1)、ホールドモードに設定できます。プリセット・チェンジの同期は、即時から4拍(1バー)まで設定できます。
ゲーティング&ボリューム・エフェクト
スプラインベースのエンベロープによるゲーティング機能に加えて、Gross Beatはオーディオソースにリンクしなくてもサイドチェーンエフェクトに最適です。ダッキング・スタイルのプリセットを選択するだけで、すぐにサイドチェーン・パンピングが可能です。
映画「トロン」で使用された…
Gross Beatは、Daft Punkの『Tron Legacy』サウンドトラックに登場しています。

特徴
パワフルなMIDI制御エンベロープ
2バーオーディオバッファ
ライブ・パフォーマンスに最適なリアルタイム・エフェクト
36種類のボリューム/ゲーティング・エンベロープ(ユーザーがコントロールできるスムージング機能付き
ボリュームとゲーティングのスロットをリンクまたは独立して操作可能
すぐに使える多数のクリエイティブなプリセット。

Vocodex

重要な注意:この製品は、Windowsオペレーティングシステムにのみ対応しています。

Vocodexは、現在市場に出回っているボコーダの中でも最も優れたサウンドを提供します。デモを試して、Vocodexがボコーディングの最後の言葉である理由を聞いてみてください。

‘By your command’ (あなたの命令によって

ボコーディングとは?ボコーディングが何であるかを知らなくても、何度も耳にしたことがあるでしょう。ボコーダは、多くのSF映画に登場する古典的なロボットの声です。ボコーダは、ある音(モジュレータ)の周波数帯域の活動をリアルタイムに分析し、別の音(キャリア)の周波数帯域の活動を制御します。ボコーダは、モジュレータの音源から検出されたキャリアの周波数のみを通過させる、一連の狭帯域周波数ゲートで構成されています。つまり、シンセサイザーのコードを人間の声でボコーディングすると、シンセサイザーがしゃべっているように聞こえるのです。上のデモトラックをご覧ください。

特徴
ノイズやモジュレータパススルーの輪郭を強調したスピーチエンハンスメント
モデュレーターのノイズリダクションにより、キャリアからの周囲のノイズの混入を低減
ボイスダブリング、リバーブ機能
リミッター機能とウォームアウト機能を備えたSoundgoodizerを内蔵
最大100のバンドをスペクトラム内の任意の場所に個別に配置可能
ファットで豊かなサウンドを生み出すバンドユニゾン機能
サイドチェインキャリア&モジュレーター入力
Sytrus社製のキャリアシンセサイザーを内蔵。
バンドごとのエフェクトをさらに充実させることができます。

 

スポンサーリンク
終了セール
Chillout with Beats

コメント

Translate »