【最大42%OFF】Tone Empireがアプグレも安いハロウィンセールセール開催中(11/1まで)

終了セール
スポンサーリンク

旧バージョンからのアプグレもしっかり安くなっているのでおすすめです。

Goliathは新旧バージョンが全くの別物と言っても過言では無いです。(どちらが良い悪いではなく、それぞれ違う用途で使えて良いです)

ですからアプグレ価格で新しいプラグインが手に入るような感じです!
(むしろ素晴らしい旧バージョンはがもう手に入らないです)

新しいGoliathはアナログモデリングチェインが良くて、個人的にはこの為にアプグレしたようのもんです。

ただCPU負荷が高くてCore i7-4770K 3.5GHzの環境で28%から38%位の負荷がありました。(TUBEが特に負荷が高いです)

ドラムなんかは最初に掛けてレンダリングしてからスライスするなり、チョップするなりすると良いかと思います。

Loc-Ness 2へのアプグレは$11、Goliath V2へのアプグレは$17です。

なおFL StudioユーザはFixed bufferを有効にしないとオバサン変更時にFL Studioが落ちますのでお気を付けください。

 

Loc-Ness 2の概要

新たに搭載されたアドバンスドDSPにより、人気のプラグインがさらに進化しました。さらに、8倍までのオーバーサンプリングが可能になり、よりアナログなサウンドを実現しました。

何ができるの?

ドラム…トラックの良し悪しを決める、ミックスの中で最も重要なパートです。何十年もの間、プロのエンジニアは、コンプレッサー、プリアンプ、EQ、サチュレーションを様々に組み合わせて、際立ったサウンドのスタイルを作ってきました。Loc-Nessは、単なるコンプレッサーやEQではなく、ドラムに適したコントロールとカラーをワークステーションにもたらす神秘的なプラグインです。

これは、個々のドラムヒット、ルームサウンド、ドラムバス全体を処理するために設計された専用チャンネルです。

丁寧にモデリングされた4つのアナログ・シグナル・パスを搭載し、”Crust “コントロールでライトなサウンドからクランチなサチュレーションまでを実現します。Smash “では、サウンドを制限して持続させ、心地よい “Splat “や “Thrust “へと変化させることができます。

2つのフィルターは、処理したいバンドに絞って、それ以外の音はそのままにしておくことができます。ウェットとドライの専用コントロールで、頭の中にある音の細部を丁寧に調整できます。エレクトロニック・ドラムだけでなく、アコースティック・ドラムの録音にも最適です。

このプロセッサーを使えば、ソースが何であれ、心地よいドラム・サウンドを素早く簡単に作ることができます。Loc-Nessは、ベースやギター、ピアノ、ストリングス、ボーカル、その他のパーカッションなど、他のサウンドにもクリエイティブに使用できます。

クラスト(サチュレーション

効果:このコントロールでサチュレーション(トーンカラー)ドライブを増加させます。
サチュレーションの種類をモード1~4から選択します。
スマッシュ(リミッター

効果:このエフェクトをさらにダイヤルすると、信号を重く制限(サスティン)します。信号はCrustからSmashへとシリアルに流れます。
この処理は、1176コンプレッサーの「オールボタンイン」モードに似ていますが、よりスムーズです。
フィルター

ローカットフィルターとハイカットフィルターは、処理したい周波数帯にゾーンインし、残りの信号はそのままにしておくことができます。これは、クラスト(サチュレーション)とスマッシュ(リミッター)がこの範囲のみに適用されるようにするためです。

プリフィルター。
ローカットとハイカットの1次フィルターで、サチュレーションとコンプレッションのセクションに入る信号に影響を与えます。そのため、プレフィルターによって “クラスト “と “スマッシュ “の効果を変えることができます。
Crush “や “Smash “で増幅される低音や粗い高音を除去するのに最適です。
ポストフィルター。
このセクションには、フルレンジのローカットとハイカットのフィルターセクションがあり、クラッシュやスマッシュの後の音を整形します。これは、ドライシグナルと処理されたシグナルをブレンドする際に特に有効です。
フェーズ

ウェット信号の位相を保持または反転させます。
トリムコントロール

ドライとウェットのマスターミックスを減衰させるコントロールです。
アタック

コンプレッションのアタックを非常に素早く開始し、サウンドを瞬時に「粉砕」します。Attack-off設定では、コンプレッションが効く前の最初のトランジェントを通過させ、ローエンドやキックなどを保持し、残りのスペクトラムを粉砕します。

Goliath V2の概要

Saturation / Dynamics / EQ

Goliath V2 features 4 analogue modelled processing chains featuring ALLOY (Nickel, Iron, Steel based Transformers), TUBE, TAPE & VINYL with a drive control plus a FET based envelope and a 3 band EQ.

This is a truly revolutionary and “analogue” sounding tool. Be prepared to be pleasantly surprised!

What’s New?

Goliath, Tone Empire’s top-selling plugin is back in a brand new avatar with a completely new sound engine and new features.

This plugin now has 4 types of Saturation models – Alloy, Tube, Tape & Vinyl with Drive. Tone Empire now use their Advanced DSP models featuring their own proprietary “Multi Convolution” & Component Modelling Technique to simulate “Real” hardware chains of analogue gear. Additionally, the plugin now features a full FET compressor in its envelope section and a 3 band EQ plus a Low Cut Filter.

All these engines make Goliath V2 a great sounding & versatile channel strip with multiple colours of sound processing.

If you love that vintage analogue “goodness”, then Goliath V2 is for you!

Analog Modelled Processing Chain Section

In order to develop Tone Empire’s fantastic and realistic sounding analogue chains, Tone Empire used multiple samples of hitting the gear at different levels using Tone Empire’s proprietary “Multi Convolution” & Component Modelling Technique.
Hence you actually get the “REAL” sound of the gear!

The signal chain in Goliath V2 is: Low Cut EQ > Analog Processing Selector (4 choices) > ENVELOPE Section > EQ Section.

Features

Analog Processing:

ALLOY

This is an analogue processing chain featuring the famous British 1081 sound which has characteristics of its transformer made of Nickel, Iron, Steel.

This gives you a taste of that clean silky analogue processing.

TUBE

The Tube chain is modelled using a modern/ classic valve processing chain with an AIR circuit. An immediately pleasing sound that will bring 2nd order harmonics to your material.

TAPE

Here Tone Empire have used the ATR – 700 Tape Recorder at 15ips to capture that warmth and compression of Tape. Immediately hear your transients being “warmed” up and also get third-order harmonic saturation.

VINYL

This one features an analogue mastering chain going to a Neumann vinyl cutting machine and multiple IRs sampled from the dubplate. Finally, get your record to sound like a “Record”!

More Features:

  • DRIVE Control: This controls lets you “drive” the analogue chain selected for its respective saturation characteristics. The levels remain the same, hence there will be no need to keep reaching for that output control. Go from a light touch of the analogue chain to full-on driven saturation by hitting the signal hard.
  • Env-EQ MIX: Use this control to dial back the amount of Envelope and EQ used by parallel mixing in the signal from the analogue chain before the Env-EQ sections. This acts as a kind of dry/wet control for the ENV-EQ.
  • OUTPUT Control: This lets you control the gain of the final output of the processing from -inf to +10 DB. It’s helpful when compressing a lot and you need a signal boost at the end, or for cutting back the levels.

Envelope Section:

ON/OFF Switch: Engage or bypass the Envelope Section.

The Envelope Section features an 1176 style FET compressor with controls for Threshold and fixed controls for Ratio, Attack Time & Release Time. The Attack, Release, and Ratios were carefully chosen to be applicable to a vast variety of materials. Drums to Pianos or Vocals, you can throw anything at this compressor and it will lightly control or aggressively grab the sound!

  • Threshold: Controls the threshold for the Envelope to kick into action.
  • Attack: Preprogrammed fixed Attack times going from Fast to Slow.
  • Release: Preprogrammed fixed Release times going from Fast to Slow.
  • Ratio: Fixed ratios ranging from 2:1 to “ALL Buttons In” (Smashing ratio).

EQ Section:

ON/OFF Switch:  Engage or bypass the EQ section. This Section features a 3 band Eq and a low cut filter.

  • Low Cut Filter: First Order Low Cut Filter ranging from 20Hz to 60Hz.
  • Low EQ:  A peak filter Eq set at 65 Hz for boosting or cutting the low frequencies by +/-10 DB.
  • Mid EQ:  A peak filter Eq set at 1.5KHz for boosting or cutting the mid frequencies by +/-10 DB.
  • High EQ:  A peak filter Eq set at 15 kHz for boosting or cutting the high frequencies by +/-10 DB.

コメント

Translate »