Plugin Allianceのプラグインを無料でゲットする方法

プラグイン
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Plugin Allianceのプラグインを無料でゲットする方法

Chillout with Beats の yosi です。

大体の人は知っていると思うけど、もしかしたら知らない人も居るかもしれないので書いときます。

結論から言うとアカウントを作成すると月に1回$25クーポンが配布され、そのクーポンを使うと$25以下のプラグインは無料で手に入るという事です。

あとはアカウント作成すると貰えるプラグイン(機能制限版)が7つあります。
(こちらはおまけ程度です)

それでは詳しく見ていきます。

月1で貰いえるクーポンを使って無料で以下のプラグインは無料で手に入る

月始めに毎月以下の様なメールが送られてきます。

ただしバウチャーが届くタイミングでアカウントを持っていないとバウチャーが貰えません。

ちなみにバウチャーは1回しか使えません。

今月は全員利用可能なバウチャーが出ています。

バウチャーコードはこちら 2019-10-25-2223FVCFA

期間は10月31日までです。

HALLOWEEN SALE対象で無料入手可能なのはFault位(その他定価$25以下は入手可能)ですが、$5追加するだけでかなりお得なプラグインが多数存在します。

中でもChannelXはお買い得ですね。

その他$15追加するとVSM-3という選択肢もあります。

 

こんな面倒な事たく無いという方には毎月$25で使い放題のサブスクもあります。

アカウントを持っていない方は以降の手順を踏みアカウント作成と初期でもらえるプラグインを取得しましょう。

アカウント登録方法

オフィシャルページへ遷移します。

画面右上の「JOIN」をクリックします。

「Join the Alliance」の画面で以下の内容を入力します。

FIRST NAME :名前
LAST NAME:苗字
MAIL ADDRESS:メールアドレス
PASSWORD:8文字以上のパスワード
CONFIRM PASSWORD:確認の為にパスワードをもう一度入力
 
「私はロボットではありません」にチェックを入れる
 
最後に「CREATE ACCOUNT」をクリック

 

メールの件名が「Plugin Alliance Account Activation」で以下の様なメールが届きますので、「Activate Now」をクリックします。

以下の様な画面が表示されとると登録が完了します。

「download」をクリックしましょう。

 

初期登録で入手できるプラグイン

Brainworx bx_subfilter

How to use bx_subfilter – Free from Brainworx
概要

ミックスのローエンドを磨くのは難しい場合があります。 Bass DIトラックはどろどろに聞こえ、キックトラックは「ポップ」を失う可能性があります。100Hz未満のものはすべて、どこから始めればいいのか分からないほどの未分化のノイズになることがあります。ここから始めましょう:bx_subfilterは、厄介な低周波数を持つトラックに明確さと定義を追加するための単なるチケットです。高価で複雑なEQプラグインはたくさんありますが、ローエンドのシェーピングに関しては、bx_subfilterはその使いやすさとシンプルさでユニークです。 4ノブインターフェースをほんの数回調整するだけで、ミックスを濁らせている808に新しい命を吹き込むことができます。

bx_subfilterは、より大きな対応物であるbx_subsynthの「フィルター」セクションから借用する無料のプラグインです。ローエンドフィルタリングへのbx_subsynthのユニークなアプローチを愛しているが、サブハーモニック合成を必要としない人にとって完璧なプラグインです。ローエンドをクリーンアップしても問題が解決しない、または20個のノブが必要ない場合は、プラグインを用意しています。

今すぐプラグインアライアンスにサインアップしてください。bx_subfilterにすぐにアクセスでき、他の5つの無料プラグインも利用できます。ドングル、面倒、支払いは不要です!

主な機能

・タイトパンチノブは、低音が重いトラックで問題のある周波数をカットするために特に策定された共振ハイパスフィルターを実装します

・レゾナンスセレクターは、ローエンドランブルを抑えながらパンチを強調するために、フィルターに3つのピーク設定(ロー、ハイ、エクストリーム)を適用します

・ローエンドコントロールは、ポストタイトパンチ固定バンドパスフィルターを適用して、完璧な周波数バランスを実現します

・レベルマッチングとクリッピング防止のための入出力ゲインコントロール

 

Brainworx bx_cleansweep V2

Mo Volans Demos the full range of Brainworx filters and EQ’s.
概要

SSLやNEVEなど、最も高価なアナログコンソールのすべてのチャネルにハイパスフィルターとローパスフィルターがあるのはなぜだろうか。その理由は、プロのミキサーがハイパスフィルターとローパスフィルターに依存して、多くの場合ミキシングプロセスの最初の段階として、ボトムの泥とハイエンドのグリットをクリーンアップするためです。

bx_cleansweepは、最初のプラグインとしてすべてのミックスチャンネルに入るプラグインです。この方法で、不要なハイエンドとローエンドを除外することができ、その結果、クリーンでタイトなミックスが得られます。

bx_cleansweep V2が無料だからといって、高品質だとは思わないでください。それどころか、bx_cleansweepは「Anti Crush Technology」を備えた高品質のBrainworxフィルターを使用し、bx_digital V2のような有名な兄貴と同じプロフェッショナル品質を提供します。

Brainworx Anti-Crushテクノロジーは、アナログスタイルのフィルターカーブを使用して、過酷さやエイリアシングなどの一般的なデジタルサウンドの問題を排除します。この高度なフィルター設計は、プロマスタリングEQ bx_digital V2から取られています。一次フィルター(オクターブあたり6 dB)は非常に音楽的なフィルターセットを保証し、ユニークなジョイスティックインターフェイス(bx_hybridから取得)により、迅速で直感的な制御が可能になります。

Brainworxの優れたフィルターサウンドが聞こえたら、bx_hybrid EQ V2、bx_dynEQ V2、またはそれらの旗艦bx_digital V2など、Brainworxのより洗練されたEQ製品の14日間のフル機能デモ(ドングルは不要!)をダウンロードできます。

主な機能

・連続可変ハイおよびローパスフィルター

・高周波数と低周波数用の別々のノブ

・ジョイスティック制御により、高域と低域の周波数を同時に調整

・絶賛されたBRAINWORXフィルター

・完全に自動化可能

・プラグインGUIの専用BYPASSスイッチ

・巧妙なショートカット(Alt / Shift / Ctrl)により、ジョイスティックのX軸とY軸を詳細に制御できます。

・シフトクリックにより、EQノブを精密モードに設定できます。

・「マウスオーバー」機能:ノブの上にマウスを置いて、マウスホイールを回すだけでパラメーターを調整します。

・直接アクセス:有効な数値をテキストフィールドに入力するだけで、正確な値に直接アクセスできます

 

elysia niveau filter

Free Plug-In Elysia Niveau Filter
概要

niveauフィルターは、エリシアの有名なmpressorのフィルターセクションで最初に注目を集めました。このセクションでは、こもったスネアにパンチを加えたり、アクティブピックアップから耳障りな音を減らしたり、電話の音からローファイまですべてを作成するサウンドデザインツールとして使用されましたループ。このフィルターは、信号の全体的な音響特性を変更する非常に簡単な方法を提供します。 2つの包括的なコントローラーを備えており、すぐに強力な結果を生成できます。古典的なシェルビングフィルターが制限されすぎ、完全にパラメトリックなフィルターが多すぎる場合は常に、niveauフィルタープラグインが最適なツールです。

niveauフィルターには、EQゲインとEQ周波数の2つの基本的なコントロールがあります。これらを組み合わせて、トラックの高周波数と低周波数の比率を変更できます。原理は一対のスケールに似ています。 「EQ Freq」ノブは中心周波数を設定します。 「EQゲイン」ノブは、信号に適用されるEQの量を制御します。 EQゲインノブが12時の位置にあるとき、EQは適用されません。 EQゲインノブを右に回すと、中心周波数より高い周波数がブーストされ、同時に中心周波数より低い周波数が減少します。 EQゲインを左に回すと、中心周波数より下の周波数がブーストされ、同時に中心周波数より上の周波数が減少します。

周波数ノブを使用すると、x10スイッチがアクティブなときに26 Hz〜2.2 kHzまたは260 Hz〜22 kHzの中心周波数を選択できます。周波数ノブを一番右に設定するとローパスフィルターが得られ、一番左に設定するとハイパスフィルターが得られます。

無料のコピーを今すぐダウンロードして、この賢い小さなツールがあなたとあなたの音楽のために何ができるかを見てください!

主な機能

・周波数を高または低に傾けます

・ミックスの周波数スペクトルのバランスを取ります

・EQゲインのブーストまたはカット

・26Hz〜22kHzの周波数可変

・完全無料!

 

SPL Free Ranger

Free Audio Unit: SPL Free Ranger (plus DnB mini tune)
概要

フリーレンジャーは、SPLのEQレンジャーシリーズのフルレンジャーEQに基づいています。 4つの非常に有用な帯域を備えています。16kHzの中心周波数帯域は、非常に快適な輝きを追加するのに最適です。 1.8kHzの中心周波数帯域は、リードボーカルとギターを引き立たせたり、耳障りな音を軽減したりします。 150 Hzの中心周波数帯域は暖かさを加え、トラックをより豊かで太くします。一方、40 Hzの中心周波数帯域はそのサブサンプを追加するか、ランブルを低減します。

無料レンジャーを入手したら、Vox Ranger、Bass Ranger、Full Rangerの3つの8バンドEQを含むSPL EQ Rangersバンドルのデモを行います。すべてのプラグインアライアンス製品と同様に、14日間のフル機能デモとして利用でき、ドングルは不要です!

アナログコード
このテクノロジーのリスニングテスト中に、ハードウェア開発者はSPLが「アナログコードを解読した!」と発言し、その過程でSPLのソフトウェア製品ラインの名前を作り出しました。

SPLハードウェア製品は、世界で最も有名な施設にあり、ホームスタジオ所有者からトップマスタリングエンジニアに至るまで、オーディオプロフェッショナルの定番となっています。コンピューターベースのオーディオシステムの成長に伴い、プラグイン形式のSPLサウンドの必要性も高まっています。アナログコードプラグインを使用すると、DAW内ですぐに使用できるSPLサウンドを使用できます。

主な機能

・4 EQバンド:40Hz、150Hz、1.8kHzおよび16kHz

・曲中のさまざまなEQ設定とオートメーションを簡単に比較できる4つのボタン

・マウスホイールコントロール

 

Brainworx bx_rockrack V3 Player

Clean, crunch, rock & metal: Brainworx amps and pedals
概要

ほとんどのアンプシムは、112個のアンプと256個のマイクをシミュレートしようとしますが、ノブの微調整を何時間も行った後でも、これらのモデルではオリジナルのトーンが見つかりません。多くの場合、その歪みは脆くてオーガニックではありません。最悪のデジタル…

Brainworxは、切望されたハイエンドギターアンプの1:1エミュレーションで有名になり、本物のアンプのように聞こえるだけでなく、演奏したときのようなプラグインを提供します。 ENGL®、Chandler®Friedman®、Mesa®などの切望されたアンプブランドから4年の厳密なモデルを開発した後、Brainworxは学んだことを取り入れてbx_rockrack V3に組み込みました。

bx_rockrack V3は、Brainworxの創設者であるDirk UlrichとシニアDSPエンジニアのIgor Nembriniのオリジナル作品であるbx_metal 666など、8つの有名なアンプモデルを1つのプラグインに収めています。さらに、40のインパルス応答が含まれており、ギターリグに最適なトーンと音色を提供します。すべてのギターアンプと同様に、Brainworxは、素晴らしいサウンドのアンプルームとステラギアを備えたスタジオの完全なエフェクトチェーンでキャプチャされた、完璧に記録されたブティックキャビネットの強力な選択を提供します。各アンプは、トーンをキャプチャすることで生計を立てているプロのオーディオエンジニアによって苦労して録音されました。 Marshall®、Mesa、およびENGLの有名なアンプを選んで、夢のスタジオラックでマイクで処理されたいくつかのスピーカーキャビネットのいずれかを介して実行できることを想像してください。 bx_rockrack V3は、DAW内でこの夢を実現します。

bx_rockrack V3のようなBrainworxアンプを使用すると、トーンのダイヤルインとギターリグのリアンプに時間を費やしても、プロダクションに負担がかかりません。お気に入りのスピーカーとレコーディングチェーンを選択し、アンプを選択し、ゲインとEQの設定を微調整し、リフを飛ばしてください-録音またはライブ。オンボードFXラックには、便利なノイズゲート、ビンテージディレイ、シェーピングフィルターが含まれているため、サウンドをカスタマイズできます。 bx_rockrack V3は、ワールドクラスのギタートーンを提供し、簡単にリコールでき、100%信頼できます。同じスタジオで同じアンプを2回録音しようとして、結果がまったく異なるためにイライラしたことがある場合、Brainworxがbx_rockrack V3で達成したことを理解できます。

主な機能

・1つのプラグインに8つの強力なギターアンプモデルを備えた26のプリセット:

・Clean 800:Marshall JCM 800™2210のクリーンチャンネル

・Crunch 800:Marshall JCM 800™2210のリードチャネル

・ENGL™530のクリーニング:ENGL 530チューブプリアンプからのチャンネルのクリーニング

・リードENGL™530:ENGL 530チューブプリアンプのリードチャンネル

・Jazz Clean:ENGL 530プリアンプクリーンチャンネルに基づく

・Jazz Crunch:ENGL 530プリアンプリードチャンネルに基づく

・モダンロック:Mesa Boogie Rect-O-Verb™50W

・Metal BX 666:Igor NembriniとDirk UlrichによるBrainworxアンプの設計

・使いやすいプリセットツールバーは完全に自動化可能で、DIギタートラックのトラッキングまたはミキシング中にオンザフライでトーンを変更できます。

・マスター出力コントロールにより、好みに応じて音量を調整できます

・うなり声を上げる金属の騒乱から舞い上がるバラードまでのサウンドを使用して、鮮明でクリーンなジャズリフをすべて1つのアンププラグインで世界中の有名なスタジオからプロが録音した幅広いキャビネットの応答から事前に設計されたトーンを選択します

Brainworx bx_solo

Top 10 best plugins download and how to use VST in Pro Tools
概要

Brainworxはbx_soloを作成して、ユーザーに録音、ミキシング、マスタリングのM / Sテクニックを紹介しました。 Brainworxの有名なM / S&Mastering製品の主要機能には、ステレオミックスまたはステレオ信号のすべてのコンポーネントを個別に聴くことができる独自のSolo Buttonsなどが含まれます。

包括的なソロ機能が含まれます。 L(左チャンネル)、R(右チャンネル)、M(モノサム、ミッド信号)、S(ステレオ差、サイド信号)。これにより、ユーザーはM / Sモードで作業しているときにステレオミックスの各コンポーネントを聞くことができます。これは、現代のDAWでは困難なことが多いものです。 bx_soloは、トラック、ミックスのエラー、ノイズ、クリック、その他の問題をチェックするための強力なツールでもあります。

bx_soloには、段階的なM / Sステレオ幅コントロールが含まれているため、M / Sテクノロジーを使用して、すでに記録されているトラックのステレオ幅を拡張する方法を理解できます。サブグループ、FXリターン、キーボード、または広げたいステレオトラックで試してみてください。素晴らしいプロの秘isは、ロックギターサブグループでM / S処理を使用することです。ステレオ幅を150%に設定するだけで、ギターがスピーカーから飛び出します。

bx_soloのM / Sテクノロジーとテクニックに慣れたら、bx_control V2やbx_digital V2などのBrainworxのより洗練されたM / Sツールを確認してください。これらのツールは、既存のステレオマテリアルに対してできることを大幅に強化する追加機能を提供します。たとえば、ステレオ幅を拡大すると、特にローエンドで位相の問題が発生する可能性があります。 bx_controlとbx_digitalの両方には、ユーザー定義の周波数以下の信号をモノラルに変換できるMono Maker Toolが含まれており、これらのローエンドフェーズの問題を大幅に排除しています。

主な機能

・L(左チャンネル)ソロ
・R(右チャンネル)ソロ
・M(モノサム、ミッドシグナル)ソロ
・S(ステレオ差分、サイド信号)ソロ
・ステレオ幅制御
・完全に自動化可能
・「マウスオーバー」機能:ノブの上にマウスを置いて、マウスホイールを回すだけでパラメーターを調整します。
直接アクセス:有効な数値をテキストフィールドに入力するだけで、正確な値に直接アクセスできます

コメント