【12/31まで$55】Softubeのサンプルベースのベース特化音源Monoment Bassがセール中(44%OFF)

セール
スポンサーリンク

昨年のBF時の最安($49)には届きませんが、最近では安いです。

超おすすめのBass音源です。

これはほんと使い易いです。

なんかベースがしっくりこない時はこれを使うとピタッとハマるケースが多いです。

シンセでBassの音色探す場合って結構オクターブ単位の音程がバラバラだったりしませんか?

Monoment Bassはもう最初からBass専門ですから、打ち込んだら後はプリセットをサラッと流せばすぐこれってのが見つかるんです。

そして何が良いって超即戦力なんです。

ポイントはトラックに埋もれない存在感です。

アナログ、デジタルシンセなどから取得したサンプルを使用している為、ソフトシンセのベースとは異なります。

そして内蔵エフェクトがSoftubeですから悪い訳がないんです。

Monoment Bassのエフェクトで低音のみMonoにしたり高音を広げたりする事も超簡単に出来ます。

プリセット流してみました。

低音なのでヘッドフォンや良いスピーカーで無いと殆ど聴こえないかもしれません。
(外部エフェクト類一切無しです)

 

CPU負荷

Core i7-4770K 3.5GHzの環境でだいたい8%~15%程度です。
(プリセットによって結構差があります)

 

Softube Modularのモジュール

あとSoftube Modularユーザはこれ絶対持ってた方が良いというレベルで良いです。

3つのモジュールが追加されます。

オシレーターモジュール、LFO同期するFilterモジュール、エフェクトモジュールです。
(Softube ModularのCPU負荷は高いのでそこだけは注意です)

 

 

 

概要

現代の音楽制作では、これまで以上にベースが重要視されています。トラックの数が100以上になることもありますが、曲の核となるのはビートとボーカル、そして豊かで生き生きとしたベースサウンドだけであることが多いのです。

そのため、複雑で有機的な倍音を持つ巨大でソリッドなベース・トーン、フォーカスされたエフェクト、そしてミックスに対応したローエンドのためにModularで独自のバージョンを構築した場合の好きなだけの低音を生み出すために作られたインストゥルメントは、単に便利なだけではありません。それは単に便利なだけではありません。Monoment Bassは、常に最高品質のトラックを作るための基礎を作ります。

ステレオサウンドスケープ

Monoment Bassのソースは全てハイエンドのレアなブティック・シンセからステレオで録音されており、巨大でワイドでムードのあるサウンドを実現しています。

専用エフェクト

専用に作られたマルチバンド・コンプレッサー、ステレオイメージを微調整するための空間化ツールなど、Monoment Bassには素晴らしいサウンドのエフェクトが搭載されていますが、さらに重要なのは、その仕事に適したエフェクトがあるということです。

プロフェッショナルプリセット

Madison Mars、Vandalism、Cr2のSample Tools、WAプロダクション、Black Octopus、Function Loopsによってデザインされた驚くべきアウトオブボックスサウンド。

Modularでの使用

Monoment Bassには、Softube Modular用のソース、フィルター、FXモジュールが含まれているので、好きなだけのソースを使って自分だけのベースシンセを作ることができます。

現代音楽、現代楽器

サウンドデザイナーであり、レアシンセのコレクターでもあるTobias Menguser氏と協力して、現代音楽における驚くべきサウンドと重量感のあるベース・パートの重要な問題に取り組むために、このプロジェクトに着手しました。ポップスやヒップホップからクラブ・ダンス・ジャンル、エレクトロ・ミュージックに至るまで、現代の多くのスタイルにおいて、ベースはより多くのスペクトルを占めており、プロダクションの観点からはより多くのヘビーリフを担っています。そこで私たちは、トップエンドのサウンドを厳選し、専門的にキュレーションされたコレクションを提供し、使いやすくて素晴らしいサウンドのシンセ・アーキテクチャーとペアにし、モダンでミックス可能なベースのための高品質なアナログ・エフェクトを数秒で提供しています。

コンプレックスを素早く手に入れる

Monoment Bassには2層のソース・セクションがあり、オールステレオのソースが豊かで進化したサウンドを提供します。静的なものは一切なく、すべてのソースはトリプリケートで録音されているため、キーごとに3つの異なるサンプルがあり、自然さと生命感が増しています。その結果、サウンドはスピーカーから飛び出し、あなたのトラックを掴みます。箱から出してすぐに、最小限の微調整で、この楽器は権威、重み、重厚さ、パワー、キャラクターを持っています。フィルター、LFO、アンプはすべてミュージシャン向けに設計されており、シンセマニアでなくてもMonoment Bassを使用することができます。

ノイズ、ダート、マジック

エージング・ノブを使用して、アナログ的な不完全さをベース・サウンドに導入することができます。また、複数のオーガニック・ノイズ・オプションを備えた第3のノイズ・ソースが常に利用可能で、アタックにクランチを加えたり、サウンドのボディにグリットを加えたりすることができます。エフェクト・セクションでアナログ・ディストーション、アンビエンス、トーン・シェイピングを追加すれば、あなたのトラックが持つカラフルで生き生きとしたサウンドの幅の広さに驚くことでしょう。Monomentは、その高い入力品質と厳選されたスカルプティング・オプションにより、ミックスの一部としてだけではありません。あなたのミックスの中核であり、中心となるものです。

The Modular Modules

Monoment Source

Monoment Sourceは、スタンドアロンモジュールとしてMonoment Bassのソースエンジンを搭載しています。アンプリチュード・エンベロープ、波形ミキシング、ダート・レベル、エージングを内蔵しています。モジュラー内ではMIDI経由でモノフォニックに演奏することができ、ゲートジャックとノートジャック経由でモノフォニックに演奏することも可能です。グライド、パンチ、リリース、エージングのパラメーターはジャックを介して外部CVコントロールが可能です。

Monoment Filter

Monoment Filterは、単体モジュールとしてMonoment Bassのフィルターセクションです。フィルター・エンベロープとLFOを内蔵しています。エンベロープは外部ゲートジャックを介してトリガーされます。スルー、レンジ、量、スイング・シーケンサー機能は外部CVコントロールを搭載しています。LFOはDAWのテンポに自動的にロックしたり、フリーランニングモードに設定することができます。

Monoment FX

Monoment FXは、単体モジュールとしてのMonoment Bass用のエフェクトエンジンです。ドライブ、EQ、マルチコンプ、空間化の4つのモードを持ち、1つずつ実行することができます。各モードのパラメータは最大3つまで外部CVコントロールが可能です。

システム要件

・Mac OS X 10.13から11.6.1まで – MacOS 12 Montereyサポート未定
・Windows 64ビット、バージョン7、8、10(64ビットのみ)。
・Intel Core 2 DuoまたはAMD Athlon 64 X2以降。
・画面解像度1280×800以上
・対応するサンプルレート 44.1、48、88.2、96、176.4、192 kHz(モノラルおよびステレオ)。
・8GB以上のRAMと、インストール用に8GB以上のハードディスクの空き容量を推奨します(個々のプラグインの空き容量は少なくて済みますが、サンプルライブラリは追加のディスク容量が必要になる場合があります)。
・本ソフトウェアの登録およびインストールには、Softubeアカウントが必要です。
・本ソフトウェアの認証には、iLokアカウントが必要です。
・インストーラーのダウンロードおよびライセンスの管理には、インターネットへのアクセスが必要です。
・プラグインの認証に物理的なiLokドングルを使用する場合は、iLok第2世代以上(iLokドングルは必須ではありません)。
・理論的には、64ビットのVST、VST3、AU、AAX(11.0.2以上)互換のホストアプリケーションであれば動作します。
・DAWアプリケーションの最新のメンテナンスリリースを推奨します。

Big Surには対応しました。

M1は未対応です。

スポンサーリンク
セール
Chillout with Beats

コメント

Translate »