【40%OFF】D16のハイブリッドリバーブSpacerekがセール開催中(2/21まで$50)

終了セール
スポンサーリンク

【40%OFF】D16のハイブリッドリバーブSpacerekがセール開催中(2/21まで)

使い勝手の良いリバーブSpacerekがセール開催中です。

音源はドラム(SSD)とエレピ(Vintage Keys Lite)をSpacereをマスターに掛けています。

エフェクター寄りと言えばいいのか、積極的に音作りが出来ます。

この音なんかで聴き憶えがあると思ったのですが、私が大好きな初期のClarkの空気感に似てる気がします。

プリセットが多いのもうれしいです。

1つマイナスポイントをあげるなら、リバーブは微調整が出来ません。

リバーブモデル114も搭載されていますが、これらのパラメータは変更する事が出来ません。

なおD16は1つでも製品を持っていると新製品がでた時にクロスグレードクーポンを発行してくれます。

製品を持ちの方はログインして確認してみて下さい。

概要

このコンパクトで直感的なリバーブ・プラグインは、複雑なパラメータに煩わされることなく、驚くほどリアルな空間を作り出すことができます。

Spacerekの心臓部であるハイブリッドアルゴリズムは、モデル化された仮想空間とダイナミックなディレイネットワークを融合させ、非常にリアルな初期反射、濃密でカラフルな後期反射、そして個別に調整可能なERとLRのプリディレイタイムを持つリバーブテールを生成します。数十種類のエミュレートされたルーム・タイプは、ホール、タワー、チェンバー、トンネルなどを再現し、それぞれに様々なステレオ・マイクとスピーカー・セットアップがプリセットされています。

また、Spacerekの3チャンネル・ミキサーはダイレクト・シグナル、アーリー・リフレクション、レイト・リフレクションのバランスを容易にし、音楽性の高いTilt EQとLow Cutフィルター・モジュールは、全体のテールを簡単にシェイプします。また、各リバーブ・モデルは左右またはミッドサイド・ステレオ用に設定されているので、幅や空間の調整も簡単です。

Spacerekはシステムを圧迫することもなく、実際、そのCPUへの使い勝手の良さに感動することでしょう。

 

スポンサーリンク
終了セール
Chillout with Beats

コメント