【60%OFF】Softube Modularの追加モジュール Mutable Instrumentsの3種が最安(8/31まで$20から)

終了セール
スポンサーリンク

Softube Modularの追加モジュールなのでSoftube Modular本体が必要です。

あとBig Surにも対応済みです。
Apple Siliconはまだ未サポート)

いやー安くなりましたね・・・

なんか1つ$30~40位だして全部揃えたのに・・・

Braidsはモジュラー好きの方はもちろんシンセ好きや変わった音が出したいという方にもおすすめです。

あとBraidsの実機をお持ちの方も操作を覚えるのに良いです。

モジュラーってモジュールを潤沢に持っている人ばかりではありませんし、オシロスコープを持っている人は多くは無いと思います。

実機よりバーチャルの方が仕様理解は圧倒的に有利です。

Softube ModularのBraidsはボタンの動きまでそのままです。
(VCV Rack版は操作や音が結構異なります)

Braidsの解説はこちらでも書いていますので是非。

あとSoftube Modularは各種Sofutubeの音源を所有していると使えるモジュールが増えます。

以下の動画ではModel 72のGLIDEとPARALLELSのMODを使って外部でDelayを掛けています。(Model 72やPARALLELSが無くてもモノシンセとして使えます)

 

 

Mutable Instruments Braids

フランスのEurorackのパイオニアであるMutable Instruments社のBraidは、オシレーターではありません。

ピッチ/周波数の微調整と粗調整、V/Oct入力、電圧で調整可能なトーン/ティンバーコントロールを備えており、見た目はオシレーターのように見えます。

また、オーディオを出力するという意味では、そのようなサウンドもあります。

Mutable Instruments社はこれをマクロオシレーターと呼んでいますが、それは控えめな表現です。これは非常に洗練されたデジタルシンセシスエンジンであり、複数のオシレーター、ウェーブテーブル、フィルター、VCA、リングモジュレーターなどを搭載した45ほどの完全に実現されたアルゴリズムによって、複雑なサウンド(ヴィンテージシンセのクラシックな波、ベル、レゾナントフィルター、弦楽器の弾き語りや弓の音、ボーカルや母音・フォルマント音、管楽器、パーカッション、ノイズ、グラニュラークラウドなど)を生成し、操作することができます。

各モードはそれぞれ異なるアルゴリズムで、TimbreとColourという2つのトーンコントロールを回すことで、異なるバラエティに富んだサウンドを生み出します。これらのコントロールは、アルゴリズムごとに異なる動作をするようにあらかじめプログラムされており、多くの場合、セットアップの複数のパラメーターを一度に調整してスイートスポットを巡ります。もちろん、CVコントロールも可能です。

トリガー・インプットと内蔵のADエンベロープを使えば、各アルゴリズムは自己完結型のシンセ・ヴォイスにもなります。他のモジュールは必要ありません。しかし、他のモジュールを持ち込めば、想像できる限りの楽器を作ることができます。

ある意味、Braidsは古典的なシンセシス技術の百科事典であると同時に、それらを現代に導入するためのツールであり、それに見合う圧倒的なサウンドクオリティと使いやすさを備えています。

また、驚くほど豊かで、変化に富み、複雑で、各モードはそれ自体が楽器となっています。

 

Mutable Instruments Clouds

フランスのEurorackのパイオニアであるMutable Instruments社のBraidは、オシレーターではありません。

ピッチ/周波数の微調整と粗調整、V/Oct入力、電圧で調整可能なトーン/ティンバーコントロールを備えており、見た目はオシレーターのように見えます。

また、オーディオを出力するという意味では、そのようなサウンドもあります。

Mutable Instruments社はこれをマクロオシレーターと呼んでいますが、それは控えめな表現です。これは非常に洗練されたデジタルシンセシスエンジンであり、複数のオシレーター、ウェーブテーブル、フィルター、VCA、リングモジュレーターなどを搭載した45ほどの完全に実現されたアルゴリズムによって、複雑なサウンド(ヴィンテージシンセのクラシックな波、ベル、レゾナントフィルター、弦楽器の弾き語りや弓の音、ボーカルや母音・フォルマント音、管楽器、パーカッション、ノイズ、グラニュラークラウドなど)を生成し、操作することができます。

各モードはそれぞれ異なるアルゴリズムで、TimbreとColourという2つのトーンコントロールを回すことで、異なるバラエティに富んだサウンドを生み出します。これらのコントロールは、アルゴリズムごとに異なる動作をするようにあらかじめプログラムされており、多くの場合、セットアップの複数のパラメーターを一度に調整してスイートスポットを巡ります。もちろん、CVコントロールも可能です。

トリガー・インプットと内蔵のADエンベロープを使えば、各アルゴリズムは自己完結型のシンセ・ヴォイスにもなります。他のモジュールは必要ありません。しかし、他のモジュールを持ち込めば、想像できる限りの楽器を作ることができます。

ある意味、Braidsは古典的なシンセシス技術の百科事典であると同時に、それらを現代に導入するためのツールであり、それに見合う圧倒的なサウンドクオリティと使いやすさを備えています。

また、驚くほど豊かで、変化に富み、複雑で、各モードはそれ自体が楽器となっています。

Mutable Instruments Rings

ある種のエネルギー入力(叩く、こする、叩く)で物質を励起すると、音が出ます。その素材(木、金属、ガラス、ドラム、トランペット、お尻など)の共鳴の質と、それを励起する方法によって、その音の質が決まります。とりわけ、その音色、周波数、時間の長さなどが決まります。励起と共鳴のスリリングな世界は、Mutable Instruments社が開発し、Softube Modularで提供されているRingsモジュールに関係しています。

Ringsは、チューニングされたフィルターを使用して、3つの大まかなカテゴリーに分けて、想像できるあらゆる共振素材を物理的にモデル化します。

モーダル」レゾネーターは、プレート、ストリングス、メンブレイン、チューブなどの共鳴特性をエミュレートするもので、それらのサイズ、形状、構造に基づいて、特定の物理的なポイント(モードと呼ばれる)の周りに音の特定の周波数を編成することで、投入されたエネルギーを強化します。

共鳴弦」モデルでは、シタールのようなドローンや倍音のような音や質感が得られる。弾いた弦以外の仮想の弦が主音に共鳴して鳴る。

modulated/inharmonic string」モデルは、Karplus-Strong合成を拡張したもので、非常に高いフィードバックと非常に短い周期のディレイを使用して、弦を叩いたり、弓で弾いたり、弾いたりするようなピッチのある波を合成します。

Ringsは、これらの魅力的で無限の可能性を秘めた種類に加えて、結果として得られるサウンドの音色をコントロールすることができます。また、内部で生成されたノイズバーストや外部のオーディオ信号を使って、レゾネーターモデルを任意の方法で励起することができます。

また、Ringsにはポリフォニー機能が搭載されており、最後の音が鳴っている間にも、トリガーごとに新しいバーチャルストリングス(最大4本)を生成することができます。

このモジュールが作り出せる音の幅は、まさに驚異的で、いろいろなものを入力する楽しみは尽きません。今すぐ手に入れて、昨日作った音の周りを走り回ってみてください。

コメント