【$32 5/16まで】KV331のサウンドデザイナーによる2000ものプリセットを搭載したSynthMaster 2がセール中(70%OFF)

セール
スポンサーリンク

サウンドデザイナーが手掛けた2000ものプリセットを搭載したSynthMaster 2がセールです。

SynthMaster 2はEDM系の曲を作る方でプリセットが大量にあると嬉しいという方にピッタリな音源です。

プリセットが2000も搭載されていますが、外れが少なく、プリセットブラウザが使い易いです。

ただパラメーターをしっかりエディットしたいという方はあまり向かないと思います。

シンセエンジンの種類や機能は本当に豊富ですが、バージョンアップを繰り返して機能が増えているので親切な設計では無いです。

もしかするとVer3で大幅に改善されるかもしれません。

もし2000のプリセットで物足りなくなれば、ジャンル特化型のプリセットがオフィシャルで1つ$15から販売されていますので簡単に拡張出来ます。(セールも時々してます)

あとオンラインで共有されているプリセットも無料でダウンロード出来る(380位)出来ます。

鳴らしてみました。

 

5月にPluginBoutiqueさんでお買い物をするとAntaresのボーカルダブラーDUO($69)が貰えます!!

概要

2つの新しいクオンタイズモードが追加され、合計4つになりました。 様々な品質オプションとビット深度のノブにより、微妙な劣化から完全なオーディオ破壊まで、素晴らしい範囲の劣化を提供します。 モード3とモード4は、オリジナルの2つのモードの修正版です。

特徴

クロスプラットフォーム 

SynthMaster 2は、WindowsとmacOSの両方でVSTおよびAAXインストゥルメントとして、またmacOSではAudio Unitインストゥルメントとして動作します。

2000種類のファクトリープリセット

SynthMaster 2には、世界トップクラスのサウンドデザイナーチームによる2000ものファクトリープリセットが搭載されています。Arksun, Aelyx Design, Aiyn Zahev, Bluffmunkey, BigTone, Frank ‘Xenox’ Neumann, Kevin Schroeder, Nori Ubukata, Rob Lee, Vandalism, Vorpal Sound, Gercek Dorman, Michael Kastrup, Umit Uy, Ufuk Kevser, Teoman Pasinlioglu & Brian ‘Xenos’ Lee.等、世界トップクラスのサウンドデザイナーによるプリセットが2000個付属しています。

 

オシレーター

ステレオオシレータとユニゾン/ボイススタッキング SynthMaster 2 のオシレータは、ステレオ出力を備えています。voices”, “voices mix”, “detune curve”, “detune spread”, “pan spread”, “tone spread”, “phase spread” パラメータを使用して、それぞれの基本/ウェーブテーブルオシレーターは、豊かな “スーパーソー “タイプの音を生成することが可能です。

ベーシックオシレーター

SynthMaster 2 の基本オシレータは、多くの異なるタイプの波形を合成することが可能です。サイン波、矩形波、三角波、のこぎり波、パルス波、ノイズ、単一サイクル波形、SFZファイルで定義されたマルチサンプルのWAV/AIFFなどです。各オシレーターには、以下のカテゴリーに分類された17種類のアルゴリズムが搭載されています。スペクトル(LP, HP, LS, HS, BP, BS)、ベンド(Bend+, Bend-, Bend+/-)、シンク(Rect Window, Half Cos Window, Cos Window, Tri Window, Saw Window)、パルス(Pulse1, Pulse2)と量子化(Quantize)。

  • サイン、スクエア、トライアングル、ノコギリ波、パルス、ノイズ。
  • シングルサイクル波形
  • SFZファイルで定義されたWAV/AIFFのマルチサンプリング。

 

ウェーブテーブルオシレーター

Wavetable” オシレータは、波形が最大 256 までの異なる波形形状をスキャン(補間)できることを除けば、基本的なオシレータに似ています。波形の位置は、「wave index」パラメータを使って調整することができます。バージョン2.9から、SynthMasterはwaveファイルからのwaveテーブルの読み込みをサポートするようになりました

  • 多くのウェーブテーブルを収録
  • ドラッグ&ドロップで独自のウェーブテーブルを読み込むことができます

加算型オシレータとベクトル型オシレータ

Additive” オシレータは、実際には 8 つの “Basic” オシレータが一緒に動作しています。それぞれの “基本 “オシレーターは、デチューン、トーン、フェイズ/パルス幅/アルゴリズムパラメータ、周波数、波形タイプ、アルゴリズムパラメータを持っています。

Vector” オシレーターは、4 つの “Basic” オシレーターを異なる比率でミックスしたものである。混合比率は、2次元の直交する2つのパラメータで決定される。Xインデックス」と「Yインデックス」である。

セミモジュラーアーキテクチャ

SynthMasterの各インスタンスには、2つのレイヤーと2つのグローバルエフェクトセンドバスがあります。モジュレータは、オシレータや他のモジュレータの周波数、位相、振幅、パルス幅をオーディオレートで変調することができますし、通常のオシレータとして使用することもできます。各レイヤーはそれぞれを持ちます。

  • アルペジエーター
  • 2 つのオシレータ
  • 4 つのモデュレータ
  • 2 フィルタ
  • 4つのADSRエンベロープ
  • 2つのマルチステージ・エンベロープ
  • 2つの2Dエンベロープ
  • 2つのLFO
  • 4つのキースケーラ

大規模なモデュレーション・アーキテクチャ

SynthMasterはADSRエンベロープ、2Dエンベロープ、マルチステージエンベロープ、LFO、キースケーラー、イージーパラメーター、ボコーダーバンド、MIDIベロシティ、アフタータッチ、ピッチベンド、MIDI CCなど数百以上のモジュレーションのターゲットと48のモジュレーションソースを備えています。64のスロットを持つモジュレーション・マトリックスにはビジュアル・フィルタリング機能があり、特定のソースに対するターゲットや、特定のターゲットに対するソースをフィルタリングしてユーザー・インターフェースに表示することが可能です。

  • ADSRエンベロープ
  • 2Dエンベロープ
  • マルチステージ・エンベロープ
  • LFO
  • キースケーラ
  • ボコーダー・バンド
  • MIDIベロシティ
  • アフタータッチ
  • ピッチベンドとMIDI CC

フィルター

Zero Delay Feedback Filters SynthMasterの4つの新しいフィルターカテゴリーはすべてゼロディレイフィードバックフィルターテクノロジーを使用して開発されています。入力ゲイン、ドライブ、アシッドなどの高度なフィルター・パラメーターにより、フィルターから「アナログ」サウンドを得ることができます!

  • VAnalog Filters – ‘VAnalog’ フィルターは、有名なラダーフィルターをモデルにしているので、フィルターのレゾナンスが最大になると、自己発振します。また、SynthMaster独自の連続可変スロープを備えています。3つの異なるCPU設定を持っています。「Basic”、”Normal”、”High “の3種類のCPU設定があります。基本設定は、ほとんどの場合、他のアルゴリズムと同様のサウンドで、少なくとも50%少ないCPUを消費します。
  • Multimode Filters – 新しい「マルチモード」フィルター・タイプにより、ローパス、バンドパス、ハイパスのフィルター・タイプを連続的に切り替えることが可能です。また、アナログマルチモードフィルターでは、フィルターのスロープを0 dB/octから24 dB/octまで連続的に変更することが可能です。
  • Dual Filters -新しい「デュアル」フィルター・タイプでは、2つのマルチモード・フィルターを同時に、並列または直列に動作させることができます。フィルター間のミックス比率やトポロジー(並列/直列)は、フィルターのモードやカットオフ周波数と同様に、連続的に変更することができます。
  • Comb Filters – Comb Filterは、フィジカル・モデリング・シンセシスで使用されるデジタル・フィルタです。

Effects

豊富なエフェクトセット SynthMasterは11種類のエフェクトを搭載しています。Distortion、LoFi、Ensemble、Phaser、6 Band EQ、Compressor、Vocoder、Delay、Chorus、Tremolo、Reverb。

  • 11種類のエフェクト – Distortion、LoFi、Ensemble、Phaser、6 Band EQ、Compressor、Vocoder、Delay、Chorus、Tremolo、Reverb。
  • フレキシブルなエフェクト・ルーティング – 11種類のエフェクトは、どのレイヤーインサートにも、2つのグローバルエフェクトバスインサートにもインサート可能です。
  • Before/Inside/After Filter Distortion – ディストーション・ステージをフィルターの前、後、または内部に挿入することができます。アナログ・フィルターでは、「インサイド」モードで4つのフィルター・ステージのそれぞれにディストーションが適用されます。

その他の特徴

  • パワフルなアルペジエーター – SynthMasterのアルペジエーターは、アップ、ダウン、アップダウン、ダウンアップ、アップダウン2、ダウンアップ2、アスプレイド、シーケンス、コード、アルペジエーターモードなど、クラシックなアルペジエーターモードを備えています。アルペジエーターの32ステップには、それぞれベロシティ、ノート・ナンバー、ノート・レングス、スライド、ホールドのパラメーターが用意されています。
  • イージー・パラメーター – SynthMasterは8つのイージーノブと2つのXYパッドを搭載し、自由にモデュレーション・ソースとして割り当てることができるので、シンセエンジンの複雑さを隠して、プリセットの最も重要なパラメーターだけをユーザーがコントロールすることができます。簡単なパラメーターはMIDIコントローラーにグローバルにリンクさせることができ、SynthMasterによって自動的にアサインされることも可能です。
  • マイクロチューニング – SynthMasterはScalaチューニングをサポートしているので、チューニングは各プリセットに対して、またはScalaチューニングファイルからロードしてグローバルに設定することができます。
    プリセット・ブラウザー – SynthMasterは楽器タイプ、プリセット属性、音楽スタイル、プリセット作者の検索条件を持つ包括的なプリセット・ブラウザーを備えています。
  • オンライン・プリセット – 登録ユーザーは、オンライン・プリセット・ライブラリーに自分のプリセットをアップロードしたり、他の登録ユーザーが作成したプリセットをブラウズしてダウンロードしたりすることができます。
    複数のスキン – SynthMasterには、異なるカラーバリエーションの3つの異なるスキンが付属しています。また、付属のユーザーインターフェースエディターを使用して、既存のスキンをカスタマイズできるだけでなく、独自のインターフェースを作成することも可能です。
  • MIDIパターンをアルペジエーター・シーケンスとしてインポート – モノフォニック、またはポリフォニック(コード)のMIDIパターンをプラグイン・ウィンドウのアルペジエーター・ビューにドラッグ&ドロップするだけで、SynthMasterのアルペジエーターにインポートすることが可能です。
  • WAV/AIFF マルチサンプルを SFZ 定義としてインポートする – WAV/AIFF 形式のマルチサンプルを SFZ 定義として SynthMaster にインポートするには、WAV/AIFF ファイルをプラグイン・ウィンドウのオシレーター波形ビューにドラッグ・アンド・ドロップするだけです。

システム要件

SynthMasterは以下のフォーマットで提供されます。

VSTインストゥルメント&エフェクト

  • Windows 7以上
  • OS X 10.9以上
  • 2.0 GHz Intel または Apple Silicon M1 プロセッサー
  • 2 GB RAM
  • VST 2.4プラグインをサポートするVSTホスト

AUインストゥルメント&エフェクト

  • Mac OS X 10.9以降
  • 2.0 GHz Intel または Apple Silicon M1 プロセッサ
  • 2 GB RAM
  • AUホストアプリケーション

AAXインストゥルメント

  • Windows 7以上
  • OS X 10.9およびそれ以降
  • 2.0GHz、Intel SSE3命令セットCPU
  • 2 GB RAM
  • ProTools 11 以上
スポンサーリンク
セール
Chillout with Beats

コメント

タイトルとURLをコピーしました