【30%OFF】Reason Studiosの単体、各種アプグレ、サブスクがセール中(5/31まで)

終了セール
スポンサーリンク

【30%OFF】Reason Studiosの単体、各種アプグレ、サブスクがセール中(5/31まで)

Reason12が9/1にリリースされるようでその前にアプグレがセール開催中です。

Reason 12 is in the works! – (and it will be yours if you get Reason 11 or Reason+ now)

この手のセールはリリース前に買うのが断然お得です。
(セールはするかもしれませんが、リリース後少し経ってからでしょうから、アプグレするなら今がお得です)

今購入するとReason12へ無料でアップデート可能です。

そして年間サブスクまでもセール対象です。
(PluginButeqeの価格が間違っているので直るまでは買ってはいけません)

有料音源を殆ど持っていないユーザにサブスクは魅力的な選択肢かと思います。

ラインナップは以下の4通りです。

 

Reason 11 Upgrade from Reason Full + FREE Upgrade to Reason 12()

これは旧バージョンのReasonFull版を持っているユーザが購入出来るアプグレです。

Reason 11 + FREE Upgrade to Reason 12(9)

これは新規ユーザ向けでReason 11の単体(Reason12への無料アップデート付)の購入です。

Reason 11 Upgrade from Intro / Ltd / Essentials / Adapted / Lite + FREE(9)

なんかのオマケで付いてくる各種機能制限版をお持ちの方向けのアプグレです。

Intro、Ltd、Essentials、Adapted、LiteからReason11へのアプグレとReason12への無料アップデート付です。

Reason+ (Annual Subscription) + FREE Upgrade to Reason 12(9)

今までなかった選択です。

何も新規ユーザであまりシンセとかエフェクトをお持ちで無いユーザはこの選択肢は良いですね。

年間サブスクが30%OFFですが、PluginButeqeの価格は間違ってますね。

月$20のサブスクが年間だと$199なので30%OFFだと$139です。

価格が修正されるまでは買ってはいけません。

Reason12の概要

Reason 12の大きな目標は、ラック体験のレベルアップでした。ラックは、Reasonをユニークにしている核心部分であり、多くのサウンドや音楽が作られる場所です。私たちは、このラックの見た目と感触を適切なものにすると同時に、より即効性のあるパワフルな音楽制作ができるようにしたいと考えました。

まず明らかなのは、Reasonを高解像度にしたことです。お気に入りのデバイスは、まるで初めて見るような感覚になり、Reasonを自分のセットアップに合わせてズームすることができ、サードパーティ製のラック・エクステンションはすべて初日からハイレゾに対応します。最後の項目は非常にクールで、REテクノロジーの将来性のあるデザインを証明しています。

Reason 12には、新しいサンプラーが搭載されています。サンプリングは音楽制作に欠かせないもので、サウンドに魔法のような “何か “を加えるための最良の方法です。このサンプラーは、現在のReasonに搭載されているものよりもはるかに優れています。このサンプラーは、サンプルのコレクションからでも、その場で録音したものでも、あるいは作業中のトラックをエクスポートしたものでも、面白い方法でサウンドを素早く探索し、再生できるように設計されています。伝説的なタイムストレッチや、サンプルを再生する全く新しい方法など、クールな機能がたくさんあります。

新しいサンプラーや、見た目が良くて音の良いデバイスがたくさんある中で、私たちはReason Rackのサウンドとワークフローを前面に押し出したいと思いました。そこで登場したのがCombinatorです。Combinatorは、世界で最もパワフルなサウンドデザインツールの一つであると同時に、素晴らしいパッチを見つけて音楽を作るための最も簡単で最良の方法でもあります。CV入力やコントロールの増加、プログラミングの容易さ、パッチの増加など、Combinatorのアップデートは、今までで最も要望の多かった機能の一つでもあります。私たちはその要望に応えます。

Reason 12のCombinatorは、完全にカスタマイズ可能で、よりパワフルで、これまで以上に簡単に扱えるように改良されています。豊富なデバイスが用意されているので、まるで新しいデバイスのようなコンビネーターを作ることができます。コントロールを好きなようにレイアウトしてカスタムインターフェースを作成したり、画像を追加したり、表現力豊かなマクロコントロールを設定したり、パネルサイズを変更したりと、あらゆるパッチを自分のものにすることができます。

しかし、これはいじくり回す人のためだけのものではありません。Reasonのサウンドバンクも新しいCombinatorを活用できるようにアップデートされていますし、Reason+で毎週リリースされるパックも、よりエキサイティングで直感的なものになっていますので、あなたのアイデアを後押ししてくれるでしょう。これらのコンテンツをナビゲートするために、私たちはReasonのブラウザを改善しています。検索は非常に高速になり、検索結果は簡単に目的のものを見つけられるように分類されています。

Reasonはこれまでも、そしてこれからも、素晴らしいインストゥルメント、エフェクト、そして素晴らしいサウンドのラックを使って作ることができる、楽しくて刺激的な音楽のすべてであり続けます。今日のReasonは、セットアップの中心となるものから、新しいサウンドのためのプラグインとして使われるものまで、かつてないほど多くの人に使われており、私はReason 12がもたらすものに心から期待しています。9月1日の発売と同時にReason 12を購入、またはアップグレードすることができます。Reason+のサブスクライバーであれば、新製品が発売されるとすぐに手に入れることができます。

今後数ヶ月の間にさらに詳しい情報をお伝えしますが、それまではみんなでもっと音楽を作りましょう

 

コメント