【61%OFF】Boz Digital LabsのMongooseがセール開催中(5/31まで$19)

終了セール
スポンサーリンク

【61%OFF】Boz Digital LabsのMongooseがセール開催中(5/31まで)

これ前回は見送ったのですが、今回は買おうと思います。
(デモが無いので試せないんんですよね)

左右にPanを振った時にヘッドフォンで聴くと違和感感じた事ありませんか?

このプラグインはそんなお悩みを解決してくれます。

以下の動画を是非ヘッドフォンで見てみて下さい。
(再生位置を効果が判る所に調節していますのですぐ効果を確認出来ます)

Mongoose Video – Extreme Panning

概要

Mongooseを使えば、低音の周波数をモノラルに分解することで、ローエンドをより強固なものにすることができます。箱から出してすぐに、よりタイトで集中力のあるローエンドを手に入れることができます。クリアでシンプルなレイアウトなので、必要なサウンドを正確にダイヤルするのがこれほど簡単ではありませんでした。

ここからが本題です:素晴らしいワイドなステレオスプレッドを持つことは素晴らしいことです。ミックスのサウンドがより広々としたものになり、雑然とした感じがなくなります。楽器の争いが少なくなり、すべてがよりクリアに聞こえます。しかし、私たちの脳は、高音域の広いステレオの広がりに対して、低音域とは異なる反応を示します。高音域でのステレオの広がりが大きいと、良いことになります。低周波でのステレオの広がりが大きい=あまり良くない。

この問題は、私たちの耳と脳が自然に音を聞くことに慣れているために存在します。低周波では、音がどこから来ているのかを認識することができません。それは音がどこから来ているかを知ることができます高周波数です。

これは、モニターでミキシングを行う際に、いくつかの大きな問題を引き起こす可能性があります。片方のスピーカーだけから出ている低音域があるかもしれませんが、それがどこから来ているのかはわかりません。ヘッドフォンを装着すると、問題があることはすぐに明らかになります。あなたの頭が本能的に回転しているのを感じることができます。

そこでMongooseの出番です。幅の広い低音域を、あるべき場所の真ん中に配置してくれます。その結果、ヘッドフォンや2.1システムでのローエンドの響きが良くなり、全体的に引き締まった、より自然なサウンドになります。

このプラグインは、実際に使用するよりも簡単に使用することができませんでした。クロスオーバー周波数を設定するだけで、それ以下はすべてモノラルにまとめられます。また、幅のノブを調整することで、ステレオイメージの幅を微調整することもできます。このようなプラグインは、すべてのマスターバスに自動的に搭載されるべきものです。

コメント